ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

-
ブレードランナー2049ようやく鑑賞しました。 終映間近ギリギリ間に合いました。実はサントラもitunesでダウンロードしてしまう位、楽しみにしてたんです。

ただ物語がさっぱりわかんない!笑
体調不良などもあったせいか、どうしてもストーリーが頭に入ってきませんでした。
そしてトイレとの戦いが辛かった....。

AIの彼女とのシーンや、プレスリーやシナトラのホログラムが流れている中での、ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードの殴り合いなどは面白かったんですが....。

物語は帰宅後詳しいストーリーを、ネットで調べて補完しています。今は採点不能と言う事で、DVDがレンタルされてから、再度チャレンジさせて頂きます。
shino438

shino438の感想・評価

3.0
情けないネクサス9型のライアン・ゴズリングを主役にした、「同じ世界感だけど全く別の話」にしたほうがもっと面白かったと思う。そのくらいにKとジョイのエピソードが魅力的で、そして切なくて、レプリカントの起源とか叛乱という要素はあまり興味を持てなかった。ただ今やカルトSFの金字塔となった前作の「続編」としてはこのくらいにうまくまとめられたのは素晴らしいとは思う。映像はとにかく素晴らしい。今回もドゥニ・ヴィルヌーヴはいい仕事してますな。ジョイの端末欲しくてしばらくiPhoneの着信音を「ピーターと狼」にしていた。
krdb

krdbの感想・評価

3.6
そもそもSF作品がさほど好きではない自分なのでブレードランナーにも食指が伸びず見たのはつい数年前だったけれども、本作にも共通して「人間が人間たらしめるものとは何なのか」がひとつの大きなテーマとなっていたように思う。クレア様ことロビンライト様が相変わらずカッケー。
すがい

すがいの感想・評価

4.4
前作からそうだけど、
説明しすぎない感じがとにかく好み。
ちょうどよく想像の余地があって、
終わってから友達と話すのも、
自分で妄想するのも、めちゃ楽しい。

時間は経ってるけど、前作のちゃんと続きになってて、
リスペクト感というかなんというか、
とりあえず前作を直前に観ていてよかった。

街並みや機械も、すごいスタイリッシュになってたし、
ライアン・ゴズリングも良かった。
もっと好きになった。
上旬

上旬の感想・評価

5.0
これですよ見たかったのは!!長さなんて気にならないくらい見入っていた。

ヴィルヌーブ監督の絵作り、テンポ、音楽の使い方、演出、全てがブレードランナーという世界観に合っていて、そして大好きでした。そもそも監督の資質と合ってるんでしょうね。

最初の目のアップは前作と同じなんだけど、もうそこから鳥肌がたって仕方なかった。

前作には及ばないにしても、続編としては完璧ではないでしょうか。
り

りの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観ていて心が躍ったか聞かれると肯定出来ない。正直眠たくなる時もあった。ただ、前作と共通しているのは観終わった後の余韻と様々な回想をさせてくれる所。これも映画の良さだなぁと。

自分がレイチェルの子どもでないことを知った時のKのシーン。レプリカントの悲哀、孤独が一気に押し寄せてくる。

退廃的な舞台。静けさ。空白余白を活かしたカット割り。そして何よりライアン・ゴズリングの憂いを帯びた演技。全てがまさしく"芸術"だった。特にデッカードがいる地に降り立ち歩きだす時のバックカット、ラストの雪のシーン。綺麗だったぁ…
個人的に、続編としては素晴らしい出来。オリジナルへの尊敬を忘れずに独自の世界観を切り取っている。男性女性ともにキャストが光ってて魅力的。なんとも切ないラスト。
今作もアート感満載。映像美すごいって噂聞いてたけど、画質の綺麗さとかではなく、映像アート美って事だったのね。

確かにどの建造物とってもキレイな壁紙になりそう。

ただ長い!めっちゃゆっくり。盛り上がりもまあ少ない。完全にアート作品すわ。

世界観で飯三杯食えるような人には良いけど、僕は退屈ぎみでした。

視聴後、もっと考察とか時代背景を掘り下げて行くなどの楽しみ方はあると思います。
こやち

こやちの感想・評価

3.8
ジョーは奇跡の子でありたかったのかな。自分の記憶が本物の記憶だって思える事がアイデンティティ。

こんな映画を観てるとレプリカントに肩入れしちゃってるけど、現実ではAIが自我を持つなどという事は想像したら恐怖ですね。頭脳的には絶対負けるに決まってるしアンドロイドならフィジカル的にも負けちゃうし。AIの進歩とは限りなく人間の感情にも近い物を持つ事なのか?
siriと話が噛み合わなくて悪態ついてる位が丁度いい?(最近生意気にも冗談とか言ってきてちょっとヤダ)

最期の雪のシーンがとてもキレイ。

ライアン・ゴズリングは「ラ・ラ・ランド」よりもこっちの方が素敵。

コカコーラとSONYは30年後も安泰らしい。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.8
アート作品ではあるが、二転三転する展開は純粋に楽しめる。

実存を問う哲学的なストーリーにも感じられ、世界観含め前作を継承している。

長尺を感じさせないのもこの作品の魅力を証明している。

ロジャー・A・ディーキンスによる撮影は見事。
>|