ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

USRYT

USRYTの感想・評価

3.4
カッコいい役どころの多いエミリーブランドのアル中っぷりがとにかく凄い!
展開もなかなか良いのでは
福之助

福之助の感想・評価

3.3
衝撃のラストに激震て程ではないけど どんどん紐解かれていく感じが好きです
ミステリー好きな方は楽しめます
M

Mの感想・評価

3.5
悲しい
鰯

鰯の感想・評価

2.8
原作は面白いのでしょう

レイチェルは毎朝電車から見える理想の夫婦に思いを馳せていた。しかしある日妻の浮気現場を目撃してしまい、動揺したレイチェルは彼女のことが頭から離れなくなる

エミリー・ブラントが、アルコールに溺れて自我を見失う女性を体現しています。痛々しくて正直観ていられない。頬の色や肌のぼろぼろ感はメイクの仕事もあるのでしょうが、生気のない眼が焦点が定まっていない様子で怖い

彼女自身がアルコ―ルの影響で覚えていない空白の時間を解き明かしていくのはいいのですが、物語の順序や独白が多すぎてけっこうイライラしました。誰が何を知ってどう動いているのかが圧倒的にわかりにくいため、途中からついていくことを諦めたくなること請け合いです。また、彼女以外の2人の女性の視点からも物語が語られるのはかまいませんが、不必要な点までサスペンスフルにしているように感じました。
動揺した時の画面の揺れ(ブレ)?のようなものが、個人的にまったく合わず受け付けませんでした

どんでん返しは面白かったですけど、ラストが変にポジティブな雰囲気なのも違和感
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

3.0
不倫、裏切り、支配的な男
私の最も嫌いなものがフルに盛り込まれた映画。
だけど観始めたからには、途中で止めるわけにもいかず...( ;´Д`)
この映画は私にとって、苦すぎる薬でした。
女性の皆さん、男選びは慎重に。

しかし、エミリー・ブラント。
この女優さんすごいです!
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.0
もやもやした所からゆっくりと謎が
解けていく系のサスペンス・スリラー

ただ、もやもやの時間が長い。
夢なのか現実なのか?っていうので
観る側を惑わす感じだけど
途中でちょっと覚めてしまった感あり。

ほんとは2.5くらいだけど
エミリー・ブラントの
酔いどれダウナー系演技に
プラス0.5です。
ありきたりなサスペンス
落ちもよめるし、驚きもない
女優の演技に助けられて成立している映画
酔った演技すごい。途中あまりのアル中っぷりに引いて見るのやめようかと思った程に・・・
orange

orangeの感想・評価

3.3
話は、面白かったけど、長い。何度か見るのを中断した。
アル中は怖い。アル中の時は崩れて見えたのに、最後のシーンのエミリー・ブラントは綺麗だった。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.9
レイチェルの日課はニューヨークまでの特急で窓から見える2つの大きな家を観察すること。
窓から見える光景や、テラスで見せる姿はその家族のほんの一角に過ぎない。
もうすこし身を乗り出してその家の裏側まで覗けば、見たくもなかった薄汚れて取り繕った痕跡が見つかるかもしれない。
そして、主人公の視点を元に見せられているものも真実なのか妄想なのかわからないという不安定さ。

これは、、もはや観察ではなく監視ですね。
元好きだった人をSNSで探しちゃうこれは割と多くの多くの人がやるやつかもしれませんが、この主人公レイチェルはアル中ということなのでそんなことじゃ歯止めが利きません。
お酒をスポーツドリンク容器に入れて飲みながら座りきった目で元夫の奥様アナやその娘ちゃんにもグイグイ近づいていきます。
この座りきった目と暴れっぷりの痛々しい演技があまりに上手すぎるのでエミリー プラントを心配しちゃいそうになりますが、想像していた展開とはちょっと違ったので最後までドキドキしました。

ラストまでエミリー プラントの笑顔を見つけることが出来なくて、目の下に黒いクマがあって、涙目でやつれきった顔が板についた彼女は基本的に暗めな役柄が似合うけれど、ここまで惨めすぎると流石に辛い。
こんな女にはなりたくない。
ここまでは堕ちたくはない。
そう思っていたけど、じゃあこんなレイチェルに誰がした?って話。
元夫トムのヘドが出るクズっぷりもありそうな感じでリアルでした。

ちなみにレイチェルの羨む主婦2人を演じた、レベッカ ファーガソンの完璧な美貌と、なんだかエロいヘイリー ベネットという美女揃いがどんどん不幸になってくものだから、もう何が幸せなんだろーなって虚しくなりました。