ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 455ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

藤の花

藤の花の感想・評価

3.0
前作を観ずに観ました.
世界観を追っていくのでほとんど集中力を奪われた感じがしたので,前作を観てから鑑賞したほうが良いかもしれませんね.
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

4.0
個人的にやや前半が乗り切れなくて、単調におもえたが、残りの2時間は楽しめた。
自分の地域にはIMAXが無く、通常の映画館でみたが、それでも素晴らしい映像と音の緩急に圧倒された。
人間とレプリカントの関係性も何十年も経てば変化していく。
同期のシーンは印象深い。

2049観た後知ってしまったが、
2022、2036、2048のショートムービーがあった。
これ見てから行けば、前半もう少し楽しめた。
かいと

かいとの感想・評価

3.9
始まる前に時間潰そうと入った居酒屋でぼったくられた。よーく喋るおじさんとそのお母さんだった。

「コンテンツ力」パネエ映画だった。
「ちから」って漢字、カタカナに挟まれるとカタカナに見える。

すけべ屋の広告がよかった。キャバレーシーンの未来の過去の表現仕方たまらなくよかった。夢見たい。

楽しかった。

このレビューはネタバレを含みます

人間より人間らしく。
って、人間の方がどーなんだ。
一作目も二作目も
レプリカントが人間を殺さない

切なく優しい

どんな続編になるかと思いましたが
監督と、ライアン・ゴズリング
素晴らしかったです。
本当に良かった。
愛の物語。

すべてにおいて、最高の作品。
ただし、前作さえなければ。
mizuhon

mizuhonの感想・評価

3.6
前作と、間の短編を観ておいて良かったです。
多くを語らなくても、ライアン・ゴズリングの表情の動きが良かったのと、音の静と動が良かった。

また、こうなると、人間の条件って何だろなーと考えさせられました。

もう一回観たいかも。
作品がもう芸術の域で、感想がまるで追いつかない。まったくの駄作のような気も、世紀の大傑作であるような気もして、スコアすらつけられない。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
久々の映画館

リドリースコットの前作をしっかり踏襲しつつ、テーマをより克明に浮かび上がるよう描いてあってとても良い続編

ドゥニ・ヴィルヌーヴ自身前作を何十回と観てると言うだけあり、さすがの腕前

原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」の作者フィリップ・K・ディックは「人間とは何か、と考える自分は存在するのか」というのが一貫したテーマだったみたい

前作のデッカードも、彼自身レプリカントか人間かが、あえて分からないような映画となってるけど

Kも自分が果たして人間から生まれた存在なのか、はたまた製造されたレプリカントなのか
その問いで振り回され悩みに悩む

原作、前作、今作と、テーマが綺麗に繋がってる

あぁジョイのI love youが切ない

Kが孤独や絶望と弱々しくも健気に立ち向かっていく姿に感動した

そういう意味ではデッカードと同じなんだけど、やはりこちらの方が感情移入しやすい

前作同様、地球の未来像を新たに提示するような映像も好き

大人な雰囲気の前作に比べて、観ててハラハラドキドキするのが今作でした
前作を見ずに、あらすじも予習していなかったので、意味が理解できませんでした。今、他の人のレビューを見て、「なるほど(-.-;)y」となっています。

映像と近未来感は良かったかなぁ

俺としたことが、長いせいか眠くなってしまった( ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
れいろ

れいろの感想・評価

4.0
噂通りの映像美

ラスト泣ける😢


ハリソンフォードはジジイになってもかっけーな

手抜きレビューです