ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

IMAX 3D
浦和のオレの席で
この席は没入感5億点

作品は百億点
美術最高!
スモーク最高!
雪最高!
プジョー最高!
ビーチク最高!
実はオレもレプリカント最高!
飲酒犬も最高!

ラブリー!
ライアン・ゴズリングとドゥニ・ヴィルヌーヴ、両方好きだから絶対見ないといけないって思ってて、ハードルを上げすぎたからか一度見てもなかなかピンと来なくて、解説見たり2回見てやっと理解…
劇場で見れずブルーレイで見たけどこれはこれでよかった、映像が美しい、近未来の都市とかギラギラしたネオンも、前作と一緒なんだけどこっちは芸術作品を見た気になれる

寡黙なライアン・ゴズリングはかっこいいね、今まで似てると思ってなかったけど引きで見るとライアン・レイノルズに似てるや
fumi

fumiの感想・評価

2.0
音がすごい頭に残る。
登場人物を1人も好きになれなくて
いまいちでした。
長い!
もっと上手くまとめられたんじゃないかなと思うがライアン・ゴズリングが丁寧に捜査するんだから仕方ないと思えるぐらい丁寧な心情描写が続いた
心情描写が光と影で表されるのが前作との繋がりを感じさせる
ウォレス気持ち悪すぎ
デッカードはうまく老いたハリソン・フォードが生々しさを表現出来ている
後ろで溺れてるあたり、結局はラブも溺死だけど彼は人なんだと思わせる説得力があった
ジョイの思い切りの良さと別れがハードボイルド
乾いた雰囲気が近未来の湿っぽさを妙に浮き立たせてる

長いので時間がある時にブレードランナーと合わせて耐久鑑賞してみたい
筍

筍の感想・評価

4.3
言葉はいらない。この作品はもはやArtなのだから。
ハイテク感すごいけど前作からつながってるのしらんとみたからよくわからん
人間とは。
作品を観る視点は、人によって違うと思う。SF映画の金字塔として名高いブレードランナーの続編とあれば、特に様々な見方をもって、評価することも当然のように思う。

自分はもっぱら、映像的なことでも、前作と比較してということでも、SFとしてということでもない。純粋に「人間ってなんだろう」と思った。

作中では、レプリカントという人造人間は、人間とどう違うのか。目の光なのか、造られたという点なのか、感情や心、記憶の有無なのか、命令を全うすることなのか。

神に生命を与えられたものには、魂があり、人に造られたものには、それがない、という描き方をしていた。人造人間には魂がないということで、物語は進められていた。

Kは、初めから新型のレプリカントとして明言されているが、それらしさはあまり見受けられなかった。自分が息子か否かという時には、動揺もした、葛藤もした。最後には、デッカードを救い、娘と逢う手立てまでした。

Kが人間になる話かと言われると、そうでもない。こんなことを言いたくもないが、生きている人間の中にも、全員が全員、己の魂を磨きながら生きている人であるわけでもない。

人が命を生み出すのは、男女しかあり得ないが、心を生み出すのは、どう生きていくのかで可能なのではないか、と思った。ラスト近く、Kがジョーになったように、命令を下す上司が死んでからの行動を踏まえると、そう思わずにはいられなかった。
dmatuda

dmatudaの感想・評価

-
カルトでありながら、二十世紀のあらゆるメディアに最も影響を与えた映画だと伝え聞く、偉大なオリジナルの存在は知っていましたが、私はSFが苦手なので一度も見ることがありませんでした。ドゥニ ヴィルヌーヴの "ARRIVAL" が性に合ったので、"2049" を見ることにしました。
とても良かったです。神話のようでした。ディテールも素晴らしかったです。特に気に入ったのは、未来の性産業の描写。曇りガラスだけでほぼ丸見えの風俗店に、道行く誰ひとり気にもかけてないという、性欲があるのかないのかわからないところが、近未来ぽい。
それからモテ男 ゴズリングが、二次元しか愛せないという設定なのが (ジョイはホログラムだから三次元?)、ギャグというか、タフガイの未来版として最高に愉快でした。
すごい良かった。
ジョイが投影機から出て、エマネーターに入るシーンにSFのワクワクが全て詰まってる。
ストーリー展開だけなら、まあ、そうかなぁ、そうなるよなぁって感じなんだけど、エマネーター含め細かい部分の作り込みが話を複雑に面白くしてる。
普段映画館で映画観ないけどこれに関してはIMAXで観たかった。

見終わってつい前作を見返してしまった。
>|