淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

下に赤いのを着るのやめてほしい
ウル子

ウル子の感想・評価

3.0
全編に渡ってひたすら不穏な空気が流れているから、観ている間中ずっと緊張してたわー。そういうところが、とてもミヒャエル・ハネケっぽかた。
私の頭では理解できない。
怖いし、後味悪いし。
モヤモヤするし。
自分はいつも
淵にたってる気持ちになってきた

すごく疲れた
浅野忠信こわいです。何がこわいってシャツのボタンを一番上までしっかりとめてるあたりにこわさを感じますよ。
けいと

けいとの感想・評価

2.9
まるで、潔癖の白、と言わんばかりの色の使い方だったけど、
白が象徴しているのは正しさや清さではなくて、
正しさや清さを強制する圧力や抑圧そのもののように感じた。
それは、八坂の"徹底的に約束を守るよう教えられて育った"過去にも通ずるし、同じようにタカシも、厳格な母に抑圧されて育っていて。
2人に通ずるのは、正しそうで、いい人そうで、一見信頼に値する人で、アキエさんもすぐにその存在を受け入れている、けど、素直な感情は全く見えない。
だけどそんな八坂の、感情が見えないが丁寧で配慮のあるコミュニケーションに、心が傾くくらい、アキエさんは旦那からの明確でわかりやすい愛情に飢えてたんだろうなとも思った。
全員が不気味に描かれているけど、全員がその辺に転がってるリアルのように感じた。人間の愚かさを見せつけられた感覚。
瑠花

瑠花の感想・評価

3.5

なんだか気持ちの悪い空気感
浅野忠信すぎょい
laver

laverの感想・評価

3.0
先が読めなくて見入ってしまった。
浅野忠信の存在感すごい。
ゆいが

ゆいがの感想・評価

3.7
後味悪い。
ズームインを上手に使って奇妙な感覚を視聴者に与える演出はさすが。
一人の人間によって家族の皮が剥がれていく。
ラストシーンの夫の行動は、家族愛、とは到底思えなくなってきた。
veeet

veeetの感想・評価

3.7
後味悪すぎる。重い。
みみ

みみの感想・評価

3.0
みた後味最悪だけど、それも映画の醍醐味とするなら、バッチリ狙い通りだと思う。

本音を語らず、ずるずるいることも氣持ちが悪くて、それぞれの人物の中途半端さが、不気味さが、見事に感じられる。
氣持ち悪い、最悪を感じたいなら、この映画お勧め。
>|