ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Omerta

Omertaの感想・評価

3.5
‪続編というよりはスピンオフ作品のような印象。人間とレプリカントの境界線の曖昧さが前作よりさらに踏み込んで描かれる。‬
‪ライアン・ゴズリングは孤独な男が似合う。‬
たけし

たけしの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

体調不十分では睡魔が。
昨今はどんなものでも映像化できるとはいえ、この作品の映像美は突出していますね。
内容は嫌いじゃないですが、壮大すぎてしんどかったです。

バーチャル恋人はほんっとに可愛い人でしたね。アジアの血が入ってるのかな?
キューバの人らしいですが。
ライミ

ライミの感想・評価

3.8
2049

帰ってきたブレードランナー。
あの頃の面影を残したまま、現代での最高峰とも言える映像技術がそこにあったのではないでしょうか。

でも、でもですよ。
素直な第一印象としては、30年前にあの映像を作り上げていたと知った時の感動には勝てませんでした。

なーんて言いながら劇場で作品を鑑賞中に何度ボソッと「すげぇ。」って漏れた事か。
今の技術だとあそこまで超越した映像を作ることが出来るんですね。
SFだけに夢に溢れているなぁと感じました!

今作は前作の復習理解は必須な作品でしたね!
劇場にいたあのカップル達は絶対ストーリーをわかってなかった気がするw

久々過ぎて言葉がうまくまとまらないのでまだ観てない方は観てきてください^_^
とにかく映像の説得力に尽きます。
美しい‥.。

ストーリーには解釈の余地が散りばめられていて、初代を踏襲している印象でした。
821

821の感想・評価

4.0
滑り込みIMAX3D鑑賞。最高。
世界観の作り込みが半端ではない。IMAXの大画面で隅々まで見れてよかった。
迫力が凄すぎて、見たの昨日だけどまだ余韻が残っている。もう少し浸りたい気分。

1作めをもう一度見返したい。
睡眠不足と風邪で序盤から中盤にかけて別の記憶=夢を何度も刷り込まれそうになるも何とか完走。
もはやレプリカントと人間、AIを分かつものは何か。曖昧になった境界線は、物語が進行するにつれさらに曖昧になって行く。

殺伐とした世界で何が救いだったかって、アナ・デ・アルマスのかわいさだろう。『ノック・ノック』と同じ女優だと言われないと気づかないほど違う=人は変われる。スパイク・ジョーンズ『her』ともろ被りなあのシーン然り、現実の未来に起こり得るのはバーチャルな恋愛だ。
もとのブレードランナーが好きだっただけに期待して見に行ったものの、最初にワクワクしたあの美しくも妖しい世界観は色褪せて、荒廃した世界は陰湿で不穏なだけ。
通奏低音のようにずっと鳴ってるブォーーーーってノイズのような音楽が、レプリカントの心の虚しさを増大させるにつれて、こっちはどんどん睡魔に襲われる。後半のストーリーは、植え付けられた子供の頃の記憶くらいにおぼろげ。
平日の夜に無理して観に行っても、半分寝ちゃって結局は観に行かなかったことと同じになるぞ、という教訓。
tonu

tonuの感想・評価

3.4
IMAX 3Dで見ました。

画質は字幕でクロストークが出るレベル、右チャンネル強め、大音量だと歪む感じで、ボリュームは大きかったですが、五月蝿い感じでした。

疲れていたのと環境がよくなかったので、途中まではぜんぜん入り込めず、数分寝ましたw

ハリソン・フォードが出るのは知っていたので、そこがどう繋がるのかと思ったら、そう来たかって感じでした。
演技はさすがですね。

ジョイ役のアナ・デ・アルマスは魅力的でしたね。
あの人は思いっきりCGでしょうね。
この作品はほんと女性ばっかりでした。

とりあえず、環境がよくなかったので、メディアが出たら見直します。
荒廃した未来世界、そるを彩るシンセサイザーがなり響くBGMは最高です。

続編ということもあり、前作での謎も明かされつつ、哲学的な物語の進行で解釈が様々できて楽しめました。
やっと見に行った。平日昼間とはいえ客7人! この映画大丈夫か?

大丈夫でしたw面白かったです^^
前作を観たあと、さらに2049の前日譚3作をyoutubeで予習してきたのでストーリーもすんなり受け入れられました。ただ、大筋では理解しても細部ではまだ疑問点があるのでdvd待ちかなあ。
前作で描かれてた日本の夜の歓楽街っぽい未来の世界観(今回もあるけど)よりも、今回の薄もやの中の砂漠みたいに荒れ果てた未来のほうが奇麗で自分的には好みです。30年後、どのくらい当たってるのか答え合わせが楽しみ。
最後に気づいたけど、音楽はハンスジマーさんでした。どうりで心地よかったわけだ。