ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

IMAX 3D
浦和のオレの席で
この席は没入感5億点

作品は百億点
美術最高!
スモーク最高!
雪最高!
プジョー最高!
ビーチク最高!
実はオレもレプリカント最高!
飲酒犬も最高!

ラブリー!
「ブレードランナー」で明かされなかったレプリカントの秘密やデッカードとレイチェルのその後を紐解いていく映画かと思いきや、ライアン・ゴズリング演じるKの新しい物語がメインだった。
しかしラストの感動ポイントは前作を観た人にしか理解しにくいものになっていて、やっぱり前作を観てないと楽しめないと思います。
世界観は若干変化しているものの演出や音楽は前作から引き継いでいて、始まってすぐからジワ〜っと来るものがあった。
序盤は「あー このパターンね、割とベタな続編映画の展開かな?」と予想していたのだが、後半からは予想の斜め上の展開をしていき、
ベタな展開でもいいのに... ゴズちゃんが可哀想...となった。
前作から2049に大きくプラスされた要素は生々しさ、エロスだと思う。2049のレプリカントは本来、機械にはないはずの生々しさやエロさを持っていてる。その為、前作のレプリカントよりもより人間らしさが感じられるようになっている。
この追加要素はとても良かったと思う。
まだ未完結の要素もあるし、また続編が楽しみ!
fakeとrealは


すごい。ずっと鳥肌モノだった。特にエマネーターは、R帝国に出てくるHPの様で何か感じざるを得なかった。エマネーターは、今後確実に現実世界にも出てくると思う。
ただのSFではなく、この世界の行く先を示している気がした。だからこそ、どこまでが現実でどこからが虚構なのか分からない。全て起こりそうであり、またその逆で。

レプリカントとAI。どちらも人間ではないが、人間よりも人間らしかった。レプリカントは感情、AIは身体がそれぞれ不足している。あのシーンはきっと、人間になる準備は出来ているということなのではないか。

グッドジョーいい人間でいるよ
前作見てないので話がめちゃくちゃ難しい!
スコアは前作見てからつけます!
optyz

optyzの感想・評価

-
切ない。誰かの代わりだったとは、どこからがコントロールされていた行動だったのか、自由とは、人とは。
映画館で観られて良かったと思える映画。
前作は、話の内容はちんぷんかんぷんで、何度か観ないとよく分からなかったですが、その分世界観が新しいというか珍しいもの見せてもらったというか、その点で記憶に残る作品でしたが、さすがに今作は世界観だけでは勝負出来なかったですね。もう見慣れている感じがして。
なのでその分内容勝負だったのかもしれませんが、そうなるとこじつけっぽい部分がどうしても目立ってきて、難しい内容になりがちなのかなと思いました。全然違いますが、例えばマトリクスのように続編になればなるほど話がわからなくなる感じというか、そういう印象を受けました。
続きがありそうな終わり方だったので、まだ続くのかもと期待してます。
映画館で観るべき映画ですね。音と映像の迫力は満点でした。
yume

yumeの感想・評価

4.1
わたしの父が『ブレードランナー』をリアルタイムで観たそうで、その続編なるものを娘のわたしがリアルタイムで、しかも劇場で観れるなんて!とまずそこに感激
そして内容はというとも〜〜前作に引き続きも最高におもしろい!!スタイリッシュでスピード感ある展開、さらにレプリンカントという人間じゃないけど人間に近い彼らに芽生える感情なるものの描写もちゃんと丁寧に描かれていて、共感を煽るし、ずぶずぶこの世界観に呑まれていく
あと舞台がまた日本的要素があるってのもちょっと嬉しかったな
2049年には自分の想像を遥かに超えたロマンがありました
メモ

メモの感想・評価

3.0
映像美に圧倒されました。

主人公の葛藤や不安、希望などの感情が静寂の中でなされているのですが、
そんな中映画全体としてはカルトとエンタメのバランスで言うと、エンタメに寄せているので、そのバランスが私的には若干飽きてしまいました。
さかな

さかなの感想・評価

4.1
前作は何度か寝落ちしたものの今回は一度も寝ずにラストまで観れました。
期待した通りの面白さで楽しめました
爆音上映にて。
ただでさえ長いのに、映画館が蒸し暑くて空気が悪くて途中楽しめなかった....

一つ一つの画面構成と、SFならではの美しさには圧倒された!!
良い空調だったら3.5かも。。。
>|