motcha

ブレードランナー 2049のmotchaのレビュー・感想・評価

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)
-
どっしりと落ち着いたテンポで「レプリカントの奇跡」を追う前半は、文句なく面白い。
ブレードランナーの世界観をしっかりと踏襲した街のデザインも、BGМというか、不気味な音響も最高。

ところが肝心のデッカードが登場してから何もかもがおかしくなる。
ハリソン・フォードが動けてない。
展開が説明口調になる。
音楽が安っぽいシンセ音になる。

やっぱり2時間40分は長すぎる。
必死で撮った映画なら必死で編集しようよ。
(180522レンタルBD)