ブレードランナー 2049のネタバレレビュー・内容・結末

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿されたネタバレ・内容・結末

メッセージと同じ監督ということで鑑賞。前作の知識は無し。イントロダクションで軽く基本説明がある。

映像、場面の見せ方が独特で面白かった。
戦いの場面も見応えあり。女性陣はそれぞれが守りたい世界をまっすぐ守り抜こうとしていて、みなカッコいい。

「誰もが、自分が選ばれたんだと思いたい」
自分の中にあった大切にしていた記憶が、実は移植された他の誰かのものだったという辛い現実。主人公はそれを受けても、自暴自棄にならずにある人物を助けるために動く。
彼は最後まで、彼が思う「より良い人間」であろうとしたのかな?と思う。
システマティックで未来的な映像と対比するように、クールでハードボイルドな終わり方。かっこよかった。
 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の正統続編。
 旧式のレプリカント(遺伝子操作により生まれた人造人間)を「解任」することが職務であるLA市警の特別捜査官「ブレードランナー」のKが、とあるレプリカントの秘密を追っていくうちに、巨大企業「ウォレス社」の陰謀に巻き込まれていくというサスペンス・アクション。

 監督はカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ。前作の監督であるリドリー・スコットが製作総指揮を務める。
 主人公Kを演じるのはライアン・ゴズリング。ヒロインであるジョイ役にアナ・デ・アルマス。裏で手を引くウォレス社のCEOにはジャレッド・レトがキャスティングされている。
 前作の主人公デッカードも登場。演じるのは前作と同様ハリソン・フォード。

 前作である『ブレードランナー』は「ファイナル・カット」版をIMAXで視聴済。本作と前作との間に起こった出来事を描く短編3作は未視聴です。

 40年近く前の映画でありながら、未だに語り継がれている永遠の名作『ブレードランナー』。
 そのような作品と比較するのは酷だと思うが、正当な続編である以上、ある程度は前作と比較して批評するのはやむを得ない。

 前作は120分にも満たない時間でありながら、荒廃した近未来の世界を圧倒的なリアリティを持って観客に突きつけ、その中で生きるレプリカントの悲惨な宿命を描き出し、さらに緊迫するバトルアクションまで提供してくれた。
 映画史に残る衝撃のクライマックス。そしてヴァンゲリスのサウンドトラックの素晴らしさ。どこを取っても一級品である。

 生命と自己存在について観客に問いかける哲学的な側面と、ハラハラドキドキするエンターテインメント的側面を併せ持つ、まさに傑作と言わざるを得ない上質な映画である前作。

 それに比べて本作はどうか?

 荒廃した世界観は前作を思い起こさせる。冷たい雨が世界を覆っている感じとか、日本語やハングルの看板があちこちにある感じはブレードランナーっぽい。…のだが、前作のようなリアリティがない!綺麗にまとまり過ぎてきて、一言で言えば面白くない。
LA以外にもラスベガスや巨大廃棄場が登場するが、どの場所も映像的な面白さがなく、ただだだっ広いだけに見えるので、逆に前作よりも世界が狭く感じてしまう。

 そして展開が冗長で面白くない。3時間近く上映時間があるのに、やってることは終始人探し。
 前作のルトガー・ハウアー率いるレプリカント集団のような魅力ある敵役がいないため、アクション的な盛り上がりは皆無。

 そしてデッカードがただのジジイになってしまっている悲しさ。前作のハードボイルド的なキャラの魅力が完全に消えてしまっている。
 クライマックスの水中戦なんて、ただの老人虐待、もしくはドリフのコントみたいで失笑してしまう。

 シナリオも所々ツッコミたくなるような点が多く(拷問の為にわざわざ宇宙行くの?LA市警簡単に侵入され過ぎだろ…、いきなり家に娼婦が来たら怪しくないか?などなど…)、決して褒められたものでない。

 本作の黒幕であるジャレッド・レトも結局どうにもなってないし、終盤にレプリカントのレジスタンスみたいなのが出てくるが、別に活躍しないし、なんか消化不良な感じが否めない。
本作は続編ありきで作られた映画なのだろうか?

 とはいえ、ライアン・ゴズリング演じるKのキャラクターは演者の演技も相まって非常に良かった。
 レプリカントであることから「人もどき」と差別され、ヴァーチャル映像の恋人ジョイを唯一の心の支えとしているあまりに悲しい男。
 自分は特別な存在だと思いこみ、そこに希望を見出すが、結局その希望も潰える…
 恋人も消滅するが、そもそも彼女から自分への愛情は作られたプログラムではないのかと、ジョイの巨大なホログラム広告を見ながら思う…
 クライマックスで、彼はデッカードを救うという選択肢を取る。命令ではなく自らの意思に従い行動する、彼の姿にこそ真に「特別な存在」を見ることができる。そこはやはりグッと来ます。
 Kというキャラクターに魅力があったからこそ、この作品がギリギリ楽しめるものになっているかな…

 あと、とにかくアナ・デ・アルマスが可愛い!これだけでこの映画を観る価値アリです(笑)

 前作とは比べ物にならないが、決して嫌いではない作品。もっとコンパクトに纏めてあり、アクション的な見所があれば良かったのに、と思わざるを得ない。
一度で内容を理解するのは難しいストーリーだった。
映像は凄くカッコいい、CGも凄かった。
照明を動く感じ、いいなと思った。
作品が長かった。
K良い子やね。(涙)
自分のお父さんじゃなかったけど子供に会わせてあげたの、人間ぽくて優しくて良い子...と思った。
最近ハリソンフォードがお父さんとして出てくるSF見がちな気がする。

前作(ファイナルカットを見ました)を見た時、この後どうなるかが知りたいのに!とヤキモキしたけどそこらへんもうまく説明してくれていた。良い続編。あの後反乱を起こしたから旧型レプリカントが廃止になったんやね。

前作、レプリカントたちが人として認められずに終わっていて可哀想だったけど本作では優しい終わり方で良かった。

デッカードが人間なのかレプリカントなのか問題、人間ってことでいいんですか?レプリカントと人間のハーフってことですか?
哀愁感漂う演技が強いライアン ゴズリング
またも自己犠牲のようなエンディング
あの名作が帰って来た。
映像美。
プレスリーのステージのシーン、意外と好き。
壮大で開けた映像が見られる。
なのに息苦しく、
淡々としているのにとても重たい…。
ライアン・ゴズリングハマり役。
最後の雪のシーンはうるっときてしまった。悲しみ…

ワンちゃんはどうなったんだろう(ワンちゃん好きには気になるポイント)
長かった…
映像はきれいだし前作から続いてるから楽しかったけど

長いんじゃ…
前作見てないからかよくわかんなかった


時には誰かを愛するなら 他人でいたほうがいい



知らないって言ったくせに 木を知ってる


エルヴィス・プレスリー dolling love with you

フランク・シナトラ one for my baby

犬かわゆ
犬に酒

日本語多くて笑う

壁破ってきたのも笑う

ハリソン・フォード出てくるの遅すぎて、出てるの忘れてた


女性陣が美人なのよ








BS日テレ 字幕
bs日テレ 字幕


やるやん
>|