ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Emy

Emyの感想・評価

3.7
静かだけど強くて、目を離せない映画だった◎ この映画がすんなり入ってくるぐらいの知識も想像力も欲しい…
みけ

みけの感想・評価

4.4
前作の世界観を壊さずに製作されていると思う。映像も冒頭から好きな感じだった。映し出される一面のソーラーパネル、微かな光が差し込むだけのサッパーの家etc…。

ライアン・ゴズリング演じるKが切ない。自分は望まれて生まれてきた存在でありたい。それはとても人間味のある願望である。

2回目に観た時にはラヴが結構好きになってくる。
SONYがしつこい!
劇場でもう一度見たい。超好き。ハンスジマーにもやられた。
tsuyo

tsuyoの感想・評価

2.8
続編ものとは知らずに観た。
暗くて、ジメジメ、アジアな香り。これは前作を引き継ぐ雰囲気。
淡々と話が進み、激しい盛り上がりはなかったな。最後のシーンを見て『ここに辿り着くためか、、、』とトーンダウン。そういや前作もそんな感じやったか。
映画館で観たら、また違った感想やったんやろか。
難解でした。楽しく観るではなくて、考えながら観ないといけません。
でもよくわかんない。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.5
単色でカラフルとは言えない背景。
まり

まりの感想・評価

4.0
良かった気がする
明るくはなれない
よし

よしの感想・評価

3.4
一作目から見ればまた感じ方も違うのかなぁ〜。

何のためにあそこまで命をかけて戦うのかがいまひとつ伝わらなかった。
AI?の女の子が可愛かった。
>|