淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

下に赤いのを着るのやめてほしい

登場人物の細かな心情の変化を、観客に想像させるような構成が上手いなぁと思った。

浅野忠信演じる八坂のセリフがすべて印象的。独善的ってどういうことだ?とか、あるシーンで名前を叫ぶところとか、いちいち考えさせられる。
まばたきを忘れ、目がカラカラになってしまいました。
抑えたトーンの演技で淡々と描かれる停滞した日常に、突如異物が紛れ込んでからの不穏な展開には、まるで次々と喉に鉄の棒を押し込まれているようでした。こんなの呑み込んだら取り返しがつかなくなる。
聖人の様な佇まいで忍び寄り、心の急所を抑えてから暗黒に(真紅に)反転、辺り構わず破戒する八坂の、恐ろしく魅力的な捉え難さを過不足無く演じてみせる浅野忠信が本当に見事です。煉獄に誘う“岸辺の旅”。
役者は皆、本当に見事です。心の綻びも、諦めも、壊れた心も現実の様にしか見えません。身なりも、所作も。これを演じてしまって良いのか?と(いつも)迷うタイプの役柄が有りますが、この様な作品に於いては止む終えないのだと思わざるを得ません。
撮影自体は至って平均的で、これだから良いのか、もっと別が有るのか判断に苦しむところです。一部の長回しは『ああ、長回しだなぁ』などと思ってしまった。
物語が大きく転がるある瞬間と、最期、少しだけ動作に違和感を感じてしまいました。色々プランを試されたと思うのですが…。

実は最も卑劣な、傍観者であろうとした男が、家族の崩壊が始まった瞬間のポートレートから先に進もうと踠く、その確かな息遣いだけが響くエンディング。最期に遂に希望が輝く。素晴らしい。

それにしても、渓流と橋の描写が出てくる日本映画には必ず何かあると思えてしまいます…。
いづ

いづの感想・評価

3.5
カンヌとかで評価されてる映画ほど訴えかけてくるものが大きいから、結果しんどさも倍

この映画を素晴らしいと思えるのは、きっとまだまだ先
massa888

massa888の感想・評価

3.0
うーん、終始不気味な雰囲気だったが、パッとしないまま終わってしまった。
のぶ

のぶの感想・評価

4.5
前半はサスペンス後半はドラマという変わった映画館
まだ筒井真理子の色気付いているとき、疲れて老け込んだときの演じ分けが素晴らしかった
鑑賞後も消化できなくて感想が書けない
いろいろ考えさせられるが、まとまらない
yui

yuiの感想・評価

3.0
不穏な世界観。
浅野忠信さんが怖かった😶
時間の流れと共に人間の変化も見れて、そこがリアルで恐ろしかった。
ただ、わたしには少し理解しきれなかったなぁ〜
タナカ

タナカの感想・評価

4.2
良作すぎたな
浅野忠信すげえ
>|