ロスト・バケーションの作品情報・感想・評価

ロスト・バケーション2016年製作の映画)

The Shallows

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込…

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を生かし、着用していたラッシュガードを使い止血。サメの動きのパターンを解読。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―?

「ロスト・バケーション」に投稿された感想・評価

とにかく痛そう
とも

ともの感想・評価

3.6
サメ系の中ではかなり秀逸、B級ではないし
割とリアル、怪我とかも凄いリアルで痛々しい
あとカモメ可愛い
miyu

miyuの感想・評価

3.5
夏に見れれば良かったのに…💦
昨年の真冬に見てしまった映画…

鮫映画の金字塔はやっぱ アレ〜❗️

初めて見た『ジョーズ』は、超 怖くて、衝撃的な映画だったが…
(ジョーズ登場の音楽とジョーズに背びれが、怖さに拍車をかけていた。。。)

その時の興奮を思い起こさせる映画でした。。
『ジョーズ』には、勝てないが…💦

ブレイク ラヴリー演じる主人公…
かなり、頭が良い。。。
簡単に 鮫との闘いに負けない彼女の賢さ…
それが、この映画を面白くしている。。。

しかし、鮫って、そんなに賢いモノなのか???ホンマに???
tofu

tofuの感想・評価

4.0
歴代サメ映画の中でも上位レベルの傑作。
登場人物は少ないので、主役の一人芝居がメイン。
しかしながら練りに練った脚本で飽きることなく物語は進行する。

肝心のサメ描写も迫力があり、獰猛さ(狂気レベル)も際立っていた。
ラストシーンは多少、強引ではあったがエンターテインメント作品として許容範囲かと。
73

73の感想・評価

-
めっちゃハラハラした
あまりサメ🦈シリーズの映画は好きではないのですが、これは見入ってしまう。
中には直視できないシーンもありましたが、最後の場面では目が離せ無かったです。サメの動き、しぶとさが凄い。
すかい

すかいの感想・評価

3.9
昨年結構話題になってた印象のサメ映画だったので鑑賞。いやー...こっわ!!こっわいよ!! 元々パニック映画が好きで、ディザスター、ゾンビ、それにサメ映画もちょくちょく見るのだけど、思えばサメ映画で怖いって思ったことって今までなかったかもしれない...びっくりするほどリアル。今作は低予算映画ではあるけどアイディアが素晴らしい。ビーチが見える距離とはいえ、サメに噛まれて怪我してる状態で誰も居ない海の真ん中で岩礁の上に1日中1人って状況がまた一層恐怖を醸し出してる。もし自分があんな状況になったら絶対生き抜けない...それにサメの見せ方もめちゃくちゃ怖い。あと主人公の設定がこの絶望的な状況であれだけ色々出来たことに説得力を持たせていて良い。稀に見るA級サメ映画だった。
かんじ

かんじの感想・評価

3.4
サメも主人公もしぶてえ。笑
なんでまた復帰するんや。
TSUTAYAで借りたDVDで鑑賞。

【あらすじ】
医学生のナンシーは亡き母が教えてくれた秘密のビーチでサーフィンを楽しむ。しかしそこに獰猛なサメが現れ…。

リアル路線のサメ映画かと思いきや、中々にぶっ飛んでた。
傷だらけになっていくお姉さんの衰弱ぶりはリアル(脚を縫うシーンはビビって見ていられなかった)なのに、対するサメがB級モンスターっぽくて良い。獰猛で執拗に人を襲う様は完全にモンスター・パニック物のよう。それでいて俯瞰ショットで映るサメの全身像が美しい。サメも自然の一部であることがよくわかり、自然に翻弄される人間の無力さが引き立って面白かった。また、カモメがスッゴくかわいい。極度の緊張感の中、唯一の癒しだった。
>|