淵に立つの作品情報・感想・評価・動画配信

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

SayaOmura

SayaOmuraの感想・評価

3.2
ひたすらつらいよ。
赤の使い方が印象的。
筒井真理子の豹変ぶりすごい。
アマゾンプライム
ynym00

ynym00の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます



壊れた人たち

太賀くんのさりげない見応え

オルガンの音

いわゆるビッグ5とか米独立系的なのもいいけど、日本の中で見出せることを膨らませていくにはどうすればいいのか
はちどりやパラサイトのような儒教文化ベースのものは少なくとも最近の洋画にはない印象がある

後半は"日本の映画"の捉え方もひとそれぞれだなと思いながら眺めるような見方になってしまった

cf.ブロックブッキング
ゆーみ

ゆーみの感想・評価

3.4
不気味な感じといいますか、不穏な空気が終始漂っている映画
どうなるの?!と緊張感と考察を楽しめる◎

さすがの浅野忠信、かしこまった敬語のいい人ぶりからの豹変が怖すぎた🤯

ラストシーンは河原での写真と構図が同じなのはやはりあえてでしょうか?🤔

もう一捻りあってもよかったかなーという気もするけど、
過去とかほたるちゃんの一件とかあえて明らかにしないスタイルもありなのかな

雰囲気重視で楽しめる人にはおすすめ
スッキリハッキリの結末を求める人にはやや不向き
Deadeyez

Deadeyezの感想・評価

4.0
浅野忠信の怪演が見所。
終始暗い雰囲気の中エロスと狂気が入り混じる胸糞映画。
だが、それが良い!
せいけ

せいけの感想・評価

5.0
どこから褒めたらいいのかわからない
オールタイムベスト級の大傑作
これほどの傑作を映画館で観ていないの後悔しかないけど、これを映画館で観ていたらもう立ち上がれないような衝撃受けていたと思う
嫌な空気感を演出したら深田監督の右に出る人はそうそういないのではないか
同じ空間にいるのに全く心が通じ合っていないような空気感を醸し出すのが本当にうまい
説明的なセリフでなく、衣装、生活音、画面の奥行き、役者の表情で居心地の悪さを演出している
なんと言っても浅野忠信の存在感が凄まじい
作業着かスーツという服装からも心の底が全く見えてこない
前科者という過去がありながらも善人か悪人か定かではないバランスが最高に気持ち悪い
作業着の下に赤いTシャツを着ているという演出もありそうでない感じで面白い表現
後半ほぼ実態として現れないのに映画全体を完全に支配している
どんどんおかしくなっていく筒井真理子もさすがの演技
真相に触れてしまったときの演技には震えた
古舘寛治のよそよそしい演技もまた映画全体に奥行きを与えている
家族が崩壊していく話は大好物だけど何もここまでしなくても
決定的な一戦を越えてしまう前のあのシーンと対になるラストも憎い
全てが明確になっているわけではない分余計にズシンときて忘れらない映画になりそう
もっとこの映画を知りたいけど何回も観る自信はないくらいにエネルギーを使う作品
本当に素晴らしい
ちぼ

ちぼの感想・評価

3.2
無音で何度か寝ました
不気味悪さすごい感じたわ〜

さいごのシーンがあの写真と被ってて、なんかオーってなった
sncco

snccoの感想・評価

4.5
ゾッとする瞬間が多い映画だった
白が赤に変わる瞬間
見たとある構図
色、構図、順番、あのセリフ・・

俳優陣の演技もみんな素晴らしかった。
絶望的な話、テーマで気は重いけど、作り方としては素晴らしい
写真撮る時の仕方ないか感の直後のチッ、って目とか。一切敬語が無くなってるとか、お母さんの演技がすごい。
何故ポリスが動かない(切り上げた?)のか、って点だけ気になってしまう。
>|