ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

"自分"とは。

与えられた任務を全うする事を、ただただ繰り返す日々。

そんな中、宙ぶらりんの希望が。
これは俺のモノ?
他人のモノ?

物語が進むにつれ、その希望は段々と近づいてくる。
やった!俺のやん!

そう思ったのも束の間。
スルリとどこかへ飛んでいく。

でも、それはきっかけに過ぎない。
彼の手中に収まらなかった希望は、彼が欲したモノへと導いてくれる、ピースの一つだった。

望んだ未来は手に入らなかったけど、思い描いていた形とは違うけど、彼の物語は、彼の望む形で結実した。

儚く、孤独に見える最期だが、彼の表情からは喜びが見て取れたのが、何よりの救いです。

いやぁ、泣いちゃいましたね。
Maxy

Maxyの感想・評価

4.2
こういう映画は感性を養うために定期的に見るべき。
Aris

Arisの感想・評価

3.6
すごい映像美や視覚効果でこの映画の世界観を表現してるなぁ…と。全体的に物静かだけど、飽きずに終始この世界観に引き込まれた。やっぱりライアン・ゴズリングはどこか憂いを帯びていたり、もの悲しく切ない役が似合うなぁと改めて感じたし、そんな彼にすごく惹かれる😍ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードご対面のシーンは興奮した😆でも、とにかく切なかったなぁ。あんなに頑張ったのに…
世界観に関しては満足。このパークがあるなら是非行ってみたい。ストーリーも前作を逸脱することなく、見事にトレースしてみせる。だが自分は『語り直し』の意味がわからない人間なので、今のブームが疑問。リストーリーというやつか?ならば切り口を変えねば意味をなさないのでは?ただこれを見て、なぜリドリー・スコットに興味を持てなくなったか判った。かれの閉鎖空間はとてつもなく魅力的だが、外はそうでもないからだ。オリジナル版の美術スタッフに改めて敬意。
レイチェルは本物?
長いかなとも思ったけど、ブレラン好きにはたまらないですね。ちょっと切ないなぁ。幸せになれるといいなぁ。
前作がレジェンドだっただけに、今映画の評価が低いのは仕方ないのかもしれません。が、35年前に公開され、伝説的に語り継がれてきた作品の続編をよくここまで作り上げたなと感服。
称賛された、湿暗く退廃した設定=近未来感はブレイドランナーの代名詞的な世界観ですか、その雰囲気は継承されていたように思います。
ただ、ストーリーが続編とは言え、前作を意識し過ぎている点、複雑なようで無理な設定が多く雑になった感が否めない点、ストーリーの核心がクールではない点、そしてなにより、インパクトが無かったか点があり、高評価出来ませんでした。自身、未だに前作のレジェンド感が捨てきれていないのかも。
大好きなスターウォーズシリーズ(スピンオフ含む)は、続編、スピンオフともストーリーに筋があり、且つどの作品も似て非なる世界観があり、良くも悪くもインパクトがあります。
設定が違うとは言え、SFに必要な要素だと思うインパクトに掛けた点が残念。

前作をあまり意識せず、うんちく無しに、SFの話題作的に見 ると十分に楽しめる映画です。
ゆらぎ

ゆらぎの感想・評価

1.4
拠りどころ、糧となるのは、何?

このレビューはネタバレを含みます

思い出補正の期待に応える出来。
アンドロイドの「自我」の次は「繁殖」というテーマ選びが難解でなくマス向け。
アナ・デ・アルマスが激カワ。
Areru

Areruの感想・評価

3.7
1作目を見直してから鑑賞。映像、音楽、素晴らしいです。
ちょっと長いかなぁ
>|