ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

IMAX 3D
浦和のオレの席で
この席は没入感5億点

作品は百億点
美術最高!
スモーク最高!
雪最高!
プジョー最高!
ビーチク最高!
実はオレもレプリカント最高!
飲酒犬も最高!

ラブリー!
BE

BEの感想・評価

3.7
ライアン・ゴズリングの死んだ目とアナ・デ・アルマスのポニーテール。
なす

なすの感想・評価

3.4
映像がすごく綺麗だったしSF感がすごくあった。でも内容がわかりずらい。この対立現実離れしてて重要性がわからないなら映画に入り込めなかった。
 アメリカではドナルド・トランプが大統領になったことで白人至上主義者が勢いづいているという話だ。人種の坩堝、多様性の集積みたいな国であるアメリカで、民衆の精神が全体主義、画一主義に傾いているというのは、まさに不穏な現代という時代を象徴している。
 本作品は白人と黒人の対立図式のように、人間とレプリカントの差別構造を描く。小競り合いが長期にわたって延々と続くような中途半端な対立ではなく、どちらが生き残るかという究極の争いになるところがアメリカらしい。アメリカという国は精神性の深いところにレイシズムが横たわっていることがよくわかる。
 ヴィルヌーヴ監督は「メッセージ」という思索に満ちた傑作で哲学的な世界観を披露した。この作品でも人間のアイデンティティについて最終的な問いかけをしている。
 その答えが、家族や血の繋がりといったアメリカ人の大好物に近づいていくところは不満だが、必ずしも主人公の目的や行き先がはっきりしておらず、ベクトルのままでストーリーが終わるところは「メッセージ」の手法と似ていて、観客に多様な解釈を許す。「メッセージ」には及ばないものの、こちらもスケールの大きな傑作である。

2022年、ネクサス6型レプリカントは寿命を迎えて絶滅しました。タイレル社はそれを受けて、もっと寿命の長いレプリカントを製造します。それがネクサス8。レプリカントの寿命が伸びたせいか、人間至上主義がはびこり、レプリカント狩りが起きるほどになります。「スキンジョブ(人間もどき)」という差別用語もうまれます。

そして複数のレプリカントによって「大停電」が引き起こされます。彼らは、政府のデータを破壊する事によって、人間になろうとしていたのです。本作では、レプリカントの心情が色濃く描かれています。

人類にあって彼らにはない、はずだった生殖機能。「その子供」の存在はレプリカントが人類と同等の生物である事を証明するものになります。人類至上主義の考えをもつ人間にとって大変なる脅威で、この事態を一刻も早く終息したい、となるわけです。

Kと私たちが抱く仮説は、Kはデッカードとレイチェルの息子なのか?彼自身もしやとは思うのですが信じられません。今まで、自分がレプリカントであるという自覚を持って生きて来たわけですから、そう簡単に受け入れられない葛藤があります。

アナ・ステリン(レプリカントの子供)の存在を隠し通していたレジスタンス・リーダーはKに「娘が本物の子供で、お前はコピーのレプリカントだ」と告げます。 残酷な真実を突きつけられたKは絶望します。葛藤して、何者であるか受入れたのに、しかしリーダーは「自分だと思った?ここの誰しもが、自分だといいと思うの」と彼に言うのです。Kだけでなく全てのレプリカントが、魂のある人間になりたかったのです。

レプリカントと人間の違いは何なのか?
レプリカントやホログラム(人工知能)が、死に直面して生を求めるところが印象的です。私たちは死を前にしてよく考えてこそ、よく生きる事につながるのでしょうか?

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の長くて難しい映画でした。こうして振り返ってみて初めて理解が進みました。
rym

rymの感想・評価

3.6
ライアンゴズリングちょーカッケェ!!
最後の寝そべるシーンやばい。
しっかり話も続いてて面白かった。
ひろ

ひろの感想・評価

4.3
ブレードランナーの世界そのまま、プジョー製スピナーも嫌いじゃない(о´∀`о)昔見たときはそんなに面白いのか?とも思ったけど今見たら面白いゴリゴリのSFとチープなセット、映像の迫力、余白のある終わり方、これ、続くのか?ゴズリングは表情変わらないのにどうしてこんなに愛くるしいのか、一コマ一コマカッコ良すぎる(ノ_<)
難しくてよくわからなかった、、
ライアン・ゴズリングがかっこいい映画。
旅行帰りの機内で半分寝ながら鑑賞。

私の夢の中で映画のシナリオが書き換えられ友人が登場!追い詰められる私。
夢も映画もほとんど覚えてないけど、目覚めは最悪。

寝ていたときに配られたと思われる機内サービスのアイスが、目覚めたときに程よく溶け、美味しくいただけたのはよかった。

疲れてるときは、単純な映画がいいね
も一度みます
あわし

あわしの感想・評価

3.6
技術革新とか色々素晴らしい
>|