ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

コアラ

コアラの感想・評価

3.8
前作を見ないまま鑑賞してしまったことに後悔。重くて暗〜い雰囲気が好き。
ママン

ママンの感想・評価

3.5
公開当初スグに観に行ったわよ。だけどイマイチだったの💧スコアはあの世界観の美しさやアナ・デ・アルマスちゃんの可愛い&びゅーちほー💋さに捧げてます 😘

【個人的に前作のままで良かった】

なんと言っても大嫌いな幼虫がドドん‼️と出てきて興ざめ😱

でもね実際、

映画で例えるなら…ジェニファー・ローレンスとクリプラの『パッセンジャー』とかあるじゃない?
ああいう風に地球を脱して他の惑星に移動となると、その間《家畜は飼えない》らしいのよ、もしくは新しい惑星に降りたってスグも無理みたいで、その間どうやって『(動物性)タンパク質を補給するのか?』というと、幼虫を食べれば良いという話があって……
ブレラン2049観てて「このことやん‼️💦」思ってしまった…という理由(大)

『トータル・リコール』も「前のが面白かったじゃん」っておもってたけど、これも同じなのよ、、、ごめんなさい🙏

ジャレッド・レトはこういう役ハマるよね😅
tomyum

tomyumの感想・評価

4.5
ブレードランナーの続編と言ったらこういうことだよ!ってファンとして満足の内容。ちゃんと前作にリスペクトがあって良い
孤独なブレードランナー(レプリカントハンター)″K(=ライアン・ゴズリング)″が、命がけの自分探しの旅に出るって話☆

名作中の名作といわれる前作「ブレードランナー」から30年後の世界を描く正統続編。故に前作観てない″一見さんお断り″な作品です。
難解な前作同様、本作もなかなかに難解(であるとわたくしは感じた)な作品。

自身もレプリカント(人造人間)でありながら、ブレードランナーを生業にしている″K″。そんな彼の心の支えは電影少女の″ジョイ(=アナ・デ・アルマス)″。
互いに作り物である者同志が愛し合う姿に、純粋さと切なさで居たたまれなくなります。

自身の断片的に残る記憶と捜査の過程から、
「あれ?オレ、ひょっとして″選ばれし子″じゃね?」
なんて空虚だった自分に僅かばかりの希望を見出だしてしまう″K″。

終始、重たく暗い、沈痛な展開が続く上に、上映時間も長く(163分!)、続編ということもあって、鑑賞者を選ぶ作品ではあると思いますが、繰り返し観賞したり、様々な文献や評論、解説文などを調べまくって、自分なりの納得点を見つけるのが楽しい一本(* ̄ー ̄)☆


○キャスト○
ライアン・ゴズリング/K(KD6-3.7)
ハリソン・フォード/リック・デッカード
アナ・デ・アルマス/ジョイ
ジャレット・レト/ニアンダー・ウォレス
シルヴィア・フークス/ラヴ
ロビン・ライト/ジョシ警部補
マッケンジー・デイヴィス/マリエット
カーラ・ジュリ/アナ・ステリン博士
レニー・ジェームズ/ミスター・コットン
デイヴ・バウティスタ/サッパー・モートン
エドワード・ジェームズ・オルモス/ガフ
バーカッド・アブディ/ドク・バッジャー
ヒアム・アッバス/フレイザ
ショーン・ヤング/レイチェル
JonathanE1

JonathanE1の感想・評価

3.9

映像世界や未来世界の設定がとにかく美しい。、そしてしっくりくる。普通の今のSFやアクションは展開や画面の動きが速すぎてついていけないが、この映画はスローに進む。ハリソン・フォードは、後半に登場する。前作と共に味わえば魅力がさらに増すと思われる
2回目。
オリジナルよりこっちの方がサイバーパンク色が強くて好み。
砂漠と雪はこれから新しいアイコンになっていきそう。
ちらっと登場した受付のスキンヘッドが最高にモードで良い。
ixSSExi

ixSSExiの感想・評価

4.4
ああ、またこのパターンだね。
ブレードランナー特有の難しさが全面に出ていた。
流れとしては前作の主人公、デッカードとレプリカント、レイチェルの失踪の真相を追う今作の主人公、K。
2049なのに2020からあまり世界観変わってなくてがっかりかしかけたけど、そのほうが見やすくてやっぱり良かった好き。

最後のシーンでKとデッカード、ふたりにそれぞれの、彼らにとっての終わりが訪れるシーンはどちらも寂しいイメージを与えられた。

まあはっきり言って一回じゃまた全部把握しきれてないと思ってる…また時間が長いしね。
たくz

たくzの感想・評価

3.0
前作の記憶が曖昧だった事もあり、終始物語に追いつけず

ちゃんと前作見直した方が良いかも
この監督って何かただならむ作品を作ってる感じ凄いな😲😲

″メッセージ″はエイリアン映画に哲学を組み込んだ感じで好きやった✌️

″複製された男″も どこか哲学的。



前作″ブレードランナー″は見たはずやけど
あんまり覚えてなくて
今作に挑んだ😅笑


この監督の作品は見るタイミングがホンマ大事やわ😅
タイミング間違えたら 頭爆発しそうなる笑


これも【自分とは何者か?】みたいな事か?笑
重厚過ぎるサントラに圧倒されながら物語が進むから 疲れるっちゃ疲れる笑

てか、ライアン・ゴズリングってエエ作品ばっか出てるな!!笑
作品選び上手いんやなぁ🤔

レプリカント、クローンとかが関係する映画って結局は 生身の人との境界線が曖昧になった世界が故に アイデンティティーを求める物語になってまうよなぁ😂


160分ほどある超大作なのは この監督の哲学的な部分をしっかり描いたら こんくらいの時間になるのは必然な気がしてきた🤔🤔

皆 サクッと見れるよーにって配給会社が時間とかシーン削るけど この監督の作品見習って欲しい😤😤

リメイク版″ロボコップ″なんか
20世紀フォックスに削られまくって監督不満だらけやったらしいからなぁ…

新″ファンタスティックフォー″も20世紀フォックスと演者と監督揉めてたなぁ…


20世紀フォックス何してんねん…笑





″スターウォーズ″といい、これといい、
名作とされる作品に続編を作ってハリソンフォードをカムバックさせた偉業と同時にハリソンフォードの名作出演率の高さ!笑

シュワちゃんが″ターミネーター″に復活しても これほど騒がれてないのに😱😱





見終わった時に鳥肌?が立つ映画て最近珍しいから ホンマ凄い👏👏
しん

しんの感想・評価

4.0
静かでしっとりとしたメランコリックなSF映画。ウォレス社の建築が明らかに日本の現代建築を意識していてハッとなった。サイバーパンク的な要素は勿論、聖書の暗喩的な部分や、その他諸々の謎。かなり作り込まれた、愛のあるSF作品です。

「ブレードランナー」から「ブレードランナー2049」の間にも実は作品があります。「ブレードランナー2049」の前日譚として描かれる三作品。YouTubeで公式に公開されております。

・「2036: ネクサス・ドーン」
・「2048: ノーウェア・トゥ・ラン」
・「2022: ブラックアウト」

ブラックアウトとは、ウォレス社とは、サッパーとは。
2049を観る前に見ておいた方が本作は楽しめるかと思います。