ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.6
人間 前を向いて生きていけよ! って話だな。

特に意味はないが、けっこう前半で犯人の予想ができた。
なぜか?
なんつーか、、 そんな顔してるような気がした。
50年も生きてりゃ 『あん頃は良かったな〜』って いつも振り返りたくなる過去ってあるわけよ。
けど そんなもんに しがみついてたら あかんわ。
未来には それ以上の可能性があるわけよ。
その可能性を叶えていくのは自分自身だ。
過去に粘着してるヒマはねぇ!
オレは振り返らねぇ!
止まらねぇ!
一歩でも 前に歩を進めるぜ。

てか、
終始 陰鬱な感じだから 評価もイマイチ普通っぽいけど ストーリーの組み立て方とか 総合的に よくできた映画だと思う。
tsunana

tsunanaの感想・評価

-
真実はなにか、記憶がバラバラと映し出される理由とは。

ドロドロの昼ドラみたいな雰囲気(パッケージからはあまり想像できない)を醸し出しつつ、ストーリーは割としっかりしていてミステリーとして楽しめた。

関係が複雑&時間軸がバラバラなので暇を与えず、常に考えを巡らせていった。

わたしは意外と最後の方まで展開が見えなかったのでおもしろかった!

あの複雑な関係の中には絶対立ち入りたくないと思いました。笑
飲んでも記憶無くさないように!
ヘイリーベネット好き。
Megumi

Megumiの感想・評価

3.5
ストーリーと着眼点自体はめっちゃ面白い。アル中で精神不安定、自分の見たことやったことの記憶がない。いやこいつ犯人だろ〜っとしか思えない女の視点で進んでくから、何が本当か分かんない。

時系列をバラバラにしたのはちょっと良くなかった。誰がどれか分からなすぎて、そこを理解できるまでが退屈に感じてしまった。私は推理力が低いから、後半からの展開は点と点が繋がってく感覚でめっちゃ面白かった!
Makki

Makkiの感想・評価

3.8
確かに最後の展開は予想外。でも終わり方は私的には最悪な終わり方だった。
結末のひっくり返し方は巧かったが、そこまで話に追いつくので一苦労。アナとメガンが似てるし関係性も不明瞭だったし、トムとスコットと精神医の関係も不明瞭で、時系列はレイチェルの記憶欠如のせいでめちゃくちゃで。終盤で全てが分かるのだが、話が重くてさほどスッキリ感は無かった。
今、見終わった!最初、アナとメガンの顔の見分けができなくて、えつ?誰?となっていた私(笑)だったが
引き込まれ、とても面白かった!
いやいや〜お酒好きな私も気をつけなきゃな〜と。
そしてやはり女同士、ある意味良かった。後味は爽快!
気になるのが赤ちゃんの未来、、、
そして最も気になる題名、ガールって、、、??
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

1.7
私には合わなかった…。話がはっきりしない時間があまりに長くて何回も観るの止めようかと思った。痛々しいシーンもダメージでかい。
まめ

まめの感想・評価

3.7
楽しめました!そうなんだろうな〜?っていう展開なんだけどジワジワ謎が解けてく感じ。
みんな怪しくてみんな可哀想なのだ。
>|