ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

1.0
前作のようなワクワク感は感じられず…
きっと少なからず時代が映画に追いついてきてしまったからですね。
映像技術の進歩で、目も肥えてるし。

長いプロモーションビデオ見てるみたいで、途中眠くなった。
劇中にもっと音楽が欲しい。


話もよくある感じで面白さを感じられなかった。
ハイテク感すごいけど前作からつながってるのしらんとみたからよくわからん
人間とは。
作品を観る視点は、人によって違うと思う。SF映画の金字塔として名高いブレードランナーの続編とあれば、特に様々な見方をもって、評価することも当然のように思う。

自分はもっぱら、映像的なことでも、前作と比較してということでも、SFとしてということでもない。純粋に「人間ってなんだろう」と思った。

作中では、レプリカントという人造人間は、人間とどう違うのか。目の光なのか、造られたという点なのか、感情や心、記憶の有無なのか、命令を全うすることなのか。

神に生命を与えられたものには、魂があり、人に造られたものには、それがない、という描き方をしていた。人造人間には魂がないということで、物語は進められていた。

Kは、初めから新型のレプリカントとして明言されているが、それらしさはあまり見受けられなかった。自分が息子か否かという時には、動揺もした、葛藤もした。最後には、デッカードを救い、娘と逢う手立てまでした。

Kが人間になる話かと言われると、そうでもない。こんなことを言いたくもないが、生きている人間の中にも、全員が全員、己の魂を磨きながら生きている人であるわけでもない。

人が命を生み出すのは、男女しかあり得ないが、心を生み出すのは、どう生きていくのかで可能なのではないか、と思った。ラスト近く、Kがジョーになったように、命令を下す上司が死んでからの行動を踏まえると、そう思わずにはいられなかった。
dmatuda

dmatudaの感想・評価

-
カルトでありながら、二十世紀のあらゆるメディアに最も影響を与えた映画だと伝え聞く、偉大なオリジナルの存在は知っていましたが、私はSFが苦手なので一度も見ることがありませんでした。ドゥニ ヴィルヌーヴの "ARRIVAL" が性に合ったので、"2049" を見ることにしました。
とても良かったです。神話のようでした。ディテールも素晴らしかったです。特に気に入ったのは、未来の性産業の描写。曇りガラスだけでほぼ丸見えの風俗店に、道行く誰ひとり気にもかけてないという、性欲があるのかないのかわからないところが、近未来ぽい。
それからモテ男 ゴズリングが、二次元しか愛せないという設定なのが (ジョイはホログラムだから三次元?)、ギャグというか、タフガイの未来版として最高に愉快でした。
すごい良かった。
ジョイが投影機から出て、エマネーターに入るシーンにSFのワクワクが全て詰まってる。
ストーリー展開だけなら、まあ、そうかなぁ、そうなるよなぁって感じなんだけど、エマネーター含め細かい部分の作り込みが話を複雑に面白くしてる。
普段映画館で映画観ないけどこれに関してはIMAXで観たかった。

見終わってつい前作を見返してしまった。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督2017年作品。ライアン・ゴズリング主演。原作はフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」


前作1982年作品のブレードランナーは別格に好きな作品。よく映画の中の乗り物や服装やインテリアなどのディティールへの拘りや細かな凝った作り込みを指して「世界観」という言葉が使われる(一般に使われる世界観とは宗教や思想や哲学や美意識など人の内面を指している事が多いかも知れない)。この映画ほど「世界観」という言葉がが多用される作品も無いのではなかろうか。

ブレードランナーの世界観とは街や都市そのものであり、全ての空間デザインが優れていた事が大きいと思う。観た事もないような奥行と広がりのある世界。街並みやインテリアだけでなく酸性雨や煙や靄そこに時折差し込む光まで詳細に描かれていて、まるで生きた空間だ。画面の端々までキラキラと光と影の演出の行き渡った映像とでも言えばいいだろうか。まるでリアルな世界そのものという印象を持ってしまう程だと思う。そこに静寂なハードボイルドのような超一級のSFドラマが乗って完璧な「世界観」となったのでは・・・・。

そんな映画なんて2度と撮れる訳がない!というか続編なんて観たいと思っていなかったし(苦笑)




本作ブレードランナー 2049は始まって20~30分程で前作ほどの蠢くようなキメ細かな空間デザインが売りではないことが分かる。しかし寧ろ画面を眠たくしてメリハリを殺すことで独自の世界観を作り、けっこう上手く前作をイメージさせていたのは凄く良かったと思う。赤い砂漠や雪景色もいいね。何処となくタルコフスキーをオマージュしているのもいいし・・・・。

この作品の(も)ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の演出は芸術性高いかも知れない。あとはアナ・デ・アルマス扮するホログラムAIが素敵過ぎて(笑)もう私的にはブレードランナーの続編はこれだけ揃えば充分だろうか。また前作も観たくなった(笑)
久しぶりに分からない連発の映画でした
内容が難しすぎるだろこれって
AIとかVRとか近未来的な要素がいっぱい
最後の最後で希望から絶望に落とされるエンディングも辛い
sakura

sakuraの感想・評価

3.3
超タルコフスキーじゃん!herじゃん!
前作の方が未来感あると思ったのはわたしだけ?長い割には決定的にうおお!みたいなのがない。じわじわと静かに盛り上がって静かに終わってった。消化不良。
yanmar

yanmarの感想・評価

2.0
こういう未来を本当にみんな望んでる?

嫌なら今から一人一人が生き方を変えていかないと、SFってエンタメに見せかけた未来イメージの刷り込みだから、本当にこんな世界に近づいてっちゃうよ。。。
>|