ガール・オン・ザ・トレインのネタバレレビュー・内容・結末

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

見た目だけではわからないような
衝撃的な秘密を隠してるところが怖かった

なかなか面白く作ってあるな~
なるほどそういうことだったのか!エミリーブラントの演技がすごくて途中まで「ほんとなんなのこの女」と思って見てた。
ひどい男だなあああーー!

面白かった。サスペンスってかんじ。
みんな言ってるけど、最初はアナとメガンの区別つかないし、時系列バラバラで難しかったけど、後半すごく楽しめた。

主人公が犯人と見せかけて、違う人だなって思ってアナを疑ってたよ。ごめん。
最後のトドメを刺して、ちゃんと証言してレイチェル救った強い女だった!

もう男がクソすぎてほんと腹立った。
しかし最後の殺害シーン2連発は刺激が強すぎてびっくり。
トムがきもい、以上
元妻、その夫を寝とった現妻、その夫と浮気中の子守り。三者三様の女達だけど…。
こんなクズのためにみんな犠牲に😩
浮気って治らんのよね~😔寂しがりでガキな男よ‼️😠
もっと苦しませてもよかったのに👊👊👊

現妻、キレイな人だな~とか思って観てたけど、まさか『グレイテスト・ショーマン』の美女だったとは😲
髪の色が違うと雰囲気全然違う~!赤髪の方が美しさ際立ってたな~。
彼女が歌った「ネバ~ ネバ~」って歌も良曲🎶
あと、子守りも見たことあるな~と思ってたら、『ハードコア』のセクシー妻じゃん‼️
美人じゃないけど色気のある女優さん~🙆

そしてそして、いきなり大好きだった『フレンズ』のフィービー登場😆ここいちばんテンション上がった(笑)でも老けたな~😅時の流れ~( ̄▽ ̄;)

あ、作品の方は思ってたより面白かった❗後半引き込まれる👍
敵の敵は味方、って展開好きなんだよなぁ〜
昨日の敵は今日の友でもあるし、同じものを背負おうと覚悟を決めた二人が潔くて良かった。
お酒と浮気怖い、という話。
「泥酔による記憶の欠落」という、お酒好きにとっては親近感のある(?)事象を、作中でうまくギミックとして活かしているなと思いました。なので、お酒を飲み過ぎて人に迷惑をかけたことがあるかどうかで物語への入り込み方が違うかもしれません。。。
主人公のアル中っぷりや精神の不安定さの描写が不気味。他の登場人物もだいたい何かしらの問題を抱えおり、特にトムの屑っぷりはなかなかのもので、それ故、終盤にトムが赤ん坊を抱っこしたシーンの緊張感はかなりのものでした。
ミステリ映画としては面白い方じゃないかと思いますが、ラストの臭いセリフというか鑑賞者へ対してのメッセージだけは蛇足かなぁと思います。
離婚し、職も失ったヒロインの唯一の楽しみは毎日乗る電車の窓から見える屋敷に住む夫婦を観察することだった。彼らに自分の理想の夫婦像を重ね空想にふけっていた。ある日、その理想の夫婦の妻の方の不倫現場を目撃し、気になったヒロインは妻を尾行するが、泥酔していたため途中で記憶が途切れてしまう。翌朝、理想の妻は死体で発見され、ヒロインに疑いの目が向けられて…という話。

緻密な構成の骨太ミステリー。ヒロインがアルコール依存症で度々記憶を失う設定を活かし、観客を上手くミスリードして、謎に満ちたストーリーを構築している。加えて、女性の結婚、離婚、仕事、出産等に関わる葛藤や悩みを生々しく描いた社会派ドラマでもある。全体的に退廃的な空気が流れていた。映画としての出来はすごぶる良い。
ただ、僕好みの作品だったかというと、そうでもなく(^^)。メインの女性の登場人物はヒロインの他に「理想の夫婦」の妻とヒロインの元旦那の再婚相手がいるのだが、僕が寝不足で鑑賞したせいか、見た目や境遇が似ているせいかこの2人を判別できず、彼女らの立ち位置がなかなか理解できなかった。これは僕の集中力の問題かと。あと、面白い設定ではあるものの、事件の謎と解決方法自体は意外性無いので、驚きは少なかった。この設定は原作小説で読む方が楽しめるかもしれない。
女性が割と可哀想な立場で、男性陣がクズ揃いなので、男が見ると胸が痛い作品かも…
モラハラ浮気男に振り回される女たち。
なかでもレイチェルの哀れさがすごい。
目を背けたくなるほどの演技力。
ゴーン・ガールが似てる感じだなあと思った、1人の人が狂ってて、周りの人を巻き込んで落とす感じ。
話は途中から読めた。
>|