ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

SFはこうでなきゃ もう一つの世界 生きるということが極限まで描かれた作品だと思う 劇場で観れなかったのが悔しい 続編は無い方がいいな オリジナルと2049と両方同時上映で4DX3Dでスペシャル上映してくれないかな ハリソンフォードも観納めかな?そろそろ
稲川淳二だったら「悲惨だな悲惨だな悲惨だなー」と言ってしまうほどひたすら気の毒な目に遭うライアン・ゴズリング演じるK。
まさにロボット刑事Kであり、人造人間キカイダー。
つまり稲川淳二版キカイダー。

このキカイダー(=ピノキオ)君が、善と悪ならぬ、“虚と実”に翻弄されるわけです。
後世に決定的な影響を残した前作により生まれた数多のフォロワー達が描いた『虚構と現実の境界が曖昧』な世界に対し、『いや虚構は虚構、現実は現実なんだよ』との回答も見事。

余韻と行間を残す、真に「正しい」続編。
また何度も観ることになりそうです。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.5
舞台は前作から30年後の2049年。レプリカントが起こした大規模テロ「ブラックアウト」によって、レプリカントの開発製造販売をしてきたタイレル社は、全データを破損したため、タイレル社は崩壊した。2039年、科学者ウォレス(ジャレッド・レト)が率いる食品企業ウォレス社が、新型レプリカントの製造に成功した。カリフォルニアは貧困と病気が蔓延していた。労働力として人間と見分けのつかないレプリカントが製造され、人間社会と危うい共存関係にあった。しかし、人類への反乱を目論み社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントは、ブレードランナーと呼ばれる捜査官が取り締まり、2つの社会の均衡と秩序を守っていた。LA市警のブレードランナー・K(ライアン・ゴズリング)は旧型レプリカントのモートンを探して処分する任務中に、モートンが潜伏していた地の枯れ木の根本に謎のケースを発見した。謎のケースには旧型女性レプリカントの骨があり、骨には妊娠出産の痕跡が発見された。レプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレスは、レプリカントの増産のためにレプリカントの間で生まれた子供の謎を解くため「K」の監視を始める。Kは、自分の記憶から自分がレプリカント同士から生まれた子供ではないかと思い始める。Kは、上司から命じられた証拠の破壊と共に、その謎を暴く鍵となる男、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていたデッガード(ハリソン・フォード)にたどり着く。デッガードが命を懸けて守り続けてきた秘密とは? 二つの社会の秩序を崩壊させ、人類の存亡に関わる真実が明かされる……。
SF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編。
軸になるのは、主人公Kのアイデンティティー探し。その中でレプリカントであるKの中で目覚めていくホノグラムAIジョイに対する愛など人間としての感情の目覚め、デッカードとレイチェルが30年間何をしていたのかの謎解きを絡めて描かれている。だが肝心なレプリカント同士の子供の謎を利用するウォレスの陰謀が尻切れトンボだったり、中途半端なのが、残念。
とは言うものの、Kとジョイの人間のような情熱的な愛はデッカードとレイチェルの愛を思わせる部分があって、前作へのリスペクトも込められていたし、ラストでKが取る行動は他者のために献身的な行動する人間の美徳が感じられて感動するけど、少々残念な続編だった。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.2
今作のために作られた短編三部作を見てからの鑑賞(内一作は渡辺監督によるアニメーション)。

どう生きるかが人間とレプリカントの違いを産む。

Kの永遠の孤独。必死に、そして誰かの為に生きる事。もテーマとして描かれてる。


ーピノキオとの関係ー
人間になりたいピノキオと同じようにKも人間になりたいのです。さらには前作のロイもです。
今作でわかるのは人間になるとは一生懸命生き、誰かの為に戦う事なんだと教えてくれます。

ージャレットレトのウォレスとはー
こいつは神になりたい男です。盲目なのは前作でタイレルが目を潰された事に重ねてます。
さらに生まれたばかりのレプリカントをなぜ殺すのか。それは、命を産むのも奪うのも俺の自由だと象徴する為ですね。ウォレスはレプリカントを増やし、人間に置き換えようとしてます。そうすればウォレスは神になれるのです。

ーレプリカントー
今作のレプリカントは寿命が延び、人間と同じように心を持っています。前作でレプリカントに対し手に蜂が止まったら殺すかという質問でレプリカントは殺すと答えています。ただしKは蜂が止まっても殺さなかったのは心があるというのを意味してます。

ーKという名前の由来ー
1つは原作者のフィリップKディックから。
もう1つはデッカードの子供を最初カードという名前で設定してたため頭文字を取りK

ー「正しいことのために死ぬのは私たちができる最も人間的なことよ」ー
今作を表した名言です。
Kは孤独に耐えられず父母を探す旅に出ますがラストデッカードの娘に会わせるため、人の為に死にます。普通の人間でさえできない人間らしい死に方と孤独な人生でした。

ーレイチェル役への愛ー
レイチェル役だったショーンヤングは前作ブレードランナー後恋人に捨てられ、裁判に負け、捕まり、ハリウッドからは忘れられた存在でした。しかし今作で若かりし頃のショーンヤングを復活させ彼女への愛を感じます。

ー旧約聖書との関係ー
レプリカントが子供を産み、人間との差がなくなることを恐れたマダムは子供を殺す事を命令します。これは旧約聖書におけるモーゼと同じでユダヤ人奴隷の際、ユダヤの王いわゆる救世主が生まれたという事を恐れた者たちは子供達を抹殺しようとします。

ー高く白い噴水・細胞の連結とはー
Kが警察に戻った際あるテストをします。テストの中で細胞の連結、高く白い噴水について出てきます。これはジョイがKにあげた「青白い炎」という本からの引用です。
なぜ引用したのか。1つはこの本の構造が900行の詩と300ページの解説でできています。前作のブレードランナーのテーマなどは説明がないとわかりにくいものでしたが今作は主人公に感情移入させ大事なことはセリフとして出てきます。今作は「青白い炎」の解説の役割をしてるのです。

ーフランクシナトラ、プレスリーは?ー
Kが子供の時、デッカードに聞かされてた可能性を暗示している。
日傘

日傘の感想・評価

3.3
映画としてはけっこう良いのだが(前作よりも見やすかった)、これを往年の映画でやらなくても…ファンの心中お察ししますって感じ わかりやすさが逆に仇となったかな そーゆー映画ではなかっただろうに
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

2.9
アナ・デ・アルマスが狸顔美女でちゃんとエロいのが最高。ハリソン・フォードがしっかり介護されてたのにも感動。
前評判通りのクソ映画。久々にお金のかかったクソ映画。3部作なんですかね?ほとんどのストーリーが中途半端。時間の無駄なクソ映画。
なんだろう、こういう未来が来てほしいのか来てほしくないのかよく分からないこの複雑な気持ちは。

前作から引き続き、重いテーマで暗い世界観ですが、その分ほんの少しの希望が大変明るく感じられました。

それにしてもライアン・ゴズリングの表情で魅せる演技が相変わらず素晴らしい。

このレビューはネタバレを含みます

日本のイメージの具現化なのか、とりあえず雨の夜にネオン街でカタカナ表記はなんなのか。攻殻機動隊もそんな感じだった気がするけど。
内容は初期のブレードランナーを観たのが物心つくかつかないかくらいの時だったからほとんど覚えてない状態で軽く調べてから観たからわかりやすかったけど前知識なかったら説明少ないね。
とりあえずジョイ役のアナ・デ・アルマスのかわいさ。レプリカントのさらに1つ下の存在のホログラムですら感情がある。実際現実がそんなことになったらカオスな気がしなくもないけどジョイは一家に一台欲しいね。
辛口だけど金字塔って言われる映画の続編にしては微妙だったかなと。。最近、近未来系が多すぎるせいもあるかな。なんか既視感。笑
EmiYamada

EmiYamadaの感想・評価

2.0
最後までわからんかった!笑
前の見てないから
映像はおもしろかった