ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

2.9
終始眠くなる作品でした。
関係性が徐々に明かされていくのは良かったですが、展開としては微妙でした…。
エミリーブラント、個人的に好きな女優さんで、この作品は興味があり、鑑賞しました

夫と離婚し、傷心のレイチェル(エミリーブラント)は酒浸りの生活を送っていた

唯一の心の拠り所は、毎日乗る電車の窓から見える一軒家に住む夫婦の姿を見る事だった、レイチェルにとって、まさに理想の夫婦…

その夫婦は元夫、トムと再婚した妻が生まれた子供と幸せに暮らしている家の近くに住んでいた

ある日、電車の窓から目撃したのは、理想の夫婦だと思っていた、妻の衝撃的な光景だった…

レイチェルがアルコール依存症で、記憶を無くすほど、浴びるように飲んでる、ここまで来ると自分の意思では、お酒を制御できなくなって来るんだなと

某アイドルグループのあの人もお酒で失敗してしまいましたが(笑)

サスペンス要素もありで、最初は全く繋がりの無い登場人物がラストには繋がるという作品で、中々、見応えありでした
なさか

なさかの感想・評価

3.4
登場人物の見分けがつきにくかったです。
でも、見ているうちに慣れます。
お話はわりと面白かったです。
ss

ssの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お酒と浮気怖い、という話。
「泥酔による記憶の欠落」という、お酒好きにとっては親近感のある(?)事象を、作中でうまくギミックとして活かしているなと思いました。なので、お酒を飲み過ぎて人に迷惑をかけたことがあるかどうかで物語への入り込み方が違うかもしれません。。。
主人公のアル中っぷりや精神の不安定さの描写が不気味。他の登場人物もだいたい何かしらの問題を抱えおり、特にトムの屑っぷりはなかなかのもので、それ故、終盤にトムが赤ん坊を抱っこしたシーンの緊張感はかなりのものでした。
ミステリ映画としては面白い方じゃないかと思いますが、ラストの臭いセリフというか鑑賞者へ対してのメッセージだけは蛇足かなぁと思います。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.2
原作の舞台がイギリスなのになぜか映画ではNYC
bopapa

bopapaの感想・評価

3.2
2018年 94本目

主役の女性が3人。グレイテストショーマンのオペラ歌手だった人や、白雪姫の続編で白の女王の妹だった人やホビットに出てたイケメンなど、割とあちこちの映画で見る人が出てました(とエンドロールで知る)。


特に中盤からのころころと変わる場面転換の度に「これはアナ?これは?この男は誰の旦那さん?レイチェルどこ?」状態になってしまいず〜っと奥さんに聞いてしまいました。

他の方のレビューを見ると僕と同じようにあまり見分けがつかずに困った事になった方がいらっしゃったみたいなので安心しました。

主役の女性3人は皆さんお綺麗で魅力的ではあるのですが全員何かしらの駄目な部分を抱えてて、1人はアル中女、1人は分析医にかかる不安定女、1人は泥棒猫の束縛女となかなかのハードル高い方々です。

僕なら無理だな〜!と思うのですが、アル中女の元夫のトムさんは離婚後に泥棒猫と再婚し、不安定女をベビーシッターに雇うという、全てのハードルを越えしメンタルの強い男でした。

物語は最初の、アル中女レイチェルさん視点からの不安定な目線から見た世界を描きながらもそこに、失踪したとある女性の謎を追う展開も絡み、なかなか面白いお話。

最後まで観ると、謎も解けるし3人の女性の関連性も浮かび上がるので、この人がアナでこの人がメガンなのね!と僕でも見分けがつくようになる優しい設定でございます。
2018年 88本目
なかなか面白かったです。
sugenon

sugenonの感想・評価

3.7
メインキャストは美女3人。
オイラはアナ派。

最後まで観ると勿論判別はつくんだけど、髪型、メイク、服装が変わったり、急に場面が過去に変わったりすると女子って中々見分けがつかないよね?ありゃ?それはアイドルが皆同じに見える歳のせいかな笑

レイチェル(赤毛)
アルコール依存症、元の夫はトム。無気力で仕事もせず日がな一日電車に乗り、昔住んでいた家の周りを観察する。時々記憶をなくす。

アナ(ブロンドストレート)
トムの今の奥さん、トムとの間に一人娘の赤ちゃんイーヴィがいる。トムの元愛人。レイチェルからトムと家を奪った。

メガン(ブロンドパーマ)
セックス依存症の過去、夫はスコット。トムとアナのご近所さん。イーヴィの子守の仕事をしている。

トム(黒髪)アナの旦那、爽やか、不妊のレイチェルと別れて不倫相手のアナと結婚。

スコット(細マッチョ)メガンの旦那、割に短気、メガンとの子供を望んでいる。

アブディック(髭)メガンの精神科医、メガンの過去のトラウマの治療にあたる。

これを抑えておくとストーリーに入りやすいこと間違いなし。

ストーリーの流れとしては、メガンとアブディックの浮気現場をレイチェルが電車越しに目撃。過去の浮気された自分と重ね合わせ、腹立たしくメガンのところに向かうも途中で記憶をなくす。気がつくと自分も大怪我、メガンは行方不明に。もしかして自分が殺人を?

劇中はかなり謎解きのヒントがあるので大体の人は途中で結末が分かっちゃうかもですね。あ!分かったーってのが気持ちいい映画でもあります。

にしてもみんな美人さんでグラマーなのでそれだけでも眼福でした笑
メガンも捨てがたい(男はこれだから
>|