えりみ

ニューヨーク、愛を探してのえりみのレビュー・感想・評価

ニューヨーク、愛を探して(2016年製作の映画)
3.6
WOWOWの放送が日本初公開とか。
NYを舞台にした女性たちの群像ドラマ。原題が「Mothers and Daughters」でそのものズバリ。ニューヨークの街並みはほとんど映らないので邦題から景色を期待したりロマンスものだと思うと肩透かしをくらう。
エンディングテロップは「全ての母達に贈る」
母親である人、母の娘である人、これから母になる人が観るとイイと思います。オッサンがみる映画ちゃうかったわ(^^;)
不倫相手と別れた途端、妊娠が発覚するアラフォーフォトグラファー。
産んですぐ娘を養子に出した過去を持つ若い彼氏のいる熟女下着デザイナー。
母を亡くして悲嘆にくれていたら、亡くなったのは実は祖母で姉だと思っていた人が実の母親だった( ゚Д゚)という大映ドラマみたいな展開を迎える20代?女性。大きくはこの3つのストーリー。個々のストーリーにしっかりした繋がりはなし。
地味な作品ながら女優陣は何気に豪華でした。母子役も顔が似てる人をキャスティングしてて説得力あり。
この映画における男の役割は刺身のつま、しかも板前さんが作ったのじゃなくてスーパーで売ってるパックに入ってるやつレベルの扱い。