淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.4
息子が出て来たぐらいから面白くなってきた。
色々謎が残る。
遠藤

遠藤の感想・評価

-
かなり面白くて映画自体の性格も良い
内容はえぐい
でもこれくらいやらなければと思う
人の演出が良い
DK

DKの感想・評価

4.1
これぞ日本映画

古舘寛治の演技力がエグい

ハイパーリアリティ
fonske0114

fonske0114の感想・評価

4.0
ある過去を背負った昔の友人と彼を迎える家族との間を描いたホラー。
とにかく暗い。淡々としていて、狂気な空気が終始漂う映画。
クリーピー、葛城事件などがOKな人にはお勧め。

印象に残るシーンやセリフが多く、観賞後は消化不良もあったが解説サイトを見て納得し恐怖も倍増した。綿密さを感じてはいたが、予想以上に作り込まれていた。

筒井真理子の演技が素晴らしく、後半になるにつれ明かされる真実にシリアスになりつつも...最後は物足りない展開(実はそれも意味があったらしい。)
殺人者が身近にいたら、憎い人物が身近にいたら...など考えさせるところが多い。

浅野忠信がフリになるという今どきでは珍しい映画。
jy

jyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

壮絶やな。
物語の展開に対して純粋にツッコミを入れたくなる箇所が2,3あるも説得力のある演技のおかけでなんとかまかなえている。

最後に古舘さんが目にした光景をどう解釈するか。それは、なぜあそこで終わるのか、と併せて考えれば見えてくるかもしれない。

引き絵でビンタとか青姦とかコミカルな要素もある作品。
一箇所露骨にガンマイク映り込んでた。
こだか

こだかの感想・評価

3.1
浅野忠信がひたすらに怖い
役者さんの演技は文句なし
後半、事件から8年後。鈴岡夫妻の風貌の変化が見事。メイク、演出、演技、すべての賜物だと思う。映像では撮されていない空白の8年が、そのリアリティーある風貌から十分に語られている。観客に解釈が委ねられるこの作品。それを成立させているキャスティングと役者の演技が素晴らしい。
罪の赤と潔白の白。
わからん演出多いです。
Rachel

Rachelの感想・評価

2.5
明確な答えは表現させず、観る側が個人の見解を元にそれぞれの答えを出す感じの部類の作品。
そのため、基本的ストーリーの内容的にもモヤモヤ感を強く感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

今までまったくノーマークの作品で、たまたま目に入って小さな興味を覚えたので鑑賞してみました。
何もわからない分、期待値がそもそもなかったので良い意味で頭を空っぽにして鑑賞できたのが良かったかもしれません。
この人は今どんな感情なんだろうか、なぜこの行動なのかを自然に想像しながら物語を追うことができました。
>|