ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

-
ブレードランナー2049ようやく鑑賞しました。 終映間近ギリギリ間に合いました。実はサントラもitunesでダウンロードしてしまう位、楽しみにしてたんです。

ただ物語がさっぱりわかんない!笑
体調不良などもあったせいか、どうしてもストーリーが頭に入ってきませんでした。
そしてトイレとの戦いが辛かった....。

AIの彼女とのシーンや、プレスリーやシナトラのホログラムが流れている中での、ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードの殴り合いなどは面白かったんですが....。

物語は帰宅後詳しいストーリーを、ネットで調べて補完しています。今は採点不能と言う事で、DVDがレンタルされてから、再度チャレンジさせて頂きます。
B5版

B5版の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ブレードランナーの前作の続編っていうより、
今作は”魂を持たないとされる”レプリカントKの物語として、好き。
ライアンの抑えてるのに感情豊かな演技すごい。

今回は人間ほぼ出てこないんですが、
特別な誰かでありたい、と願う特別ではない人造人間Kの姿は
現代人の空虚さ、誰かとの繋がりの儚さ、承認欲求の強さそのものだと思う。

命令、大義、与えられた生き方を拒み、
人間らしい選択、死に方をしたKを通じて、
人間の私は人間らしい生き方をしているか、考える。
Moguo

Moguoの感想・評価

4.4
ストーリーは着地したかよくわからないし
雰囲気は重いし
音はでかいし
疲れたって印象

なのに、去年見た映画の中で一番印象に残ってる作品
なんならもう一度見たいって思ってた…見に行けなかったけれど

あの暗く重苦しい世界観の中で、なんとなく感じてしまう次どうなるのって言うドキドキ感をもう一度味わいたくなる、そんな作品
前作に特に思い入れがある訳でもないですが、前作を大切にして作られたのが伝わります。

ストーリーの完成度は高いと思います

あんな可愛いバーチャル彼女が現実にもできたらいいな〜
EriK

EriKの感想・評価

3.0
ヴォーーーーン
①11/5@新宿バルト9
②11/15@新宿TOHOシネマズ
③11/19@新宿ピカデリー
④11/22@新宿TOHOシネマズ
⑤11/29@新宿ピカデリー
⑥12/3@新宿ピカデリー
⑦12/6@立川シネマシティ
⑧12/9@新宿ピカデリー
⑨12/10@新宿ピカデリー
⑩12/16@新宿ピカデリー
11.12/20@新宿ピカデリー
12.1/1@新宿ピカデリー
13.1/5@新宿ピカデリー
14.1/21@丸の内ピカデリー
OGokturk

OGokturkの感想・評価

4.5
Story: 4
Cinematography: 5
Acting: 4
Enjoyment: 5

Overall: 4.5
chisato

chisatoの感想・評価

3.0
丸の内ピカデリーにて。レプリカの話だけど正直何の話なのかわからなかった笑 3時間は長い。全体的に長回しショットが多いしまた寝ましたw ハリソンフォードが登場するのは2時間後です、待ちくたびれます。関連:『複製された男』

AIが彼女なところは『her』、緑の自然の中に住んでるのは『エクスマキナ』を連想させる。30年後の世界ということで『her』よりも進んだAIの姿が観れたので、未来がますます楽しみになる。AI役の女優アナ・デ・アルマスがめちゃ可愛い。しかし総じて私の苦手なSFアクションだった。
koji

kojiの感想・評価

5.0
満点です‼️ブレードランナーの続編。ブレードランナーの退廃感、そんな中にあっても、だからこそ強い光‼️これから何度も見返す映画になりそうです‼️
>|