ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

-
ブレードランナー2049ようやく鑑賞しました。 終映間近ギリギリ間に合いました。実はサントラもitunesでダウンロードしてしまう位、楽しみにしてたんです。

ただ物語がさっぱりわかんない!笑
体調不良などもあったせいか、どうしてもストーリーが頭に入ってきませんでした。
そしてトイレとの戦いが辛かった....。

AIの彼女とのシーンや、プレスリーやシナトラのホログラムが流れている中での、ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードの殴り合いなどは面白かったんですが....。

物語は帰宅後詳しいストーリーを、ネットで調べて補完しています。今は採点不能と言う事で、DVDがレンタルされてから、再度チャレンジさせて頂きます。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とても難しくてレビューを先延ばしにしていました。この映画は前作のブレードランナーの持っていた哀愁的な世界観をしっかり出していてとても好きでした!人間なんじゃないかって淡い期待を抱きじつはその人間のカモフラージュのためのレプリカント。泣きそうになるくらい切ないけど最後に非論理的な行動をする主人公はまさしく人間だと思った!というか人間の定義ってなんなんでしょうね?生物学上では明確かもしれないですがそれだけで決められる問題じゃないのはこの映画を見れば一発ですね!そんなことを考えさせられました!最後の行動だけでなく物語でずっと悩み悩んだ悩む主人公をずっと自分たちは人間としてみているわけですしハリソンもそれを確信して目の前のレイチェルと同型のレプリカントの射殺を拒まなかった、、そして主人公が大切にしていたデータ型の彼女。ホログラムが消されるとき圧倒的に主人公と同じ喪失感を覚えた自分にとってそれはデータを超えた何かを感じました。そうした人間とその他の違いって?っていうところは言語的には抜け落ちて伝えられないから、こういう視覚的な物語によって、あーそうなんだよな、そういうことなんだよなってわかるという体験を自分はほんとに大切にしたいです!
minato10

minato10の感想・評価

4.0
人の代替のために作られた「人モドキ」レプリカントやホログラム。労働力や心の隙間を埋めるなど、便利だが何かが抜けてモノ悲しい存在。主人公と敵のレプリカント両方が自分の意思を尊重し動いている。人間はウソの報告に気付かないし疑念をもたない。コントロール下にあると錯覚してる部分が、これから訪れるAI社会への警鐘として感じる。映像美と音楽も素晴らしかった。ゴズリングとアルマスのキャストあってたし雨に打たれる姿キレイだった。
みねる

みねるの感想・評価

3.5
少し長すぎて疲れてしまった
個人的に自分の部屋で観るには適さなかった
世界観や設定は好きなのだがストーリー的に少し退屈で途中で余所見してしまい内容が所々頭に入って来なかった
ただでさえ趣味丸出しの部屋なので,少しでも集中力が途切れると別のモノに意識が移ってしまう
なんか半分くらいのところでギターに手を伸ばし,気づいたら映画そっちのけでギターを本気で弾いていて完全に置いてけぼり…

やはり特に尺の長い映画は映画館で観るべきだとしみじみ感じた
2018/4/18

深い。

子を守る親の気持ち。

命。摂理。特別

誰もが自分を特別に感じる。

個人的に
ライアン・ゴズリングが好き
蟹

蟹の感想・評価

-
4/15 SF研新歓
こっちの方がすきだなあ
ヒロインが可愛い
吉野萌

吉野萌の感想・評価

3.6
わくわくした〜
Haruna

Harunaの感想・評価

4.0
長いけど良かったです 良いゴズリング
前作観てから観たほうがいいと思います
lin

linの感想・評価

3.5
これだけ高評価のなかこのスコアで申し訳なくなる

ただわたしには眠かったし、難しかった
>|