たけちゃん

西遊記 ヒーロー・イズ・バックのたけちゃんのレビュー・感想・評価

3.8
その強さは誰のためのもの?


ティエン・シャオポン監督 2017年製作 吹替版
吹替の監修は宮崎吾朗が担当していました!
声優 孫悟空:咲野俊介←テッドの声の人



「マトリックス」を観て、カンフー脳にスイッチが入った第10弾\(^o^)/


あら~、全然観るつもりなかったのに、なんとなく来てしまった。中国アニメの初劇場鑑賞(笑)
客は2人かぁ~( ˘̥̥̥̥̥ ᵕ ˘̥̥̥̥̥ )ソウダヨナァ

この後、「KUBO」も観るので、アニメのダブルヘッダー。自分でも珍しい( ¯−¯ )フッ
普段来ない劇場なんでねぇ。「KUBO」はやっと公開されましたので、ちょっと足を伸ばしました( ˘ ˘ )ウンウン


でもね、面白かったのよ。
ちょっと子供向けかなぁとは思いましたが、王道のストーリーで、安心できましたし、これは子供たちに観せてあげたい内容でした( ˘ ˘ )ウンウン

中国作品だからか、最近少ないベタな展開がいいんですよね~。あと、さすが、中国。アニメだけど、カンフーのキレがいいし、カンフー作品お馴染みの太鼓や鼓弓などの音楽が素晴らしくいい。
それだけでもスコアアップだわ\(^o^)/



お話は、よく知られている三蔵法師と旅をする「西遊記」とは異なります。

斉天大聖孫悟空は天に剣を向けてお釈迦様の怒りを買い、五行山に封印されて500年。地上では妖怪が跋扈し、民を苦しめていた。この妖怪、「グレートウォール」に出てくる饕餮(トウテツ)に似てたよね!

旅の途中で妖怪に襲われ孤児となった主人公リュウアーは、托鉢僧のお師匠さまと共に旅をしている。

ある時、妖怪に襲われた子供を助けようとしたリュウアーは、偶然、孫悟空の封印を解いてしまう……



そうなんですよ。
なので、三蔵法師と旅をしないんです。
か弱い子供のリュウアーとの旅なんです。

でも、このリュウアーがいい子なんですよね。
この子のおかげで孫悟空が変わっていくんです。
この部分がベタと感じるところではあるけど、嫌じゃないんだなぁ。
そして、映画では語られてないけど、実は、リュウアーが、将来、三蔵法師になるのでは?と想像する充分な説得力がありました。そこが好きでしたね~。

これは、なぜ、あの強い孫悟空が三蔵法師と一緒に旅をするのか、それに対する強い説明になっています。子供が観ても「だから、悟空はお師匠様と一緒に旅をするのか」と納得できるんです。





ところで、最遊記と言えばやっぱり堺正章さんですよね~。
夏目雅子さんの三蔵法師と共に旅をするのが、本当に好きでした( ˘ ˘ )ウンウン

面白かったなぁ。
毎週、めっちゃ楽しみだったよね。
また、観直したいなぁ( ˘ ˘ )ウンウン