むらボウズ

ロスト・バケーションのむらボウズのレビュー・感想・評価

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)
3.4
夏だ!海だ!!人食いザメだああ!!!

近年バカ映画に分類されがちなサメ映画の中にあって、珍しく?普通のホホジロザメが真面目に恐怖の象徴やってる正統派、ストロングスタイルのサメ映画。

ヒロインのバックグラウンドの掘り下げもそこそこに急に緊迫感のあるサバイバルへと放り出される絶望感は良かった。
ヒロインの負傷、潮の満ち干きとデジタル時計の演出が焦燥感を加速させる感じもgood。
あととにかく海がめちゃくちゃ綺麗。澄み切ってるからこそサメの影がハッキリ見えて怖い。

ただ、後半ちょっと投げやり感あった。
とりあえず試練2.3与えて盛り上げとけ!みたいな。
決着も呆気ないもんで、ア然。
最初の緊張感をしっかり保ったまんま終えて欲しかったかな。

カモメには助演男?女?優賞をあげたい。