淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.4
息子が出て来たぐらいから面白くなってきた。
色々謎が残る。
嘘は良くないでって
のふふ

のふふの感想・評価

3.0
えっ?って感じ
Toku

Tokuの感想・評価

4.0
気になった音楽
Luilady/HARUHI
フランスとの合作なの??

なんかわからんけど、目が離せずに一気に見た。

ラストはよくわからないけど、すごかった。
ある視点をもらった映画って、すごいね。
みんな決して口数は多くないのに
カメラの視点、間、話すテンポの変化などで、感情のざわつきが手に取るように伝わってきて、ゾクゾクゾクっとしました。
後半は血の惨劇が始まるのでは。。。とヒリつきっぱなしでした。

あー、どんどん淵に追いやられる感じ。
精神的な体力がある時じゃないと観るのはキツいです。

自分のお尻は自分で拭かないと、ですね。
後味は悪いけど映画としてはかなり繊細で良い。
ギリギリの部分で生きている人の生活を覗き見ているから息が詰まりそうになる。
ぽん

ぽんの感想・評価

5.0
こんなにいい作品だったのかー!!早く観ていればよかった!

お父さんはのけもので、お母さんと娘が話してる、よくみる日常。そこに、たった一人加わるだけで、こんなにも空気が変わるものなのかと。一人の立てる音が、他の一人に影響を与え、そして全体の空気をも変えていく。筒井真理子さんの表現が凄くリアルだった。異物から子供を守ろうとする目的と、相手に警戒を悟られないように、不快感を与えないように、という社会性とがぶつかっている感じが面白かった。

太賀くんの演技も、やっぱり面白い。自分の上げたピアスを潜在で洗われた時の表情は忘れられない。純朴さも、いいよなぁ。

作品の中に、静かにヒリヒリしたものが常に流れていて、いつ感情爆発のスイッチを押してしまうのだろうと、緊張感の絶えない作品だった。
*人は、罪を犯したら罰を受けなくてはならない。これを潜在的に知っているのかもしれない。
*音楽もとても印象的で、特にあのピアノのメロディーがすごく効果的。  やさかをさがしにいったとき、同じメロディーを奏でる家の方に向かっていって、そこで、ほたるの演奏したことのなかった続きのメロディーが奏でられたとき、怖さを感じた。ほたるや家族の人生は、とまったままなのにって。
hagy

hagyの感想・評価

3.0
怒りや、罪の意識を映し出した人間ドラマ
年月をかけた展開も魅力
👏👏
しんじ

しんじの感想・評価

3.8
くらい話しだが、リアルで良かった。✋️
>|