ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

ABKY0303

ABKY0303の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

とにかく、映像が綺麗で神秘的な世界だった。
前作のブレードランナーを見てないからあまり続きとかは分からなかったけど、神秘的な割に話が難解ということもなかった。
それに神秘的なのに、説得力とかリアルさもあって凄かった。
物語のテンポとしてはスローではないんだけど、盛り上がりとしては少し足りなかった。
もしも、近未来の姿がこれなら寂しすぎるけど、神秘的すぎる。
こんな未来が来て欲しいようで、絶対に来て欲しくない。
人間とレプリカント(人造人間)が共存しているようでしていない未来。
昔のアメリカの白人と黒人の差別が起きてしまっているようなそんな感覚になりました。
レプリカントには人権もほかの権利も救われることもない過酷すぎる現実の中でレプリカントに起きた奇跡の子になってしまったジョーの冷静なようで冷徹な寂しいキャラクター姓がすごく印象的だった。
このお話は世界観がとても広く壮大な物語なのにこの映画で始まりから終わりまで完結しているのが本当に不思議。
ひとまず、この技術は将来実現してほしい。でも、レプリカントは生まれないでほしい。そう思える近未来の話な印象でした。
綺麗。
Je voulais le voir au cinéma!!!!!! J’avais manqué toute les fois!!!!
gen

genの感想・評価

3.3
記録
うに

うにの感想・評価

3.5
♡記録♡
Raul

Raulの感想・評価

2.8
色んな意味でちょっと期待ハズレ
世界観を理解するのに時間がかかった…笑
雰囲気とかがライアン・ゴズリングでは無いのでは?って終始思ってた
それでもすごいずっしりしたSFで見応えやばかった!!

未来の世界ってこんな感じなのかなー



とりあえずもう一回見なければ…
サントラですごい引き込まれた。
難しい映画でただただ切ない終わり方だった。

?が多すぎてもっかい見たいけど
怖いからまだいいや。
セットと設定の作り込みがすごくてそこに魅せられた。
でも前作見てた方が楽しめたなっていう後悔もある。
>|