れでぃお

ブレードランナー 2049のれでぃおのレビュー・感想・評価

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)
4.1
前作では人間の視点から人間/レプリカントとその間の揺らぎが描かれていたのに対して、今作はレプリカントの視点からそれが描かれていた。

ただ今作はある程度安定した後の社会を舞台としていて、支配/被支配、差別/被差別の構図が描かれている。

差を設けることで同一性を確保し、排除し位置付けることで安定を確保しようとするその構図の打破こそが今作であり、劇中の”子孫”に託されたものであったように思う。

前作の延長で確立されたであろう安定が今作においては壊すべき対象へと移って行くのが面白い。