ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Tomoya

Tomoyaの感想・評価

-
うーーーん
小杉

小杉の感想・評価

-
前作を見てからもう一度見ます。すみません。

このレビューはネタバレを含みます

美しく、そして考えさせられる
非常に面白い作品だなと思った。

ジョーが最後までデッカードの息子であると信じさせ、
最後の最後にただのレプリカントだったというエンド。
人間とレプリカント、AIの違いはなんなのか?
この問いについて前作以上に考えさせられた。

長い映画であるが間延びせず、内容も詰めまくり、映像でも魅せてくれる
結構ヘビーな濃い映画だった。
でもその分感想がまとまる感じではない

主人公の気持ちをこちら側に考えさせる部分は前作と引き継いでいるので
人によって様々に考えることができるんじゃないだろうか。

-0.5は面白いのに詰めすぎてて重く、
2度目を観るのは勇気いるなって思ったから。
ToshiTaka

ToshiTakaの感想・評価

3.9
一作目に続き、退廃的な映像が印象的
少しわかりにくい面あり。
しぇい

しぇいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭シーンからワクワク!
農夫のスーツが格好いい。

先の展開が読めない映画は久しぶりだったので、終始心地よい感覚で観られました。

“奇跡”をめぐる捜査。

その中で、自身のルーツ、アイデンティティに向き合うことになる捜査官を、ライアン・ゴズリングがリアルに演じていました。

ライアンの見開いた目が、人間とレプリカントの中間のように見えシーンには胸を掴まれます。

そして、「バトンを渡す」ラストシーン。
真っ白い雪の中に身を横たえるのは、全てを終えてまっさらな状態になったことを暗示しているかのようです。
本当に美しい。
jk298

jk298の感想・評価

1.0
監督の色濃過ぎ、アリだけど要らない方向
hsmt

hsmtの感想・評価

3.8
前作とはまた違うSFで最初から最後まで飽きずに鑑賞。
サスペンスぽさもあり、何よりライアンゴズリング、シルヴィアフークス(強すぎ)がレプリカントにハマってます。
終盤、ハリソンフォードが出てくるシーンも好きです。
今回は人間らしいレプリカントの感情が見え隠れして、切なさを誘って来ます。
gatty

gattyの感想・評価

3.8
壮大で近代的で寂寥感があった。ハリソン・フォードが登場する場面は、インパクトがあった。続編としてライアン・ゴズリング主人公は適役だと思った。
前作のファンのための映画でしたね。正直、ハリソン・フォードを出す必要はなかったと思いますが、脚本上仕方がないか…。
前作が早く人間になりたいレプリカントの話で、原作の宗教観は排除されてましたが、今作は少しだけソレを感じました。おそらく、原作のファンが脚本作ったのでしょうね。
前作のイメージを崩さなかったこと、レプリカントが無理なくバージョンアップしてたこと、社会の変化が描かれていたことに好感を持ちました。
>|