ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

レプリカント達が使い捨ての労働力から脱却するのに尽力しているが、その活動がなぜ有効なのかが作中で明確に語られていない。(普通に見ていれば分かるが、わかりやすく語られているわけではない)
全体的に雰囲気を大切にしようとしすぎて説明が足りていない印象を受けた。

とはいえSFのワクワク感はあり、前作を見たことのある人になら是非おすすめしたい。

このレビューはネタバレを含みます

観ても観なくてもいいかな
でもせっかくなので観ておこうかなー
くらいの気持ちです
前作は観ました、その原作も読んでます
うーん、長かったー
長すぎですよ、時計をチラチラ見てしまいました
今回はレプリカントが主人公
ちょいちょい人間から差別的に扱われてたりして、なんで皆にバラしてるんだろう、上司だけが知っていればいいと思うけど
給料貰ってるっぽいです
AIの彼女と一緒に暮らしてたりもしてますし
人権あるんですかね、無さそうな感じもします
逃げたレプリカントを捕まえるお仕事してます
なんやかんやでデッカードとレイチェルの息子なのかと勘違いしてましたけど
普通にレプリカントでしたとさ
魂とかどうでもいいかな
この世界のレプリカントは高性能すぎて
もはや人間を超えてしまっていますからねぇ
AI彼女のジョイは何かあるのかと思いましたが一途に主人公を愛してましたね
AIと恋愛ってどうかなと思いましたが
主人公もレプリカントなので一応AIですから、アリなんでしょうね
ダラダラとストーリーが進みデッカード登場、二人はなにやってんの
でレプリカントのから産まれた子供を探している会社の人達が現れて
お腹を怪我する主人公、さらわれるデッカード
アレ主人公のコートに小さい機械を入れたのは会社の人じゃ無かったのね?
えっ、人類に対して反乱ですか
産まれた子供を旗頭にして
えー、ベタ
で会社に存在がバレたくないからデッカードを殺してねと
お腹の怪我はなぜか治療してない感じ
会社のトップとお話したデッカード
違う場所に運ばれて拷問される予定
主人公が襲撃して撃墜、水のある場所に墜落、会社の女性レプリカントと戦闘、
またお腹に怪我
女レプリカント殺す
デッカードを助けて、本当の娘に会わせに連れて行って主人公死亡
デッカードは娘に会いました…
感想を書くつもりがあらすじを書いてしまった
あっそうそうAIの彼女ジョイ役の女優さん、かわいかったですね

このレビューはネタバレを含みます

・2049年レプリカント捜査官のK(ライアンゴズリング)は自身の出生の秘密を知るために、かつてのブレードランナーのリック・デッカード(ハリソンフォード)の行方を追う
・前作はアンドロイドと人間の対立構造があったけど、今作は自身の存在意義を問う禅問答なやり取りになるにつれテンションが右肩下がり
・サイバーパンクな都市のイメージが強いブレードランナーで今回はシンプルで空間的な広がりがある美術がヴィルヌーヴ印
・未来のダッチワイフことホログラムAIのジョイとのやり取りは現代的なテーマをはらんでいたし、ベッドシーンはドキドキした
・タルコフスキーとの類似性を指摘する記述がかなり腑に落ちた
Tylor

Tylorの感想・評価

4.5
まじでツボだった
漂うフィリップKディック感
設定も内容も小道具も不条理な雰囲気
カラコンつけて本当に目の見えないままやったジャレットレトの神聖さを感じさせる不気味さ
本編の演技もよかったけど短編のネクサスドーンの演技の方がキャラが立ってた
好き嫌いわかれるだろうけど分かれさせたからこその作品だと思う
Riku

Rikuの感想・評価

4.5
続編は大抵スケール大きくしてすげぇ!!ってのが常だけど
これはスケール大きくしつつ作品自体が深化してるのが他とは全く違うところ

まだ見てない人は公式サイトで2049年までに起こった事件を観ておくとすんなり観れると思います
好き嫌いが分かれそう。昨今のテンポの良い映画に慣れてる人には眠いかも……

映像そのものはかなり凝っていて良いと思う
前作に引き続き世界観とビークルがとてもいい♪

1作目を更に深い作品にしてくれた♪
>|