淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

下に赤いのを着るのやめてほしい
登場人物の服や車や小物の色で表してるっぽい心の闇、便利すぎ、、

いちいち思わせぶりな演出。役者のおかげでどうにか観られるようになってたと思う。

ところどころ意表を突かれる場面はあったけど…最終的にズコーッてなる作品です。
好みの映像とストーリー。
ただ、何も明らかにならなかった。
服の色は何を暗示していたのか。
思わせぶり。

団鬼六的な昼下がりの情事未遂の場面はよかった。

ストーリーが語らない部分が多すぎて、子どもを、障害を、都合よく使いやがったなと感じた。
製作者の怠慢(?)が不快。
TMDiary

TMDiaryの感想・評価

4.5
①役者
浅野忠信。異常な存在感。筒井真理子、太賀もなかなか狂気的でよい。いちばんまともに見えるのが古舘寛治だが、これが人として最も気持ち悪い。
②演出
浅野忠信の使い方がうますぎた。全ては八坂(浅野)が現れてから壊れ出すのだが、その八坂を強烈に脳裏に残す演出は気持ち悪いを超えて美しい。真実は何なのかははっきりとは描かず、出てくる者の心の闇をじわじわ描く。ある意味ホラーより怖く、常にドキドキしていた。
③総合
出てくる者はそれぞれ罪を犯していたが、その分罰を受けようと考えていた。だが利雄(古舘)だけは自分が犯した罪を、娘が罰を受けたと安堵し、妻は共犯だと言ってしまう人間の腐った卑怯もの。そんな彼は最後も娘を先に助けようとはせず、共犯の妻、八坂と繋がる孝司(太賀)、娘の順になってしまうように、ギリギリの選択をする場面、淵に立つときでさえ、自分の損得が優先されてしまう人間なのだ。その後どれだけ娘を蘇生してももう遅い。しかし、きっと人間は、自分も、そんなに利雄と変わらないだろう。利雄だけでなく、この映画は人間の人間らしい部分を様々な登場人物を通して映している。
あかり

あかりの感想・評価

4.0
内側から浸食されていく

贖罪のため家族を八坂に捧げたトシオ
安易に八坂の「罪を赦そう」としたアキエ

その浅はかさから障害を負うホタルはただの歪みの犠牲なのか

八坂は一家の望む役割を演じて
その輪を完成させた

あとに残るのはむき出しのなにか
きゃん

きゃんの感想・評価

3.7
どこにでもいそうな中年夫婦と幼い娘の3人家族が、謎の男との同居をきっかけに歯車が狂い始め崩壊していく様子を描いた作品。ひたすら異常な緊張感と不安感に包まれている。

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家。ある日夫が家族に相談もなく、前科者の旧友の八坂を雇い入れ自宅に住まわせる。戸惑いながらも、奇妙な共同生活を始める一家だったが…

浅野忠信さんがめちゃくちゃ怖かった。ミステリアスで何かしでかしそう感を漂わせていた。穏やかすぎる話し方が逆に怖すぎた。白い作業着をぐと赤いTシャツが現れるシーンの戦慄が走った。白と赤の使い方が絶妙。

鈴岡家の家族にも異様さがあった。冒頭の食卓を囲む食事シーンではとても仲睦まじい家族には見えなかった。娘が話す中、母親は反応するが父親は無言でもくもくと食べ続ける。母娘の会話も食事中にする話じゃなかったけど。父親の無能さが所々に出ていた。モヤモヤした終わり方で後味が悪かった。
gacchan

gacchanの感想・評価

3.9

夫婦の間にも1つや2つ隠し事があっても良いと思ってたけど、隠したいことなんて無い方が良い!!
その隠し事がバレるだけで家族なんて一瞬で壊れる。
そう思った。

浅野忠信がずっと白のワイシャツなのが終始不気味だったけど、ほんとにやらかすとは…。見事な演出。

大切な人に隠している後ろめたい事がある人が、この映画を観ると心をえぐられると思う。意外にメッセージ性が強い映画。
okome

okomeの感想・評価

4.0
白と赤の使い方。不気味。
浅野忠信の不気味さ。気持ち悪くなる。
あれから見かけるたびに笑みが怖い。

どの役者さんも凄かった。
「8年後」のテロップなしに伝わる、筒井真理子さんの視覚的変化。前半はとても可愛らしかった。

深田監督の撮る太賀くんが1番すき。
>|