ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:105分
    監督
    テイト・テイラー
    脚本
    エリン・クレシダ・ウィルソン
    キャスト
    エミリー・ブラント
    レベッカ・ファーガソン
    ヘイリー・ベネット
    ジャスティン・セロー
    ルーク・エヴァンス
    ローラ・プリポン
    エドガー・ラミレス
    アリソン・ジャネイ
    リサ・クドロー
    ダーレン・ゴールドスタイン
    あらすじ
    愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

    「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・レビュー

    ポップ
    ポップの感想・レビュー
    6時間
    3.5
    記録
    まどぶー
    まどぶーの感想・レビュー
    9時間
    4.0
    毎日電車の窓から見えるお気に入りの家。
    幸せそうに愛し合う夫婦。
    レイチェルはその住人に異常に執着しはじめ
    車窓から住人の女性の浮気らしき
    現場を目撃してしまう。

    アルコール中毒のレイチェルは
    その後の記憶が無く、翌朝血だらけで
    ベットで目を覚ます。
    そして住人の女性は失踪していた。

    これが如何にも小説っぽい序章で
    物語に完全に引き込まれた。

    レイチェルはあの家を
    幸せの象徴としていた。
    その住人であるメガン。
    二軒隣の家はレイチェルが
    かつて元夫と暮らしていた。
    しかし当時浮気相手だったアナが
    元旦那と子供と幸せそうに暮らしている。

    この3人の女性の
    複雑な関係性に隠された
    それぞれの秘密、抱えている問題が
    一つの結末に向かって入り混じり
    いくつかの真実に気づく。

    それぞれの視点でストーリー展開され
    パズルが一つ一つ埋まっていく感覚。
    女性特有の問題や気持ちの変化を
    うまく演出されててかなり面白かった。

    ここまでで分かる通り
    サスペンスミステリー好きには大好物の
    浮気、不倫、嫉妬、好奇心が詰まってる。
    ゴーン・ガールと比較されると思うけど
    私はこっちの方が好みだな。
    エイジ
    エイジの感想・レビュー
    17時間
    3.3
    終わってみればなんて事はない話やった(^^;

    エミリーブラントは頑張っていた。
    なかしゅん
    なかしゅんの感想・レビュー
    20時間
    3.8
    エロッティクなサスペンス。

    前半がやや退屈だったものの、断片的な繋がりが後半に収束していったのが良かった。

    主人公のレイチェルのキャラクター設定が上手い。信じたいけど、信じられない絶妙な塩梅。それが物語を引っ張っている。
    まさ
    まさの感想・レビュー
    1日
    4.0
    久々のサスペンスだった。ドキドキしたよ
    みそ
    みその感想・レビュー
    1日
    3.3
    完璧なストーリーなんだけど、レイチェルの空想癖的な要素をもっと捻ってあると尚良かった
    >|