ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

これぞSF!って感じの雰囲気○
世界観がとにかく美しく、湿っぽく、埃っぽい。
ストーリーとしてはかなり長くて、壮大すぎて、正直ちゃんと終わるかなって残り時間を見ながら不安になるレベルでした。(笑)
内容は前作を見ないと分からなくて、難しかったです。前作見ろよって話なんだけど(笑)見てないです、ごめんなさい。
1番良いなって思ったところは、レプリカントは涙する機能を持ち合わせているんだけれど、ジョーが本気で涙しているところがすごく良かったです。あんなに無感情に殺してたのに、すごく心震えてるところ。
一方でエンジェルは泣きながら殺していく。無感情なのに、涙する機能が働いているところ。よかったです。
でも最後まで、双子説をずっと信じてたんだけどなぁ。ジョー可哀想。そしてAIの満島ひかり似の子も、AIは恋愛感情持つんだねって思いました。最初からべた惚れでしたもんね。
AIとはまた違う、レプリカントっていう設定がちょっと分かりにくくて難しかったです。正直人間と大差無いんだもん、骨も血もあって。見た目も変わらないし。もう少し人間と差があっても良かったんじゃないかなって思いました。アホだから混乱しちゃったよ。
映像の美しさとリアルさは本当に素晴らしいです。
薄

薄の感想・評価

2.9
ブレードランナーの続編という補正を掛けて2.9。ひとつのSF映画として見るともっと低い評価。

元々前作にも大して思い入れはないが、美術(と音楽)だけは今見ても素直に凄いと思えるものだった。本作の美術はお金が掛かってるのはわかるが3年ぐらいで見慣れたものになりそうで面白味がない。街の風景が妙にスッキリしてたのも残念。

他のストーリー、アクションは前作と似たようなものだったが、各シーンいちいちもったいぶった感じの映像で長い。「沈黙」の2時間40分は長くなかったが、本作の2時間40分は長く感じた。ハリソン・フォードが爺さんみたいな立ち姿だったのも哀しい(爺さんなんだけど)。
問題提起を押し付けられてる感がしてイマイチ好きになれなかった。
レプリカントが起こそうとしてる反乱や悪役のボスっぽい人との決着もまだついてないし、続編があるのかな?
まぁアナデアルマスが可愛かったのでそこは良かった。
わい

わいの感想・評価

3.5
映像はクソ綺麗ですが、個人的に好きではありませんでした
映像の構図とかライティングとか本当に美しい。CGもすごいし、荒廃したLAのセットとかが、めちゃくちゃお金がかかってるのがすごいわかる。
kzz

kzzの感想・評価

5.0
なんだか、予定調和みたいな、全体的にやりきれなさが漂ってた。前作のRainのシーンなんかもそうだけど、アンドロイドの感情って、行き場のない怒りと苦しさと沈黙みたいな、うまく成長できなかった子供の感情みたいだ。時代を生き抜いて、結局翻弄されまくるだけされまくったアンドロイド感がすごくて好きだよ、K。
tddeniro

tddeniroの感想・評価

4.0
観終わって独り言。「なんか違う」と呟いていた。ジョイは最高に可愛いしたまらないし、ラヴは最高にドSだしマジでタイプの顔。でもなんか違う。10年以上待ったのにこんな結果か。
追記:ジョイがデリヘルと同期してKに抱かれるシーンで泣く。完全に情緒不安定な俺。
>|