ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.6

いつも理性的にセーブしてしまうためか、あるいはまだ22歳のためなのかもしれないけど、未だに酒に飲まれたことがなかったけど、アル中という未知の感覚の恐ろしさをエミリー・ブラントの演技で十分に感じた。

登場人物がクズのオンパレード。なんの擁護もできないし、別にラストもスッキリとかはなかった。
ゴーン・ガールの方がサイコパス感というか人間らしさがなくて好きだった。

浮気、ダメ絶対。
物語は淡々と進み後半で加速してくる感じで、3人の女性の複雑な感情や不安をバラバラに描きながら最後に繋がってきました。

アルコール依存症のレイチェルが怪しいと思いながら実は…。という感じ!
nait

naitの感想・評価

3.6
公開時、先読めない系の売り方してましたね。確かにその要素はあったんだけど、読めるよね(笑)

どのキャラクターにも観客の感情移入を拒む作りは意図的なんでしょうが、珍しい。どいつもこいつもダメなやつ。
このせいで話の推進力はあるが、興味は薄れる。どいつもこいつも例え不幸があったにせよ、一人くらいは入り込めるキャラクターがいたほうが観やすかったでしょう。

役者みんなよいけど、ルーク・エヴァンスとジャスティン・セローは逆キャストの方が良かったかな。

女優陣はみんな素晴らしいと思います。ヘイリー・ベネットは『マグニフィセント・セブン』と違いながらも光る熱演でした。

たださ、一つ突っ込み入れてしまうと
どこらへんが「ガール」なん???
nIa

nIaの感想・評価

4.0
ヘイリーベネットを知ることになった記念すべき一作。極上のエロさだ
rodem

rodemの感想・評価

3.5
衝撃の結末ってほどじゃない
ストーリーはわりと普通な感じだったけど
視点が少し面白かった
汽車は通りすぎる時間の象徴なのかな
atsokt

atsoktの感想・評価

3.0
今日はこれ。

凄く面白くなりそうな話なのに、終盤が随分と緩くなちゃって。
前半はそつなく進めていたのに、要のところで、サスペンスの説明のためのプロットになってしまっているので、ストンと収まらない感じ。

これ、ジャック・オディアールが監督してたら、もっと深みが出て面白かったかも。
人の顔憶えるの苦手だとメッチャわかりづらい〜!けどギリわかる〜!(演出が上手いのでは) ハングオーバー・シチュエーションを巧みに取り入れたミステリーと、キツい人生を納得させる演者陣の熱演で釘付け。
hide

hideの感想・評価

3.2
電車から見える人生の風景 女性の圧迫された生活からの解放の物語 依存症の話でもあるね。
>|