ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

kose

koseの感想・評価

4.7
前作でよかったところをそのままに、新しいストーリーやキャラクターを入れるというまさに
続編映画のお手本とも言える映画でした。
そしてなによりもこの映画の撮影
音楽、映像は本当に美しい。
なので映画を見ているというよりかは1つのアートを見ているような感覚でした。
ミキ

ミキの感想・評価

3.5
ジョイめっっっっっっっっっちゃ可愛い 壊される前の「愛してる」カァ〜〜〜〜〜〜〜〜
SHO

SHOの感想・評価

4.1
SFの金字塔と言われた作品の続編。前作見ないと基本的にわからない映画だが、前作ファンからすれば、この続編はかなり出来が素晴らしいと思う。

そこら辺の人工知能やロボットの倫理を描いた映画はある程度テーマも決まりきっているが、さらに斜め上をいった主題なため見ていて飽きない。
話が結構複雑にも関わらず静かに進み、その中で感じる寂しさがなかなか重かったです。その寂しさや切なさこそ、前作でも感じた「SFらしさ」だなと思います。
saki

sakiの感想・評価

3.8
こんな話よく考えるなぁと改めて思わされた。なんで、近未来の下町にはアジア感がでるのかなと思いながらも、妙にリアルな感じで、35年前にこんな近未来を描いていたと考えるとすごすぎるとしかいえない。そんな世界観にとても引き込まれた。
35年前に前作を見ていたファンからしたら、待ちわびていた続編なんだろうなと思う。まだまだブレードランナーを深く知れてしない私には、理解しきれないところもあったけれど、何度もみて楽しみたいと思えた。

そして、ゴズさんの顔面がやっぱりイケていた。
観ました。

ライアン・ゴズリングが殴る時の表情とハリソン・フォードが殴る時の表情の違いが好き。
リアルか夢か。
31年後、また観た時にどう思うのか。
BigD

BigDの感想・評価

3.6
むじい!これむじいよ!
Kのいつも無表情なのに時折見せる哀しげな顔に僕もかなしくなった
ライアンゴズリングが無双するぜ!って思いながら見てた僕はただの中二病なんやなごめんなさい
解説サイトでも見ながらこの映画を嚙みしめようと思います
なんとも言えず悲しくなったのはジョイを重ねた女性と行為に及んだ場面
未来はこんな姿になっているのだろうか嫌だなぁ飯も不味そうだしなぁ
犬狼

犬狼の感想・評価

3.0
1つ1つのシーンは絵画的叙情的で凄くええけど通しで考えると…
なんか最近のハリウッドこういうの多い気がするわ
>|