ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

1.0
前作のようなワクワク感は感じられず…
きっと少なからず時代が映画に追いついてきてしまったからですね。
映像技術の進歩で、目も肥えてるし。

長いプロモーションビデオ見てるみたいで、途中眠くなった。
劇中にもっと音楽が欲しい。


話もよくある感じで面白さを感じられなかった。
まちこ

まちこの感想・評価

3.0
Kは信じたくない己の現実に堪えたようだけど、
わたしにはプロテインが変な幼虫ってことが結構堪えた。

あとレイチェルが東方仗助に見えて集中できない。ハンバーグすぎる。
pacheco

pachecoの感想・評価

3.5
前作で感じたカオスな世界観に更なるセンスに磨きがかかった映像美にはほーとなったけど、エンジョイしたかと言われるとうーんという感じ。悪くないんだけどね全然。ライアン・ゴズリングがずっと何か言いたそうな表情をしています。
yum

yumの感想・評価

3.3
ブレードランナーの普通の続編としてそれなりに面白かった。ただブレードランナーのように歴史に名を残す名作にはなれなかったと思う。今の技術力で普通に続編を作ってもよくあるSF映画と差がなかった。
nam

namの感想・評価

4.3
「前作の良さや世界観も見事に踏襲し、かつ新しさもある正当な続編!」

前作の「ブレードランナー」やヴィルヌーヴ監督の「メッセージ」どちらも好みなので安心しながら鑑賞。

期待通りの良い作品でした!ブレードランナーの荒廃した未来の都市という世界観も踏襲しつつ、ヴィルヌーヴ監督らしい味付けも加わった美しい画作りが観ていて飽きません。

そしてレプリカントを軸とした「人間」とは何かという重厚なテーマにもさらに一歩踏み込んだストーリー。

ライアン・ゴズリングの感情を抑えながらも微妙な心情な変化を表現する演技力とどれも良かったです。

そして「ジョイちゃん可愛い、欲しい。」と男なら思うんじゃないかと。あの献身的で健気な所も良かった。

ファンも多くプレッシャーも大きい作品の続編を世界観の再現に留まるのみでなく、自身の作家性も出しつつも見事にまとめ上げたヴィルヌーヴ監督素晴らしい!
creamykaho

creamykahoの感想・評価

2.4
記録
飛行機1
つまらなかった、、なんでだろう笑
rei

reiの感想・評価

1.0
くそひどいストーリー、撮影と世界観だけは最高

ドゥニヴィルヌーヴやっぱ嫌い

ブレードランナーを汚すな
駒吉

駒吉の感想・評価

3.0
期待し過ぎていたので、ちょっと残念でした。前作のインパクトが強すぎだんでしょう。
>|