ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

mia

miaの感想・評価

3.5
何が真実で何が記憶違いか。
ラストまで誰が言ってることが正しいのかさっぱり。
旦那に同情する!って思ってたのにまた違う証言があったり。

しかし時系列がわかりにくい映画でした。
一ヶ月前、とかそういう表記が出る以外は「今」なのかな?
それすらもちょっとわかりにくい。
いつの出来事なのか理解しようとするのがなかなか困難で。
自分の理想を押し付けちゃいけないと思います。
レイチェルが"理想の夫婦"だと勝手に思ってるだけで、実際は違う。

結局胸糞映画だった・・・。
それぞれ盲信すぎるところがあってなんともいえない。
覗き見だのストーカーだの不倫だの浮気だの殺人だのごちゃ混ぜすぎて最後綺麗な終わり方したかったんだろうけどそれが生かされてない。
設定は良かった。
BGMも不気味感漂っててOK。
黒幕(?)がそっちかよ?ってなって少しだけ意外性あったけど(最初の証言信じすぎた)胸糞悪かった。
俳優さんそれぞれ良かった。
女性陣も、男性陣も、それぞれ皆どこかしら怪しくみせる演技、何が真実かイマイチ探れない状態での真実へ。
女性陣の、表情物凄かった。
オープニングとエンディング全然違うと思う・・・。
んー総じてまとめ、なかなか面白かったとは思いつつも、各々残念な部分が見え隠れ。
はっきりこことここ、っていうよりかは、そもそもこの設定自体が気分悪くてダメだなーと思ったり。
いやでもそうだな、真相は納得がいく。
納得がいく、というか、このストーリーでその流れは正しい、というべきか。
他の方のレビューを見て気付いたけど、あーあれ、のんでたのお酒だったのね。
そこまで衝撃というほどでもなかったような。


ルーク・エヴァンズがかっこよかったよね!笑




-110/2017
えー なんて酷いやつだ、、、の展開。終わり方良し。
エミリーブラントはプラダの時の華やかさと打って変わった役所だけど、少し悲しいアル中のイカれ女、さすがでした。
sunflower

sunflowerの感想・評価

3.3
ミステリーとしては悪くはないと思うのですが、

でも、、、
終始、彼女も自業自得なんじゃ...と思えて仕方がなかったです。

ただ、決して美化も正当化もせず淡々と描いている点は、好感が持てました。
Javier

Javierの感想・評価

3.5
なかなかのサスペンス。
脚本が素晴らしい!
人1人のキャラ設定や背景の描かれ方が良かった。
またアル中の深刻さと、ストーリーのキーとして描いたのは良かった。

とにかく脚本がしっかりしているから、最後まで飽きない。

クズ野郎、この野郎な作品かな。
saka

sakaの感想・評価

3.3
溢れ出る小説感
ぽー

ぽーの感想・評価

3.5
主人公目線で、なんだか冴えない淡灰色の車窓を眺めている間に大どんでん返し。
数多もの人にとっての不幸の元凶となるキーパーソンが胸糞最低でしたね。
wr

wrの感想・評価

3.5
こうだったら最低やな!
と思っていた通りの展開(笑)

後味はよくないが、 
だんだん明らかになる展開や
すっきりするラストは◎

プラダを着た悪魔や、
ローグネイションの華やかな役とは、全然ちがう役をこなすのはさすがです!
イギリスの設定がNYに。
カマルがインド系だと思ったら南米系に。
エンディングの手に汗握る感じが呆気なく終わってしまった。
どんな映画も原作本と比べると劣るのは時間の関係上しょうがないけど、かなり変わってしまってて拍子抜けした。
>|