土竜の唄 香港狂騒曲の作品情報・感想・評価

土竜の唄 香港狂騒曲2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:

3.3

あらすじ

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契…

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契りを交わしてしまった玲二は極道の世界にさらに深く潜っていくハメに! それから・・・ 警視庁組織犯罪対策部のエースとして正義感溢れるエリート警官・兜真矢が就任。 警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。 その頃、玲二に轟周宝からビッグミッションが!それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすこと。 そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディガードになることだった! まさかの任務を与えられた玲二に警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる! そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。 原作でも絶大な人気を誇る、超シゲキ的な「チャイニーズマフィア篇」、遂に爆誕!!

「土竜の唄 香港狂騒曲」に投稿された感想・評価

たつ

たつの感想・評価

3.2
前作よりは面白いものの…
物足りなさは否めない。
久々に笑った。前のもそうだったけど、本当、役者も制作もこんなに活き活きしてるのは珍しい気がする。菊川の説教臭さも許せるくらい。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
ばっち来ーい。ヘビ使いのヘビが如くむくむくっと。
gorilla

gorillaの感想・評価

2.9
映画館で観るとおもしろいけど家で観ると微妙
前作の方が面白かった気がする。

ドタバタコメディ。
TU

TUの感想・評価

3.0
記録。
ERE

EREの感想・評価

-
こちらは映画館で、お父さんと観たなあ〜笑
ちょっと痛々しさありつつも、やっぱり最高ね。

#記録
>|