ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.6
最初のSONYクレジットでの音の厚みにドンっと押されて圧倒されてしまった。
ライアン・ゴズリングかっけぇ。

私にはやっぱりちょっと難しい世界観なんだけど、ラストシーンすごかったなぁ。
上映時間も含めてすごくお腹いっぱいになった。
kondochang

kondochangの感想・評価

3.9
未来の話
AshLynx

AshLynxの感想・評価

4.4
【エデンの園】

1作目の世界観を懸命に再現しようとした努力はそこら中に。あの香港的な雑多な汚さやデッカードのうどん食・超住みにくそうな部屋のオーラと比べると少し根負けしているが。

テーマは明確化されているのでその点は良かった。デッカードとレイチェルの種を越えた狂おしいまでの愛、レプリカントの不遇などが徹底的に描き上げられていて大歓喜。1作目で不満だった点があらかた解消されている。

ただ、前半に説明が多過ぎて木馬を発見した時の衝撃が薄かった。(ヒントは例の木に彫られた数字を見た時のフラッシュバックだけでもいいような)BGMが爆音で轟いている中、取り残されてる感がどうもね…。前作が解釈を委ねる抽象的なタイプの映画だっただけに、万人受けする為に分かり易くし過ぎたのが仇になってしまった。

レイチェルとの出逢い(伝説の始まり)の音声が流れた時はギョッとしたよ。なんだか妙な気持ちになりますねぇ!こういう絶妙な演出で前作を絡ませてくる感じが最高。


「エデンの園を再び我が手に」とウォレス(ジャレッド・レト。ラスボス感半端ねえ…)の言葉がある。

レプリカントに全てを任せ人間が一切労働することなく繁栄を享受できるなら、まさしく「エデンの園」の再来だ。神が地を創り人を創りエデンの園を創ったのなら…まさしくブレードランナーの未来は人類が神となった新世界。

まあウォレスの策略が成功してレプリカントを完全に支配下におけた場合だけど。

レプリカントと人間…決着をつけないといけない展開かあ。ある種宿命の戦いなのかねえ…。


色々書いたけど、全体的に驚愕するレベルの素晴らしい出来。ファンの心を鷲掴みにした理想的な続編。3作目も期待大ですね。
コアラ

コアラの感想・評価

3.8
前作を見ないまま鑑賞してしまったことに後悔。重くて暗〜い雰囲気が好き!
ママン

ママンの感想・評価

3.5
公開当初スグに観に行ったわよ。だけどイマイチだったの💧スコアはあの世界観の美しさやアナ・デ・アルマスちゃんの可愛い&びゅーちほー💋さに捧げてます 😘

【個人的に前作のままで良かった】

なんと言っても大嫌いな幼虫がドドん‼️と出てきて興ざめ😱

でもね実際、

映画で例えるなら…ジェニファー・ローレンスとクリプラの『パッセンジャー』とかあるじゃない?
ああいう風に地球を脱して他の惑星に移動となると、その間《家畜は飼えない》らしいのよ、もしくは新しい惑星に降りたってスグも無理みたいで、その間どうやって『(動物性)タンパク質を補給するのか?』というと、幼虫を食べれば良いという話があって……
ブレラン2049観てて「このことやん‼️💦」思ってしまった…という理由(大)

『トータル・リコール』も「前のが面白かったじゃん」っておもってたけど、これも同じなのよ、、、ごめんなさい🙏

ジャレッド・レトはこういう役ハマるよね😅
孤独なブレードランナー(レプリカントハンター)″K(=ライアン・ゴズリング)″が、命がけの自分探しの旅に出るって話☆

名作中の名作といわれる前作「ブレードランナー」から30年後の世界を描く正統続編。故に前作観てない″一見さんお断り″な作品です。
難解な前作同様、本作もなかなかに難解(であるとわたくしは感じた)な作品。

自身もレプリカント(人造人間)でありながら、ブレードランナーを生業にしている″K″。そんな彼の心の支えは電影少女の″ジョイ(=アナ・デ・アルマス)″。
互いに作り物である者同志が愛し合う姿に、純粋さと切なさで居たたまれなくなります。

自身の断片的に残る記憶と捜査の過程から、
「あれ?オレ、ひょっとして″選ばれし子″じゃね?」
なんて空虚だった自分に僅かばかりの希望を見出だしてしまう″K″。

終始、重たく暗い、沈痛な展開が続く上に、上映時間も長く(163分!)、続編ということもあって、鑑賞者を選ぶ作品ではあると思いますが、繰り返し観賞したり、様々な文献や評論、解説文などを調べまくって、自分なりの納得点を見つけるのが楽しい一本(* ̄ー ̄)☆


○キャスト○
ライアン・ゴズリング/K(KD6-3.7)
ハリソン・フォード/リック・デッカード
アナ・デ・アルマス/ジョイ
ジャレット・レト/ニアンダー・ウォレス
シルヴィア・フークス/ラヴ
ロビン・ライト/ジョシ警部補
マッケンジー・デイヴィス/マリエット
カーラ・ジュリ/アナ・ステリン博士
レニー・ジェームズ/ミスター・コットン
デイヴ・バウティスタ/サッパー・モートン
エドワード・ジェームズ・オルモス/ガフ
バーカッド・アブディ/ドク・バッジャー
ヒアム・アッバス/フレイザ
ショーン・ヤング/レイチェル
これね
僕には難しかった
JonathanE1

JonathanE1の感想・評価

3.9

映像世界や未来世界の設定がとにかく美しい。、そしてしっくりくる。普通の今のSFやアクションは展開や画面の動きが速すぎてついていけないが、この映画はスローに進む。ハリソン・フォードは、後半に登場する。前作と共に味わえば魅力がさらに増すと思われる
2回目。
オリジナルよりこっちの方がサイバーパンク色が強くて好み。
砂漠と雪はこれから新しいアイコンになっていきそう。
ちらっと登場した受付のスキンヘッドが最高にモードで良い。
>|