淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

下に赤いのを着るのやめてほしい
下町で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむのであった。


なぜ男はあんなことをして消えたのか。
残酷すぎて不気味を超えるほどのむごさだったが、それもこれも過去の復讐なのかどうしてあんなことをしたのかはわからない。それを観客に考えさせるあの無言の8年間という時間にも恐怖を与える。
ラストのどんよりした空気からああなるのは予想できるが、それでも死だけは避けたいよねって。
shibuki

shibukiの感想・評価

3.5
うーん。重い〜
RD

RDの感想・評価

-
筒井さんの太り具合よ
nora

noraの感想・評価

5.0
なんだか君の悪い八坂が現れ、一家は静かに着実に崩壊していく。

結局、八坂はなぜあんなことをしたのか?


劇中で流れるオルガンの音色が不気味に怪しく流れて頭から離れない。
kamatsu

kamatsuの感想・評価

3.8
いわゆる恐怖映画やサスペンス映画の範疇には入らない作品。とはいえ、じわじわと迫り来る恐怖感の煽り方はハンパではなく、綿密なプロット、各キャストの確かな演技は素晴らしい。浅野忠信さん演じる、不気味な闖入者が醸し出す存在感もさることながら、匂い立つような色気とともに、強迫観念に駆られた女性の心理や行動を見事に体現し切った、筒井真理子さんの演技魂には脱帽。深田晃司監督の前々作『ほとりの朔子』で瑞々しさが光っていた太賀さんが、この作品でも重要な役を演じている。“事情をよく知らずに巻き込まれる、とても素直で真面目な青年“をやらせたら、彼の右に出る者はいない。それにしても、因果応報的で、あまりにも出口のない、やるせないストーリー。
20171118 #115
全編に漂う不穏な空気がたまらない
WOWOWで鑑賞
ka2yoshi

ka2yoshiの感想・評価

3.5
記録
2017/11/18
>|