ガール・オン・ザ・トレインのネタバレレビュー・内容・結末

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

幸せな話じゃないけど凄い見応え。女性の私には色々勉強になりました(笑)私はただのひとりじゃ嫌だな。。(笑)
マーサと電車内で再会して物語が一気に反転した瞬間、一気に目が離せなくなった。
リピーテッド的な話かな。
あるきっかけから記憶を少し思い出して、そこから全てのピースが正しくはまって真実が暴かれていくゾクゾク感がすごく好きです。
正直、始め見た時は主人公のレイチェルは病んでるのかな🤔と考えてしまいました😅何故なら愛する夫を愛人にとられアルコール中毒になってしまって、自分も主人公が殺したんだな❗️とこれ全部言ってる事が本当に嘘なんじゃないか‼️と思うぐらい、でも、犯人は別にいたんです😅最後はレイチェルが可哀想でたまらなくなるぐらい引き込まれた😆
エミリーブランドの演技力にはびっくりさせられます😁
レベッカハーガソンとヘイリーベネットが美しすぎてこの人達とやれるトムの魅力がわからなかった

ワインの栓抜きで首突き抜かれた時の痛さを想像したらたまったもんじゃない
レイチェルが終始怖かった〜〜。すごい心臓がバクバク鳴ってる。レイチェルが犯人でしかないと思ってたからな、なるほど〜〜ってなった。
トムが死んで嬉しかった。ぐりぐりやられてたのスッキリしたわ。DVマジで怖いね。
あとヘイリー・ベネットの裸体がすごく綺麗だったなぁ。表情も妖艶。良い。
最初全然話についていけなくてずっと女性3人の関係がこんがらがって理解してた…
途中からは一気に引き込まれるけどそれまでで何度か寝落ちした作品

アメリカだと特にアル中問題多いって聞くけど、その中で現実と幻をごっちゃにさせてたオチは私が考えてる以上にショッキングなんじゃないかなあ…恐ろしい

自分に記憶がなくて、いつも悪いことばかり刷り込まれてたせいで自信もなくて、不安要素しかなくて信じられなくて行動したらみんなから責められて…犯人だと思ってたからそんなに感情移入してなかった段階でのことだったけど終わってから振り返ると状況きつすぎる
アナの最後の行動でちょっとは救われた、のかなあ
「女は嘘ばかり」なんてよく言えたなあの二人ほんと

やっすいどんでん返しばかり見てたから余計そう感じたのかもしれないけど
久しぶりに良いミスリーディングを見た
意外とエロい(笑)

エミリー・ブラントがダメな女?
いや、ある意味痛い女を演じていて、美人なのに勿体無いなぁー。と思わせといてのどんでん返し‼︎

ミッション・インポッシブル ローグ・ネイションでも素敵だったレベッカ・ファガーソンが一応の敵役。ていうか、ストーカーされる被害者。
でも、1番エロいのはベビー・シッター役のヘイリー・ベネット。

女癖の悪いバカ男に翻弄される女の、いや、女達の復讐劇。
全体的にどんより。アル中の主人公がどんだけ飲むのって感じで飲んでいたから、本当に会社に出勤してるのかしら?と思ったら案の定でした。彼女の常軌を逸した行動に映画の四分の三は、共感できないなと思っていたけれど、結局彼女は、元夫から自分には価値がないと烙印を押されていて、自分でそう思い込んでしまっている哀れな被害者なんだと思ったら、共感を覚えました。それよりも、レイチェルが理想だと思い込んでいたメガンの方がふたを開けたらもっとひどくて、過去の悲しい出来事から性欲?に走ってしまう所は理解できなかった。どちらも男性に対して、「あなたのことなんてどうでもいいの!」と言うセリフがあって本当にこんな事を言ってしまえる人がいるんだろうか?言ってしまったら人間関係終わってしまうんじゃないかと思い疑問に残りました。作者が過去に女性に言われたのかも。
最初はレイチェルが一番みじめだと思うけれど、あの夫から殺されず、DNAも残さずにいれたのは一番幸福なのではないかと思いました。
最後のセリフは要らなかったと思う。最後をキュッとまとめるのに無理やり付け足した感じがする。
時間軸がズレてるからどんどん話がつながっていって面白かった。

最初はアル中怖いな〜女の嫉妬すごいな〜って感じだったけど、最後はまったく印象が変わった。エミリーブラント不幸な役演じるのうますぎ。

とりあえずトムやばい。不倫はダメ。
【ストーリー】
電車から外を見つめるレイチェル。
見つめる先は昔住んでいた家。
レイチェルは自分の酒癖が原因で離婚していた。
そして、夫のトムは会社の同僚アナと浮気をし、再婚していた。
その家を電車から眺め、トムとの生活を羨ましく思っていた。そして、レイチェルは無言電話を繰り返す・・・
アナは赤ん坊の子守役を2軒隣に住んでいるメガンに頼んでいた。
ある日、レイチェルはいつもの通り、窓から家を眺めているとメガンが他の男とベランダでキスをしていた。その姿を見て、レイチェルは腹が立ち、酔っていた為もあり、メガンに真相を聞く為、会いに行ってしまう。
メガンに会った時、酔っていたせいもあり、途中で記憶が無くなり、気付けば衣類、顔に血が付いた状態で部屋の中で目が覚める。
その日以降、電車から眺めてもメガンを見かけることはなくなる・・・
メガンは何者かに殺された状態で発見される。
レイチェルは自分が殺したと疑われる。記憶の空白を思い出し真実を探す為、調査を行う。
その記憶を思い出す合間で、レイチェルはトムと離婚したのは自分の酒癖が原因だと思っていたが、本当はトムがバイオレンスで女癖が悪いことが原因だった。レイチェルはトムに自分の酒癖が悪いせいでこうなったと洗脳されてしまっていた。
また、メガンはレイチェルの元夫トムと浮気をしており妊娠をしていた。その事実をトムに告げた為、殺されてしまう。
レイチェルはメガンに会いに行った日、トムがメガンと会っていることを思い出し、問いただしに向かう。そこでアナの目の前でメガンとの浮気をバラされ、逆上したトムはレイチェルを殺そうとするが、レイチェルはコルク抜きをトムの首に刺し、殺害。トムの真実を知ったアナもされに加担し、コルク抜きを更に突き刺してトドメを指す。
アナが証人となり、レイチェルは正当防衛が認められ、釈放。メガンの墓に花を添えるシーンで幕を閉じる。

【感想】
最初、レイチェルが殺したと思い、見ていいたが、途中でトムではないかと思っていた。
あそこまで、トムの性格が歪んでいたのは驚き、特にレイチェルに対して虐待していたのは驚きだった。最後、アナが共犯になるという、決意の目を宿しとても良かった!
>|