ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

pamse

pamseの感想・評価

3.6
残念ながら、途中で感じた展開通りだったけれど、エミリーブラントのアル中具合、ストーキング具合、素晴らしかった。
女は脆くも強くもあるね。
これは、難解ですが価値ある作品でした。
gou

gouの感想・評価

2.9
捻りが全く無い。
期待外れだった。
ちはな

ちはなの感想・評価

3.5
ガール…ではないよね
特別子供っぽい訳でもなかったような
まぁアル中のストーカーだから
ダメな大人ってことか

主要の登場人物 ある意味みんな怖い
欲望だったりトラウマだったりがぶつかり合ってて
人の醜い部分が見え隠れする

結婚・妊娠・出産=必ずしも幸せではないって感じがちょっと辛いけど
先が知りたくて引き込まれた
みんと

みんとの感想・評価

4.3
2018.9.23WOWOW録画
まー

まーの感想・評価

3.0
いやぁ、酔っ払いってほんと厄介ですよね〜。まぁ、たまに世界を救ったりする英国紳士達もいるわけですが。

健康的でおバカなアル中をアン・ハサウェイが演じてる一方で、メンヘラのアル中をエミリー・ブラントが演じてるとは思わなかったです。

そのエミリー・ブラントがとにかく素晴らしい。言っちゃえば、そんなわけあるかっ!というキャラなんですが、そのキャラクターにちゃんと現実味を持たせているグダグダっぷりは見事でした。

その他の豪華キャストは平常運転。
ヘイリー・ベネットは何に出ても同じ…だけどエロいから問題なし。
アリソン・ジャネイはもう画面に出てくるだけで怖いよ。顔が怖いんだよ。笑

犯人は全然わからなかった…ものの、話運びがうまいとかではなく、そんなわけあるかっ!っていうトリックなんで、どこか釈然としない感じ。あとテンポが悪い、悪い。監督がテイト・テイラーなのでまぁ仕方ない気もします。そもそも相性がどうだったのかという…

トレイン・ミッションみたいな感じだと思っていたので肩透かしを食らった感じですが、それなりに楽しめました。

酔っ払いはほんと厄介。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.3
初っ端からめっちゃ頭使う。
英国版ゴーン・ガールってとこに惹かれて見たけど、なんか違ったような、、
んー、、、モラハラかな。。。

それにしてもお騒がせ主人公笑
ジェニファーローレンス似の人の色気がすごい!!!



うん。男に支配されるんじゃなくて強くなろ。

このレビューはネタバレを含みます

女性3人の視点で進む物語が、なかなか面白かった。ミステリーっぽくなさそうに始まって、ミステリーな展開になっていくの、良かった。妻の「不倫してる頃の方がよかった」っていう発言、なかなか、ありそうな話。
JUSA

JUSAの感想・評価

3.2
暗くてあんまり好きじゃないタイプ

冒頭とラストの走る電車を俯瞰で撮ってる画は好き
点心

点心の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

夫がマジ最悪だけどこういう人いるよね…(俺が悪いんじゃない、お前がこうさせたんだ、とか言って暴言吐いたり殴ったりする人)
こういうのみるたび「ヒステリー」という言葉がなくなった経緯を考えざるを得ない。
(ヒステリー:女だけがなるヤバい病気だとされ、アサイラムでは見世物のような扱いも受けていたが、戦争が始まるとヒステリーのような症状を出す男性の兵士が続々と現れ、ヒステリーという言葉は心的外傷後ストレス障害(PTSD)という名前に変わった…当時の女の家庭内は誰も意識を払わない戦争)

アル中の妻、違うバージョンもあるよな。と思ったけどこれかな…?? レイチェルって妻で、前髪重めのブラウン〜ブルネットで…。