ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

よる

よるの感想・評価

2.3
あまり好みではない。
前作観てから
もう一度しっかり観ます
KarimF

KarimFの感想・評価

4.2
ただのSF映画じゃない。ストーリーもいいし、色々考えさせられた。

そしてライアン・ゴズリングがとにかくイケメン。
過剰な期待はせずに、前作とは別物だと思って観れば面白い。以下簡易な感想。

○映像が綺麗 +1.0
○マジカルラブシーンの美しさ+1.0
○懐かしのあの人達登場+1.0
○ジョイの健気さ+1.0
○水中格闘におけるラヴの大熱演+1.0
○長すぎる−1.5
HiroAdachi

HiroAdachiの感想・評価

3.8
前作の世界観を残しながらも新しさを出してる。とにかくアナ・デ・アルマスがかわいすぎる。気にも留めなかったシーンが鍵になってて気づかなかった自分が信じられなかった。
今さら続編つってもなぁ…とおもってましたが、デキは素晴らしかったです。一作目のように時代を超えた傑作となるかは分かりませんが、続編として納得できる完成度でした。
ところで、ブレードランナーとはレプリカント専門の殺し屋です。一作目は人がレプリカントを殺してました。類が違うので殺人ではなく屠殺です。ここには何ら道義的問題は発生しません。続編ではレプリカントがレプリカントを殺してました。同類殺しなのでこれは殺人です。また、一作目は人とレプリカントの愛を描いてましたが、続編はレプリカントとホログラムの愛でした。人とレプリカントは子孫を残せましたがレプリカントとホログラムは当然ながら無理なようです。
これらは時代と社会的背景が投影された対比となっているのでしょう。
ホログラムのアナデアルマスかわいい。おれも欲しいと思いました。出たら買います。
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

3.7
前作から30年近く経っていて内容も細かい所は殆ど覚えていないが今作はかなり丁寧な作りになっているので忘れていても充分楽しめる

ただ丁寧すぎて気の短い人は長過ぎると思うかも🙄

見続けて行くとその先のストーリー展開に期待が膨らんでいく感じが良かった

レプリカントの反乱は次回へ続いて行くのか興味津々😱😱

使命を果たしきったライアン・ゴズリングの最後の表情は『この役は彼しかあり得ない😍』と思ってしまう

ハリソン・フォードはスター・ウォーズに続き子供との再会シーンが何だかうける😁

2049年エコシステムは崩壊してもコカ・コーラは健在?看板だけ?
まよら

まよらの感想・評価

2.6
なんなんだろう。
一作目を見たときのような刺さる感じは無かった。
Tomoya

Tomoyaの感想・評価

-
うーーーん
>|