淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

3.8
浅野忠信への恐怖心が最後まで抜けなかった。すごい。

後半に出てくる息子にもビクついてしまう始末。
痛々しい、すごい。
『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』と似ていた。
それぞれが抱えた罪、それは一瞬の迷いから生まれる。
そしてそれの影響を受ける子供たち。
『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』も
「宿命」というサブタイトルが付いていた。
そんなかっこいいものではなく、自分が犯した罪は永遠に残っていくことだと思う。
軽いものでも、みんなずっと心の中にある罪はある気がする、僕はある。
人生怖くなる映画です。
一見平和に見える家族が、一人の侵入者によってそれぞれの隠された本性が暴かれ、崩壊していくという、まるでパゾリーニの「テオレマ」を思わせる構成。
浅野忠信が態度を豹変させる瞬間がゾクリとする。
iraco

iracoの感想・評価

4.0
自分の家族に起こっているようなリアルな手触り。
gyoza

gyozaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

浅野忠信の名演。
ひどく脆くしかし確実なつながりがある家族はどうしてそこまでしっかりと成立していられるのかこの映画を観た後で分からなくなってしまった。
作中で赤い服を着る八坂は間違いなく狂気なんだけど戻れない寂しさも少なからず含まれていて「淵にいること」の強調になっていてよかった。
これがフランスで公開されたこと、素晴らしいと思う。
Seba

Sebaの感想・評価

-
ポケットの中の握り拳、を彷彿させる家族の絶望感と谷底、落下。

カット割りのタイミング、断絶の様相が巧い。
矢坂と章江の正対カットバックで心が打ち解けあって、彼の息子との会話でまたそれが繰り返されようとしていたところはギョッとした。

ヨーロピアンビスタってやはり格式高い構図を作るには最適な気がしてならぬ好きだ

素晴らしかった
どの浅野忠信も不気味すぎる
さゆ

さゆの感想・評価

3.7
浅野忠信さんが最初から不気味で恐ろしかった。

どこにでもありそうなごく普通の家族。
それがまるで音を立てるように崩れていく。

どんなホラーよりも恐い。
ずっと影から見られているような、、。
ずっと崖の淵に立っているような、、。
1人の男によって
家族は大変な事に・・・😱

で?
最後は見つからないまま⁉️

🗣なんか、後味悪ぃ〜映画だった〜
>|