ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

ゆいか

ゆいかの感想・評価

3.3
ミステリー、サイコの分類が好きな人向け。主演のエミリー・ブラントのアル中女の演技がすごい。本当に怖かった。引き込まれる展開で目が離せなかったけど、カップルで観るのはオススメできないかも。
思ってた感じの面白さ!

初っ端から登場人物も多いし、4ヶ月前とか整理する前に時系列戻るので確かに分かりにくくはあったが、ちゃんと見ればそう難しい事なく相関図や誰が誰と言うのが分かる。基本視点が変わっても早い段階で名前が呼ばれるのでそんなに混乱はしない。

見ている側の考え方や感じるモノを惑わせる脚本の構成が好き。アル中のレイチェルを惨めに悲惨に描いてると思いきや、結構被害者な面もある。自業自得な面も同じくらいあるけど笑
アナやメガンもそれぞれに色々と抱えており、個人的にメガンの背負ってるモノが一番キツかった。
アナは絵面だけみると結構いい夫婦になってるのだが、考えてみれば本当ただの浮気女だし、見てくれだけでは判断できない。

進むにつれて時系列の入れ替わりも多くなるが、それで考えていることや起こったことが分かってくる。ラストは結構スッキリ。
だが、事件解決した後のナレーションがいまいちピンとこなかった。絆で結ばれているだの何だのの下りは理解できるが、そんな風に処理するのか…と、なんだか物足りない。

少しおかしい女達と共に男側も危うい。スコットは別。スコットいいとこなし過ぎて笑える。

映像も酔ってるレイチェル目線の映像と正解の映像の差別化が出来ていて良かった。レイチェルの補完記憶あてにならな過ぎる。

大どんでん返しってほどでもないが、それなりに驚きもあるし、記憶がなく、事件の犯人や、その晩のレイチェルだったり謎が沢山あるので見入れるし、疲れない程度に頭も回転させられるので映画に没頭出来た。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.2
「初めて体験する衝撃のラストに激震」の宣伝コピー。

まあ宣伝文句はオーバーに書くもんだけど、そんな衝撃でもない。割と予想はつくかな。
でも、あの人がラストに、、、
おっっと、やめておこう、ネタバレじゃあ^^;

アル中のレイチェル。元旦那トムとの離婚のショックから立ち直れていない。
レイチェルの唯一の楽しみは、通勤途中の電車からあるお家の幸せそうな生活を覗くこと。
しかし、ある日、、

主演のエミリーブラントは精神的に参っていて、しかもアル中で記憶が飛んでしまうって女性を、全編苦しそうに演じている。

映画は、レイチェルと彼女から夫を奪った今のトムの奥さんと理想の妻と思われていた女性の視点が交錯するように進行する。

さらにレイチェルの記憶が飛ぶので、時間もかなり前後したりして、
やや複雑な進み方をしているようだが、

よーく思い返してみると、大して複雑な話ではない。

3人の共通項があるようで、ないようで、

そしに、サスペンスの最大の欠点としとは、半ば位から、大体の想像がついてしまうこと。

それから、レイチェルの記憶の飛びが、どうもご都合的な気がしてしまうこと。

そんな点がやや「平凡からやや上くらい」のサスペンスに留まってしまった理由かな。

だけど【効果音はややオーバーだったけど】血がどば!とか、変に猟奇的なキャラに頼らず、お話で盛り上げていく姿勢は評価できる。

3人の女性では、理想の家庭?→映画的にはここの押さえが弱いが
の妻を演じるヘンリーベネットが圧倒的存在感
【まあ、個人的なタイプだってことだけど、だってめっちゃセクシー!】

彼女の過去のエピソードにはシンパシー感じました。
えー なんて酷いやつだ、、、の展開。終わり方良し。
エミリーブラントはプラダの時の華やかさと打って変わった役所だけど、少し悲しいアル中のイカれ女、さすがでした。
sunflower

sunflowerの感想・評価

3.3
ミステリーとしては悪くはないと思うのですが、

でも、、、
終始、彼女も自業自得なんじゃ...と思えて仕方がなかったです。

ただ、決して美化も正当化もせず淡々と描いている点は、好感が持てました。
Javier

Javierの感想・評価

3.5
なかなかのサスペンス。
脚本が素晴らしい!
人1人のキャラ設定や背景の描かれ方が良かった。
またアル中の深刻さと、ストーリーのキーとして描いたのは良かった。

とにかく脚本がしっかりしているから、最後まで飽きない。

クズ野郎、この野郎な作品かな。
saka

sakaの感想・評価

3.3
溢れ出る小説感
>|