ロスト・バケーションの作品情報・感想・評価

ロスト・バケーション2016年製作の映画)

The Shallows

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込…

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を生かし、着用していたラッシュガードを使い止血。サメの動きのパターンを解読。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―?

「ロスト・バケーション」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

4.1
女医学生VS鮫。
よくある系だが、おっぱいポロリ系馬鹿女ではなく、医学に心得ありの美女は、ひと味違う!対する鮫もなかなか手強い!意外に良かった。
こわっ!!いたっ!!傷口を縫うシーンが本当に痛そうで痛そうでみてるこっちまで痛くなります。

終始緊張感のだだよう展開ではらはらするけど面白かったです。
さ子

さ子の感想・評価

3.6
海怖なったわ
ヤマハ

ヤマハの感想・評価

3.0
生命の危機に瀕したとき、私たちは理性を保ち、冷静な思考をすることができるのか考えさせられる作品。
決して長くはないが、論理的だからだろうか、内容は充実していた印象である。一方で、ロジカルであるがゆえに、同種の映画を視聴したことがあれば結末を予想できなくもないところが難点。
あまり時間の無いときに1人で視聴する分には申し分ない。あくまで標準的なホラー?映画だと受け止めたので、評価は3.0とした。
zelig

zeligの感想・評価

3.0
どうせごまんとある亜流パニック映画のひとつだと思いきや意外にも釘付けだった。会話に現実味があり前半の演出が良かった。
sdkyon

sdkyonの感想・評価

3.5
ブレイク・ライブリー脚長いかっこいい~。サバイバルもの好きなんで結構面白く観れました。
hicheese

hicheeseの感想・評価

3.0
一人のガールズサーファーがサメと戦う話。
サーフィン経験者としては、サメに出くわしたことはもちろんないんですが、本当に怖いんですよね。南アフリカとかオーストラリアとかみんなよくサーフィンすると思います。
映画としては、まあこんなもんですかね。
KOSUKE

KOSUKEの感想・評価

3.0
海に入るの怖ッ(汗)
ロストバケーション

🇲🇽メキシコ(ロケ地:🇦🇺オーストラリアのロードハウ島。)


亡き母親の写真を頼りに幻の砂浜🏝に着いた医学部を辞めたの女性(ライリーさん)

サーフィンを🏄‍♀️楽しむ。

しかしサメに🦈襲われ脚を怪我した彼女の行方はいかに!

◉77E点。よくここまで話を広げられたのを褒めたいけど、もう少し家族のエピソードを良くしていたら?とも否めないかなぁ〜



★彡話がシンプルすぎて、こっから先はネタバレになってしまうので見所だけにしています。


◉見所。
◎第1位🥇
ひとりぼっちの恐怖!
★彡孤独な海の中で自然と完全にロックオンされたサメとの奮闘劇で「127時間」を思い出した。

★彡地上では人間、水中はサメの世界ハッキリ分かれているため、水中シーンになると不安感がハンパない!




◎第2位🥈
やっぱり主人公ブレイクライヴリーさんの美しさ!
★彡やっぱり、海だけでしかなく、ストーリーは単純でサメも割とリアル状況な為、最後まで楽しめたのはライリーさんの魅力が一番だと思う。

★彡怪我していて、通常苦痛に歪み、衰退していく主人公なのにギリギリのラインで美しさを保てているのがこの映画の素晴らしいバランスでした。

※あまりヒロインか綺麗に見せたらこの映画評価されなかったと思います。



◎第3位🥉
ほぼ突起島と海とカモメとサメだけで描くストーリー!
★彡どうやって面白くするのか手腕次第ですね。これだけの単純なストーリーですが見応えあります。
ぴ

ぴの感想・評価

3.2
記録用
ハラハラドキドキが止まらなかった。ところどころ流血表現があって、血が苦手な自分にはきつかった。一瞬も目を離したくない映画で個人的にはすき、
>|