ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 455ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

圧倒的な映像美。冷たく、巨大なモダン建築群と、新宿は歌舞伎町のような湿ったネオンサインと広告があふれた街。ああ、これぞブレードランナーの世界といった感じで興奮した。音楽も良い。ライアン・ゴズリングは無骨な役が似合う。いい映画だった。
話が分かりやすくて、意味が分かって、分かりにくいとこは分かりにくく作っている。ハリボテ感。

ただ良くなくはないです。
特にラストシーンは心動かされました。
耽美的な映像。
2時間半に渡る存在の問い。
ゴズリングさんに「それならお前は何者なのだ」と画面越しにぶん殴られたような気がした。
sato

satoの感想・評価

4.1
記録
①2017/10/30 字幕
②2017/11/02 吹替
パンフの木川明彦さんの基礎知識がめちゃくちゃ参考になるので、個人的にはオススメです。
こういう情報載せてくれるのは、すごくありがたいです。
Kが本当に良かった。とても悲しい物語ですが。ライアン・ゴズリングが素晴らしいですね。メッセージも本当に素晴らしかったですが、ブレードランナーも良かったです。ドゥニ監督の作品は、今後、絶対映画館で観ようと思いました。
③2017/11/02 字幕 IMAX 3D
通常上映では、絶対味わえない体験ができました。正直、劇場体験で一番良かったかもしれないです。
Masayan

Masayanの感想・評価

4.0
【サイバーパンクの金字塔が現代に蘇る】

記念すべき2017年 100本目はみんな大好きブレランの新作!

まず、過去のブレランの世界観を見事に引き継いだドゥニ監督に感謝。。今作もレプリカントを中心に生命や愛とはって物語のベースは変わらず。

相変わらず酸性雨が降る人口密度が高いサイバーパンクな街並み。いつものSFに出てくる歌舞伎町をモチーフにした不思議なやつね。。
今作はライアン・ゴズリング扮するレプリカント Kが主人公。(中盤からデッガード(ハリソンフォード)も出てきます)

演出はメッセージと同じく重低音を用いたおどろしい雰囲気。この辺りはホラー要素も備える。

物語はかなりSFなので油断してるとついていけなくなるかも。特に前作は見て復習しておいた方がいいと思います。

しかし、2017年になって変わったのはこの世界観は遠い未来ではなく近未来でも語れること。CGのAIが恋人だったり、ドローンを音声認識で飛ばしたり、この辺はもはや想像に足る世界だね。 インタステラーやメッセージなど、近年のSFは想像が現実味を帯びている分、過去よりレベルアップしていると思う。

シンギラリティを迎えればレプリカントだって現実かもしれない。。
Yuri

Yuriの感想・評価

4.4
終始重低音のBGMで緊張感があった。確かに長いと少しは思ったが、それが虚無感を表現していて良いとも思った。

このレビューはネタバレを含みます

2049年とはシンギュラリティの世界が来ると言われてますが、またリアルにありそうな未来を見せてくれる映画でした。。ジョーが乗る車?も最近イスラエルで開発された浮いて移動出来る乗り物にデザインが似ていたし、ドローンを使用して辺りを検索したり、ホログラムが多様されてたり、何より
人間が少数勢力で虐げられて、反乱を狙ってる、監督もメッセージと同じ人だし意図的なものを感じずにはいられません。もう一度見ないと散りばめられたメッセージを把握するのが難しいかな‥
ksms

ksmsの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人はあらゆるものに名前を付けてきた。
生まれた子に、ペットに、時には持ち物に。
名前を付けることで「空」や「海」を区別し、「悲しい」や「切ない」や「寂しい」を区別した。
だから人は名前を知ることで世界を認識出来るし、名前が付くことで生まれるもの(生き物かもしれないし概念かもしれない)もある。
ジョイはKに「ジョー」と名付け、デッカードはKを「ジョー」と呼んだ。
その時、ジョーは確かにこの世界に存在した。

何者に生まれたとしても、生き方を選ぶことは出来る。
Kの人生が一体何だったのかと考えると苦しくなるので、命の価値は自分で決められるのだと、せめてそう思うしかない。
MSM07

MSM07の感想・評価

4.2
耽美的でスリリング。認知と記憶の揺らぎが生物と無生物の境を一層曖昧にする。
3時間も長いとは思わなかった。

AI彼女がどこまでもかわええ!
がそれも愛されるようにプログラミングされた愛玩用AIという演出なのだろう。

40才以上の世代は懐かし補正でスコア高めになるだろね。
アナ・デ・アルマス、可愛すぎる‼

映画本編については
何も言うまでもないです。

アナ・デ・アルマス‼‼