ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 455ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

kiiiy

kiiiyの感想・評価

3.4
これは、続く。てことなのかな。。

美術をやっている友達に、ブレードランナーをブルーレイで見ると良いと言われてみた時は、CGもそんなに無い頃に圧倒的に美術で作り込んでいて、スゲーと思いました。

SFの走りか、前作に影響され生まれた映画はかなりあるのかなとか。

今回、冒頭始まって10分ほどで「このスピードで話が進んで終わるのか。。??」と思っていたら、そのままマイペースに終わった。、

丁寧に描いている、間を作ってる、という見方もあるけど、前作見ずにこれを見ると人の面白ポイントどうなるんだよ、とも思いました。

よく出来ているパート2ものって、それだけ観ても、前後を知っていても楽しめるのかなって思うけど。

映画はそれが公開されたタイミング、時代もすごく関係する。

昔は斬新だったこと、想像つかなったことも、今なら驚かない。

そんな複雑な気持ちになったけど、好きではあります。

ハリソンフォードの老け感はねらってなのかなぁ、。

このレビューはネタバレを含みます

急に風呂敷を広げられた感。
もともとの、どこかで起きている反乱の火種を消すっていう、狭い世界で展開されるドラマが好きだったから、面食らってしまった。

レプリカントの誕生シーンは強烈。冷凍チャーシュー取り出すみたいにボトッとパックから落ちてくる。完全に製品。

雪上で何も言わずに生き絶えるシーンは美しいね。ハードボイルドな死に方に憧れる。
かっこ

かっこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

感想ではなく、思ったことを書き留めるだけの単なる備忘録になってしまいそう。

ブレードランナーの世界観が、最新技術で美しく、より濃密に蘇った。
なにより、あの独特の未来像を美しく、キレイに描いているのが観られて嬉しかった。
前作より日本語多めです!ハッキリ言って変だけど、それが荒廃してアジアに押されてるこの作品の未来であり美しさなので。
前作では描くことのできない映像も、最新技術でサラッと描いちゃって。
空飛ぶ車も、ジョイも、レイチェルも、大きいジョイも、当時じゃあんな表現はできないだろう。
映像だけでなく、耳に響く音楽も世界に合っていてイイ。世界に浸れた。
ただ、時代ありきのあの汚さというか、チープさというか、グロさは再現できない。
それに、ブレードランナーが金字塔となって、それを目指した世界観、映像の作品群が作られた結果、
正統派の続編である今作に「既視感のある映像」が現れている気がする。
そういった作品群を観た後に「これが過去の名作だ!」と言われて前作を観ている僕の世代は全く問題に感じなかったけれど、
前作を公開当時に観て、当時の独特さ!衝撃!を望んでいた人々は「こんなもんだよな……」と達観、ガッカリしてしまうかもしれない。
主題はもちろん、キャラにも、シーンにも前作を彷彿とさせるもの多し。

一方、物語はどうだったのか。
レプリカント(キャサリン)が子供産んでる!
それを追うKと、それを利用して子供にたどり着いて宇宙進出に役立てたいウォレスと、Kの捜査の過程で重要参考人的に捕まるデッカードと、デッカードとずっと繋がってた、子供を証拠にレプリカントの人権革命を起こしたいフアレス率いる反乱軍……。
その過程でKのアイデンティティが揺さぶられ、観客もそれを観察、さらに共感しながら人間って何?と考えさせられる……。
前作を観ていたほうが断然面白い、というか前作ありき。
Kの行方をよく分からないながらも見守る開幕直後はともかく、
レイチェルと思しきレプリカントが絡んでくる中盤からは前作観てないと厳しい。
さらには、序盤のプロローグに始まり、大停電とか、前日譚たる作品群を見ていないと「???」なワードも飛び交う。
SF好きとしてはこういうワードにも魅力を感じちゃうけど、ハテナ過ぎても困るかな……。しかも僕は前日譚全く見ていないし。
ストーリーの核心には絡んでいないと思われるので、楽しみ、理解度が深まるアクセントか。
感情を持ち、レイチェルと違って蜂を見ても潰さず(でもなんであんなとこで養蜂してんの?)なKだけど、とにかく感情を押さえ込む。
体を震わせながらも無表情を決め込んで抑え込む。カッコイイ。極めて人間的。ライアン・ゴズリング素晴らしい。
そんなKが、孤児院の地下で自分の記憶どおりの場所で木馬を見つけて、ガタガタ震えて持ち帰り、アナ博士から「その夢は他人のものだよ(これ私の記憶じゃん涙」言われてのチクショー!そんでフレイサからの衝撃の一言。
この一連の流れは興奮した。
私含めた観客は、まず、孤児院の地下の光景を目にした瞬間にKと一緒に心が騒ぎ出し、木馬にたどり着いて興奮で震えが止まらなくなり、アナ博士の一言でKと一緒に絶叫したくなり、フレイサのお前じゃないよ宣言でKと一緒に愕然とする。共感素晴らしい。
その上、フレイサには「え?自分が特別だと思った?」とか煽られちゃってKのアイデンティティはボロボロになりながら、
最後の最後は自分の意思で命を賭してデッカードを守り、自己犠牲という人間らしさを達成して美しい雪景色に倒れ込む。
自己犠牲に至る過程のほんの一部に、アナ博士の記憶からくるデッカードへの「父を想う気持ち」があるのかも。
そうだとしても、Kの自己犠牲の意思が間違いなくそこにあり、やはりレプリカントと人間は何が違うんだ?と思わせる。
しんしんと降る雪が、自分の意思でデッカードを救い雨の中死んでいったロイ・バッティを思わせてくれる。
バッティは自己犠牲というよりデッカードに「解任」されたと言うべきだろうけど…。
バッティといえば、ラヴがバッティを思わせる破壊性を見せてくれた。何するかわからなくていちいち怖い。
ラヴがマダムを殺すところとか、バッティがタイレルを殺すシーンを彷彿とさせる。すごい痛い。
マダムの、人間代表!な感じがタイレルの一面とも重なる。

自分は特別だと思った…ら違った!なKとか、娼婦と同期してまで愛されたい(所詮愛玩製品のプログラムですが…)AIのジョイとか、とにかく創造主ウォレスの特別(最高のエンジェル!)になりたいラヴとか、
レプリカントと人間の違いって何?レプリカントも人間も一緒じゃん!そうなるとそもそも人間って何?
という分かりやすい主題に迫る登場人物が前作同様たくさん出てくる今作ですけど
これも前作から引き続き気になるのがデッカードがレプリカントなのかどうか。
これについては明言を避けていて、これは英断だと思った。何でもかんでも明かしてたら「ブレードランナー」じゃなくなっちゃう。
ウォレスのセリフも仄めかす程度に留めていて、意図的にどちらとも取れるようになっている。
ただ、レプリカント同士で繁殖できないとするとタイレル、ウォレスの野望に沿わないような気もするけれど。
「レプリ同士で繁殖できる」と「レプリは妊娠できる」ではオフワールド進出の影響度が全く変わるし。
でも、レプリカントって老けるのか?といった謎は残らないでもない。
ウォレスは「人間は全宇宙を支配すべき」というが、ウォレスの思う人間に使役される労働者たるレプリカントが自己増殖して宇宙へ広がっていったとき、それは人間の王国といえるのか、これもSF的で好きな命題。

よく分からなかった点。
Kの記憶は誰が植え付けたのか?
普通に考えると製造元のウォレスだろうけど、
「ウォレスが探しているレプリカントの子供」の記憶をウォレスが入手していて、レプリカントの子供たるアナ博士と同じ生年月日の男の子の記録を捏造なんてしないできない。
となると、やはりデッカードから記録改竄の方法を教えてもらったフアレス一味なのか。
性向を決定する、記憶の埋め込みというレプリカント製造の最重要ファクターに介入できるほどフアレス一味は強い組織なのか。
Kのチクショー!はなんのチクショー!だったのか?
木馬発見→アナ博士から記憶は本物と告げられる→チクショー!
字幕版鑑賞ですが、アナ博士は「他人の本物の記憶よ」と言った気がする。
それに対してのチクショー!だったので、そのときは「自分がレイチェルの子供だと思ったのに、特別だと思ったのに違うのかよ!」だと解釈したけれど、
前後関係考えると「俺はただのレプリカントだと思ってたし、レイチェルの子供じゃないと信じてたのに、本物の記憶ってことは俺レイチェルの息子じゃねーかチクショー!」ととれる(部屋戻ってからKのジョイに対する「お前の言うとおり俺は特別だったよ…」なセリフあったはず)。
「他人の本物の記憶」というのは記憶違いか日本語訳のニュアンスの違いなのだろうか。
今は後者と解釈して、これまでのアイデンティティが崩壊した叫び、騙されていた怒りと捉えているが……。
オフワールドには何があるのか?
ウォレスもラヴもデッカードに「オフワールドには口を割らせるものがある」「オフワールドが待っている」と語るけど何があるのか。
前作でロイが語っていた「想像もつかない」過酷な世界で、そんな地獄を生きるレプリカントを見せて「希望を与えるには繁殖できるようにするしかない」ということなのか。
それとも、オフワールドの素晴らしさを見せて、そのための繁殖の重要性を語るつもりなのか。
なんだか、「実はオフワールドなんて無くて……」ってオチが付きそうな語りぐさだったけど、そうなると別の方向のSF作品になってしまいそう。

やはり長くてまとまりのない面白くもない備忘録になってしまった。
みんながこう、色々と思いを語り合うには良い作品なのでは。
それがポジティブな感想でもネガティブな感想でも。
単純に映像と音楽も良かったのでもう一回劇場行くかも。
トラ男

トラ男の感想・評価

3.7
映像の綺麗さと、重低音のBGMが格別だった。
ハリソンフォードが出てくるまでが、少し時間かかり過ぎかなと思ったけど、オチは良かった。
ミト

ミトの感想・評価

4.2
超硬派で超面白かった。
照明やセット、ハンスジマーの重厚な音楽、ライアン・ゴズリングの抑えた演技も素晴らしい。
ラストカットの斬れ味。
本当復活させた意味があったね!!!

絶対映画館で!!!!!
KW

KWの感想・評価

5.0
続篇の難しさをクリアしたと思う。デッカード(ハリソンフォード)に頼りすぎない作りも良かった。ただし結局核心はデッカードの30年前の行動なのだか。#Filmarks2017
1回目:Tジョイプリンス品川 IMAX 3D
2回目:シアタス調布 ULTIRA 2D

前回、公開初日初回の鑑賞では全身に力が入り過ぎた為か、「あのブレードランナーの続編を観た!」という達成感と「正統な続編で良かった!」という安心感しか正直感じませんでした。

その後、それまで封印して来たネットやメディア等の情報や論評を一通り目を通してみるとやはり予想通り賛否両論の嵐…。2回目の今回は心も落ち着き楽な気持ちで臨む事が出来ました。

1回目は主人公Kに尽くすAI、"Joi"の健気さキュートさに心奪われましたが、2回目の鑑賞では"Luv"の名前通りの一途さ力強さ美しさに目が釘付けでした。

個人的には『ブレードランナー』の真の主人公はロイ・バッティだと思っています。人造人間(レプリカント)でありながら人間以上の感性や知性を持ち、仲間を思いやり、父(創造主)に思いを馳せ、また自身の「死」に恐怖する。そしてその「死」と対峙し「生」への悟りの境地に達するー。

前作では描写の少なかったロイのそういった素性や思考を今作ではKに落とし込み増幅させて2時間40分に詰め込んだ作品だと感じました。だからこそ "Tears in snow"では涙せずにはおれませんでした。

そして先月予約していたメイキング本が漸く手元に届きました。

メイキング本はほぼB4サイズ、220ページ強の大型本で見応え十二分。ただ輸入版の為、当然全文英語表記…。写真が殆どなので気にはなりませんが、やっぱり日本語版を出して欲しかったのは正直なところ(『エイリアン コヴェナント』は2冊も出てたのに…)

ロスのあの街並みを前作同様にミニチュアで造られていたのには驚愕。あまりに精巧過ぎて本編ではCGにしか見えない!そんなところからも前作へのリスペクトを感じました。
takazo91

takazo91の感想・評価

3.9
目が離せなかった、、、けど
ブレードランナーを大画面で見たい
Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

5.0
ずっと観たくて観たくてうずうずしてたブレードランナーの続編、ブレードランナー2049。
個人的に見落としたであろう箇所が何個かありもう2、3度は観に行く予定。
とりあえずこの映画を観る前に個人的に疑問を大きく2つ持って行きました。
まず1つ目が「デッカードは何者なのか」そして2つ目は「レプリカントの行く末」です。
ここでは多くは語らないけど、期待通りの続編でした。ただ、今回の続編は前作ありきの今作ということで、前作と比較するというよりはストーリー的には一緒に考えた方がいいと個人的に思いました。
世界観や人物設定は断然前作の方が好きです。
dancingufo

dancingufoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時間の長さを感じなかった。前作の世界観がそのまま引き継がれていたと思う。

デッカードとレイチェルの娘があの研究員だったと言うオチは良かったけれど、あの後デッカードは殺されてしまったんだろうか。革命派レプリカントが娘を保護していて、彼を殺せと言う設定だったわけですから。kが革命派と手を組まない限り、娘が誰か分かるわけないし。
普通に考えたらあの後殺されたんだと思いますけどね。