ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

mia

miaの感想・評価

3.5
何が真実で何が記憶違いか。
ラストまで誰が言ってることが正しいのかさっぱり。
旦那に同情する!って思ってたのにまた違う証言があったり。

しかし時系列がわかりにくい映画でした。
一ヶ月前、とかそういう表記が出る以外は「今」なのかな?
それすらもちょっとわかりにくい。
いつの出来事なのか理解しようとするのがなかなか困難で。
自分の理想を押し付けちゃいけないと思います。
レイチェルが"理想の夫婦"だと勝手に思ってるだけで、実際は違う。

結局胸糞映画だった・・・。
それぞれ盲信すぎるところがあってなんともいえない。
覗き見だのストーカーだの不倫だの浮気だの殺人だのごちゃ混ぜすぎて最後綺麗な終わり方したかったんだろうけどそれが生かされてない。
設定は良かった。
BGMも不気味感漂っててOK。
黒幕(?)がそっちかよ?ってなって少しだけ意外性あったけど(最初の証言信じすぎた)胸糞悪かった。
俳優さんそれぞれ良かった。
女性陣も、男性陣も、それぞれ皆どこかしら怪しくみせる演技、何が真実かイマイチ探れない状態での真実へ。
女性陣の、表情物凄かった。
オープニングとエンディング全然違うと思う・・・。
んー総じてまとめ、なかなか面白かったとは思いつつも、各々残念な部分が見え隠れ。
はっきりこことここ、っていうよりかは、そもそもこの設定自体が気分悪くてダメだなーと思ったり。
いやでもそうだな、真相は納得がいく。
納得がいく、というか、このストーリーでその流れは正しい、というべきか。
他の方のレビューを見て気付いたけど、あーあれ、のんでたのお酒だったのね。
そこまで衝撃というほどでもなかったような。


ルーク・エヴァンズがかっこよかったよね!笑




-110/2017
うーん…
昔ながらの不倫愛憎劇、あまり新鮮さを感じませんでした。
予告で期待しすぎたかも。
しま

しまの感想・評価

-
エミリー・ブラントの泥酔がすごいと聞いて。
完全に目が座った感じとか肌の荒れた感じとか口元のだらしなさとか
色々すごい

確かに不妊治療に失敗するし旦那を寝取られるし仕事がダメになったりいい事なしだけど
酒に溺れるレイチェルにどうしても共感できずに話にもいまいち入り込めなかった
でも途中で雲行き変わるね
サスペンスにはある展開だろうけど
お?お??ってなって引き込まれていった
三人の女はそろいも揃って難しい感じで、三人ともに全く感情移入はできなかったけど
物語が進むにつれて目が離せなくなる見応えのある映画だった

アナの渾身のグリグリグリーーーーー!!!は見てるだけでイダダダーーーーー((((;゚Д゚)))))))
めぐぐ

めぐぐの感想・評価

2.3
原作がかなりおもしろいミステリーだったため、直後に鑑賞!
電車の窓から他人の家を観察するのってストーカー行為でしょ、危ないし怖いよ~

映画ではあまり語られていませんが、レイチェルはとても子供が欲しくて欲しくて悩んでいました
子供に恵まれず、自分のせいだと思うようになり、アルコールに依存します
反対に、アナは子供に恵まれますが、子供中心の生活に不満を抱きます
原作には、子育ての大変さを愚痴っている描写があり、愛人だった頃の方が幸せだったと考えてしまいます
映画では割と平常心を保っていますが、本ではかなりヒステリックなキャラです
ミーガンは若いころ、自分の無責任な行動により自分の子を亡くしてしまったので、子供が欲しがるスコットをうっとおしく思うようになります

クソ男トムをめぐる女のもめごとかと思いきや、これって子供について悩んでいる女性が狂う映画じゃん!!
子供が欲しいと言われれ続け、悩み、
でも生まれたらで、子育ては母親の役割だし、
たまったもんじゃないよー的な感情が原作ではもっとでてました

映画見終わってから原作読むのおすすめします
mare

mareの感想・評価

3.7
LiLiCoがすすめててずっと見たかったやつ
サスペンス、意外としびれたー
思ったよりサスペンスサスペンスしてて見応えがありました

普通に脚本がおもしろいのとなによりもエミリーブラントの演技力半端ないです

サスペンス要素をアル中が生み出すというのがおもしろくて、やろうと思えばハングオーバーみたいにコメディで作り直せそう笑


ちょっと女性優位すぎる気もするのは気になったけど面白かったのでどうでもいいです
norim

norimの感想・評価

4.0
派手さはないですが、じっくり見れるいい作品。

アルコール依存症で夫にも愛想をつかされた主人公レイチェルは毎日通勤列車の中から幸せそうな夫婦の家を見て妄想する惨めな境遇。再婚した夫の家に入り込んで赤ん坊を連れていこうとしたり、実は勤務先はとうの昔に解雇されていてただ電車に乗っていただけということがバレて同居人からも出て行くように言われる始末。だがその見つめていた家の妻が何者かに殺されるところから、真実は別のところにあることが徐々にわかっていく。

登場人物が少ないので、サスペンスとしてはややわかりやすいかもしれませんが、そんなことを補って余りあるのがレイチェルを演じたエイミー・ブラントの演技。悲惨な前半、あるきっかけを元に真実をさぐりだす中盤、そして最後の対決における表情、一つの映画の中でこんなに違った表情を見せられるのはすごいです。これだけでも見る価値ありかと。
RYOSK

RYOSKの感想・評価

3.0
んー予想と全然違った!

ちょっと長いかな?
でも海外ドラマだったとしたらファーストシーズンいけちゃう内容だよね

しかしレベッカファーガソン綺麗すぎです。
mike

mikeの感想・評価

3.5
うん、これは正当防衛かと。
中盤まではレイチェル(主人公)の奇行が目立つが、徐々に物語の本当の真実が見えてくる。後半からの展開に見入ってしまった。
MA

MAの感想・評価

3.6
元夫くそ野郎すぎる。
エミリーブラントのアル中ぶり素晴らしい。
3人ともピッタリな配役。
>|