ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Kuz

Kuzの感想・評価

3.9
常に漂うカオスでシリアスな空気。kは最後まで報われず。切ない
アクションも見応えあり、ヒューマンドラマもありなにより鑑賞者にこれからの社会について考えさせることが良いです。飽きなく楽しめました。長いと言われてる方が多いですが自分の場合全く長さは感じませんでした。前作鑑賞が必須です。でないと全くわからないと思います。前のレビューでもいったのですが一緒にブレードランナー証言録という本も一緒に読むと尚楽しめますのでおすすめです。
IQ低い人は何が何だかちんぷんかんだと思います。とりあえず映像美はすゔぁらしかったです。あと、最後の方の溺れそうになるシーンはハリソンフォードがずっとアップアップしてて草でした。ほぼほぼ理解できてないので評価はしません。
yoshijima

yoshijimaの感想・評価

3.0
みるのに時間かかった。
少し冗長に感じた。
他のSF映画が派手にみせるものが多いのに対して重く静かな雰囲気が良かった。
ライアン・ゴズリングは毎度毎度切ない。
Lana

Lanaの感想・評価

3.7
映像美を覚えている。
終わり方が中途半端で少し冗長だけど普通に楽しめた
たくみ

たくみの感想・評価

4.0

素晴らしかった。
やっぱドゥニ・ヴィルヌーヴ監督はすごい。
すごい頭の悪い感想だけど、ヴィルヌーヴ監督映画撮るの上手すぎる。

監督が違うのにリドリー・スコット味がめちゃめちゃ出てる。
特に音楽がとても良かった。
1作目の印象と言ったら、あの荒廃と先進の未来感の入り乱れた決定的なビジュアルと、ダークで飾らない、その世界の存在を裏付けるような音楽。
それが本作では見事に再現出来ていると思った。
それどころかオリジナルのいい所を踏まえた上で更にマッシュアップされててホント聴いてて興奮しました😊
ヴィルヌーヴ監督だから音楽はヨハン・ヨハンソンだと思ってたけど、あのハンス・ジマーが手がけていたとは。


お話としても、一見小難しいように見えるけど実は簡潔なシナリオと構成で、膨大で緻密な世界観を殺さずにいいバランスが取れていると思いました。


IMAXで観たかったですね、、、。
確かIMAXの公開期間が短くて観に行けなかったんですよね。
かなり後悔してます。
ビジュアルは美しいがストーリーに関しては完全に合わなかった。世界観にしても、前作のアジアの雑踏の息遣いが感じられるような雰囲気が失われ、無意味に日本語や「エキゾチックな諸外国」をイメージさせるものが散乱しているだけのように見える。
マツモ

マツモの感想・評価

3.8
雰囲気、音楽のSFさがより際立っていた

レプリカントの逆襲の序章に過ぎない感があったし、ストーリーが今後どう進むのか気になる
>|