ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 455ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

panpie

panpieの感想・評価

5.0
リドリー・スコット監督の前作「ブレードランナー 」は1982年の作品だった。
振り返ってみると私は当時まだ学生だった事になり自分の記憶違いだった事にまず驚いた。
公開当時観たと思っていたが私は大人になってから観た事を忘れる程何度も観た為に間違った記憶が植え付けられていたらしい。
まるでレプリカントだな。
そう思ってちょっと笑った。

SF映画と言えば今作の5年前に「スターウォーズ」が公開され子供だった私は今は「4」と名前が付いた最初の映画に夢中になったものだが物心ついた頃からのSF映画のベストは「ブレードランナー 」に取って代わった。
あの荒廃した建物と近代的な建物が入り乱れ最先端の乗り物が空を飛び交う中で自転車で行き交う人々、怪しげな露店、変な日本語の看板、〝強力わかもと〟の日本髪の女性。
どれを取っても今まで目にしたことのない映像は退廃的で美しく強烈なインパクトがあった。
映画の世界観が全体に暗くいつも雨が降っていて人間とは一体何なのかという究極の問題を投げかけていた。
僅か4年しか寿命を持たない完璧なアンドロイドが人間に憧れ人間以上に人間らしかったロイ・バディに強烈に心奪われた。
デッカードが霞んで私の中ではこれはルドガー・ハウアー演じたロイの映画となった。
まだ若かった頃の私の心の奥の琴線に触れた気がした。
漠然としているが心を掴まれたのは間違いない。
今作の予習を兼ねて再鑑賞したが横で一緒に観ていた娘は「意味分かんない」とそっぽを向いた。笑
映画にはその人の観るべきタイミングが必ずある筈だ。
もう少し大人になった娘にもこれに懲りず鑑賞してもらいたいと願った。



それから30年後の2049年のロス。
YouTubeで公開された3部作のうち「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」で登場したネクサス8型のサッパーは人里離れた郊外で未来のタンパク源である芋虫を飼育しひっそりと暮らしていた。
そこへLAPD所属のブレードランナー Kがサッパーの家へ侵入する。
仕事を終えたサッパーが家に入るとKを見て彼がブレードランナーである事に瞬時に気付き激しく戦った後射殺される。


いきなりレプリカントとの戦いのシーンで始まる。
サッパーとKの壁をぶち抜き激しく戦う様は前作のデッカードとロイの戦いを彷彿とさせる。
そんな場面が随所にありヴィルヌーヴ監督が前作を踏襲しつつ作り上げた新ブレードランナーは明らかに私の中では前作を凌駕しつつある。
未だ私の中では拮抗しており明らかに続編としても私の中では大成功でよくある続編ポシャり疑惑を払拭した。笑
雨でびしょ濡れの前作と取って代わったのが砂漠と雪。
Kの記憶があまりにもある〝事実〟に近過ぎ中盤からKの出生の秘密を探るべき旅へと変わる。
そして任務ではなく自らの手で調べ上げその大いなる〝事実〟へと近づいて行く。





↓ここからネタバレあります。↓
↓ご覧になってない方は注意!↓










レイチェルがデッカードとの子供を身籠もるなどレプリカント的には人間ではないから絶対に無理で、あり得ない訳でまるで処女懐妊したマリア、この奇跡の子はキリストを暗示している様だった。

マリエッティの属するネクサス8で構成されたレジスタンスのリーダー、フレイザから聞かされた自分の出生の秘密。
そしてデッカードが守り続けてきた秘密が繋がった時Kは絶望のあまり叫ぶ。
Kの長く悲痛な叫び声は生きていく意味を全て打ち砕き心の拠り所を失ってしまう悲しい叫びだった。
Kもまた過去のレプリカントと同様に心を、感受性を持ってしまった瞬間。

Kが新型レプリカントである事は観て行くうちにわかるけどこれは観る前は絶対に観た人は語ってはいけないと思った。
事実私は観に行くまで前日譚の3部作しか見ないで他の方のレビューは読まず挑んだのでKの衝撃が自分の衝撃となって驚愕した。
K自身も知るのが怖いが自分が奇跡の子なのか知りたい。
前半で謎の骨が発掘されそれを巡って後半ギリギリで登場した恐るべき事実は少しずつ確実にKに向かう。
被爆した木で作られた木馬を隠した記憶を元に探してみると記憶通りそこから発見されるのも衝撃だった。
自分は奇跡の子かもしれない。
Kがそんな風に思っても無理もない。

自分の記憶が植えつけられたもの=レプリカントを意味する。
木馬を隠した記憶、あれはアナの記憶だった。
後で分かったのだけどアナもKに自分の記憶が移植されたのだと分かり私の影武者だったのだなという同情からなのか涙を流すシーンはどちらの気持ちも分かり熱いものが込み上げた。

でも絶望の底から新たな使命に気付き自分が進むべき方向を見つけKがデッカードを助けるラストは胸が熱くなり泣けてくる。
もう十分過ぎるほど人間だよ、君は。
デッカードを殺せと言われてもKの導き出した答えに胸が締め付けられた。
また雪が降りだす。
ラヴとの格闘の末に瀕死の怪我を負ったKが静かに横たわる。
切なすぎる。(;_;)


ハリソン・フォード現在75歳!
確かにおじいちゃんになっていましたけどまだまだアクション行けてましたね!
物語に重要な役割を果たす逃亡後30年人目を避けて砂漠の地で一人生きてきた感漂っていて今作に深みを与えていたと思います。
30年前も後もレプリカントに狙われレプリカントに助けられるなんて。
アナに会いに行ったラストの笑顔が良かった!
涙がどーっと溢れてきちゃいました。

K役のゴズリング良かったですね〜!
カッコよくて痺れちゃいました。
アクションも出来てセリフがない時の表情で魅せる演技に痺れました!
ラヴとの戦いはどちらも甲乙つけ難い程素晴らしくてあっという間だったので2回目観る時はもっと良く観察したい!(*^^*)
ピアノが出てきたから上手なピアノを弾いて欲しかったなぁ。

Kの愛するジョイ役のアナ・デ・アルマスがとんでもなく可愛らしくセクシーで目を惹いた。
キアヌが痛い目を見る「ノックノック」に出てたので観る気になれなくてスルーしていましたがジョイで彼女の可愛らしさに心奪われたので観てみようという気になってきました。(^^;;
最新のテクノロジーによって作り出されたジョイとKの子供!なんてまた考えすぎてしまいました。(^^;;
ラヴによって破壊されてしまって可愛そうだった。
戦いでボロボロになったのに愛する人を失うなんて酷すぎる。
ゴズリングの涙が一粒溢れる演技にも涙を誘われました。

ジョイと対極にあるラヴを演じたシルヴィア・フークスも見事でしたね!
足技かっこよすぎでした。
躊躇なく鋭利なナイフで殺すラヴは感情のないレプリカントそのものでした。
なんと「鑑定士と顔のない依頼人」のクレアだったんですね!
うっそ〜!顔が違う!
儚く美しかった記憶があるので今作の殺気立った強いラヴに全く面影を見出せなかった!
いや〜女優ですね!流石!

ジャレット・レトは人間の底なしの欲望を持った二アンダー・ウォレスを演じていて他の映画で描かれてきた悪役とはひと味もふた味も違ってなかなか奥深い役でした。
盲目で白目があらぬ方向を見て話すその顔に野心と強い意志がみなぎっていて己の野望を貫く為に容赦のない裏の顔を持つ科学者を静かに熱演していました。
自分の手を汚さずに腹心であるラヴを操ってデッカードをさらわせその子供の行方を探ろうとするウォレス。
ここでレイチェルが登場するのだけど前作のレイチェルそのものと思っていたらなんとそっくりさんだったそうです!
すげー他人とは思えない!て位そっくりでありました。
前作で初めてレイチェルを観た時デッカードの気持ちよく分かりました。
一目惚れってある!と思った程息を飲む程に美しかったレイチェルを演じたショーン・ヤング。
前作以外で見てみたら綺麗だけどびっくりする位フツーでした。笑
真っ赤な唇とあの日本髪のような髪型と肩パットで尖ったモードな服が私の中ではショーン・ヤングの全て。
私生活ではジェームズ・ウッズとの破局後の奇行からのストーカーのイメージがあまりにも有名になってしまい私の中では悲劇の女優。
今作ではレイチェルの演技指導で参加したらしい。
キャストとして名前が出ていて嬉しくて涙が出ました。

一瞬ではありましたがエドワード・ジェームズ・オルモス演じるガフが出ていましたね!
ガフは前作でデッカードとレイチェルを逃がしてくれた刑事でした。
前作ラストではユニコーンの折り紙を最後にデッカードの家の前に置いて行きました。
「彼女も残念ですね」と名言を残して…
そのガフが今作ではおじいさんになって登場しますが今回の折り紙は羊でした。
フィリップ・K・ディック原作へのオマージュでしょうか。
原作も読みましたが当時の私にはよく分からなかった記憶があります。
今はもしかしたら理解できるようになったかもしれないという淡い期待を胸に機会があったら読み直してみようと思います。


続編はこれでもう終わりにしましょう。
無駄にこの名作が続いて欲しくはない。
リドリー・スコットがまた撮ると言い兼ねないと危ぶんでいますがもう十分です。
あの映画の様に違う監督で何作も続くのはもう勘弁してもらいたい。(面白かったけど…(^^;;)
でも続編出来たらまた心待ちにして観に行く自分が想像できて怖いですけど。
いずれにせよ1回観ただけで理解出来ているかはなはだ不明なのでもう一度観に行く予定です。
上映が終わるギリギリに人の少ない朝大画面で堪能したい!
今から2回目を想像してワクワクしているところです。



2回目(2017.11.11)
IMAX3Dで観てきました。
もう音がね凄くて体の底から痺れてくる感じ、堪らなかったです。
3Dだったので3Dメガネを借りて観たのですけど、普段眼鏡をかけている人はその上にかけてますか?
眼鏡は外して観ますか?
「ジュラシックワールド」を観た時は鼻がいずくて自分の眼鏡を外して観たのですけどそれもあんまりしっくり来なかったのですが今回はそんな事全く気にならなくて自分の眼鏡の上にかけて観てしまいました。(^^;;
これは間違ってますか?
すみません、普段3D観てないので慣れてなくて。(^^;;

やっぱり2回目ともなると内容が分かっているだけに泣くポイントは後半からやってきてずっと泣いていました。
ジョイが壊されてしまう時もデッカードがレイチェルもどきに会った時もKが囚われたデッカードを助けに来た時もそしてやっぱりラストも。
改めてハンス・ジマーの音楽の素晴らしさ!
IMAXで観てまた痺れました。
出来ればまた観たい!
部分的には良かった所はあるけれど、退屈だった。『ブレードランナー』に比べて映像で負けている。あのゴミゴミとした感じ、退廃感があまり感じられなくて。それになんというか話が大きくなりすぎてて掴み所がない。ちょっとガッカリ。あとジャレッド・レトをもっと見たかった。テーマやストーリーはよく練られてるけど映画としては退屈。何回か見ると分かってくるのかなあ。多分前作と比較しちゃってるんだろうなあ。俺はこの映画を楽しめない運命にあるんだろう。
Katy

Katyの感想・評価

4.5
あぁ 始まりから最高に鳥肌立ちました。

前作はジトッとしてる空気感。
本作は荒廃しているロサンゼルスには有り得ない雪、豪雨、無機質な冷たい空気感。

話の節々に出て来る 昔懐かしい感じ。
つい最近前作を見た為、記憶が新しい内だと非常に新鮮。

感情を揺さぶられ、時に涙し、レプリカント達の「生」への執着をまざまざと見せ付けられる。
人間だけではない、そこに生きている皆が何らかの形で人として生きる事を強く望んでいる様だった。

やっぱりライアンゴズリングの表情は凄まじかった。大好きー!
完全なる「ブレードランナー」の続編。
前作の良さをスポイルせず、新監督の味もうまくミックスさせて最高峰のサイバーパンク映画として形になっている。
素敵なシーンがありすぎてたまらない。
彼女との雨のシーンとか驚きと切なさが混ぜこぜになってやってくる。

ただし、長い。
ひとつひとつのカットを大事に見せてくれる感じはすごくありがたいし、素晴らしいことだと思うのですが。。

前作ブレードランナーを観終わったあととほぼ同様の切なさが漂うところとか含めて、これもブレードランナーなんだなと感じた。

個人的には公開前に配信された3つの短編がちゃんと本編の前日譚として機能してるところを評価したいです。あれがああしてああなってたのねってのがちゃんと繋がる感じ。

こうやって、ピースがひとつひとつ観ている間にハマっていく映画が好きです。
omizu

omizuの感想・評価

3.5
全体的にブルー

丸の内ピカデリーの爆音映画祭で鑑賞
爆音なのかはちょっと分からなかったが
小さなノイズのようなものまで拾えたのはこのおかげ?

ライアンがブレードランナーとして
日々淡々と旧型を捕まえ抹消していく
その中で、前作でレプリカントのレイチェルと恋に落ちたハリソン扮するデッカードのその後が交差していき、より奥深い哀しみが漂う

海や雨や水もそうだが、瞳の映像から
湿気を含んだ冷たさが伝わる
諦めを受け入れながら希望がほんとに希望になりえるか、どっちにしろ辛い生き方しかないレプリカントに何とも言えない気持ちに

日本語が多いのと、音楽の入り方が気になった
ライアンは台詞が少ない方がやっぱりいいなと再確認
おぐ

おぐの感想・評価

4.3
間違いなく前作あってこその今作で、前作を見ていないと理解できない内容になっているものの、前作とは打って変わってとても「饒舌」な作品だとの印象だった。
前作は筋書きとしてはシンプルで視聴者の解釈に委ねるようなシーンが多い「寡黙」な作品であった一方で、今作はより多くの人間・事実関係が交錯していながらも(前作との対比で少し詰め込みすぎなくらい)、一つ一つの謎に対して作品内でクリアに解を提示していたように思う。

好みは分かれそうだけど個人的には今作のほうが視聴者フレンドリーで好きになれた。
あとはハリソン・フォード(75)のキレッキレの動きがよかった。
恭介

恭介の感想・評価

4.2
これだけ作品の世界観にどっぷりと
浸れる映画も珍しい。

カメラワーク、照明、美術、小道具、音楽とヴィルヌーヴとリドリーの得意とする
分野で才能が炸裂している。
3時間近くある上映時間に観る前は
多少身構えていたが、長さを全く感じなかった。それだけ本作に没頭してた。

今や近未来ものの教科書のような存在まで昇華した前作。確かにビジュアル的な面での衝撃は凄かった。しかし、映画会社の勝手な改ざんや編集もあり、幾つものバージョンが存在する結果、今日まで色々と論争されるぐらい観る者を惑わせる映画となっていた。

その結果、興行収入は惨敗。そのまま闇に葬られててもおかしくない作品だったのが時間と共に再評価されはじめる。

で、この2049。前作から30年後の世界をヴィルヌーヴ監督、ゴズリング主演で続編製作!と聞いた時は、なんですってーっ!と驚いた(笑)

自分の中では前作は、カルト映画、にちかいものがある。製作されるのは嬉しいが、果たして需要があるのかどうか・・・
エイリアン・コヴェナントでもちょっと、ヤラかした感のあるリドリー監督が過去の偉大な功績に泥を塗らないかどうか・・

とかの、一抹の不安はあった。
現に本国では撃沈した2049・・

いやしかし!ヴィルヌーヴは素晴らしい仕事をした。前作から30年という微妙な時代設定のヴィジュアルと独特の間を持たせるストーリー運びの妙を上手く合致させ、オープニングからブレードランナーの世界観に没入させる力量を発揮している。

お馴染みの、ヴィィィィィーヴゥゥーみたいなノイジーな音楽もマッチしているし
(笑)

一般大衆にはそっぽ向かれても批評家筋からは高評価だったのはヴィルヌーヴの功績だろう。
ストーリー的にも前作と比べても難解な部分はなく、結構ガッツリ、謎を解明してくれているし、前作へのリスペクトもしっかり盛り込んで敬意を表しているところも好感が持てた。

しかし、前作からのファン、つまりブレードランナーマニアからはさすが、ヴィルヌーヴ!という評価を得られても、映画ファン、一般大衆まで浸透させる事が出来なかったのは残念。
しかし本作を機に1人でも多く、前作を観直すきっかけとなり、この二本をセットで鑑賞しようと思ってくれるよう願いたい。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.0
ファイナル・カットと短編3本、予習をちゃんとしてから観賞しましたけど…まあ、ダレるダレる…正直ちょっと期待しすぎた感がありました。

評価高いのもわかるけど、後半に入るまでが長くて退屈で…K(ライアン・ゴズリング)がブレードランナーとして動くのも最初だけだし、その後の彼の心理描写とか恋愛パート丁寧にやりすぎじゃないの?って思ったり…。デッカートが登場してからは持ち直して、勿論ラストの展開は好みだし木馬のくだりも好きだけど、その反面削れるとこも沢山あったんじゃ…って思う私がいます。素人がそんなこと言うのも監督に失礼な話ですけどね(笑)

降り注ぐ雪を見上げるラストで私の大好きな『ヒットマンズ・レクイエム』を思い出してしまったので、近々こっちも観ようと思いますね。なんかさぁ…もしかしたら私、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と相性悪いのかも。前作の方が相当好きだわ。なんかノレなくて超残念。
yhy

yhyの感想・評価

1.0
何をどう楽しめば良いのかわからなかった。前作への思い入れ次第かもしれない
ま

まの感想・評価

3.5
「あなたは特別だ」
Kにとっては、
信じたくても信じたくない
一言だったはず。

それでも彼は、
その言葉を引き受け、
自らの人生を歩み始めた。

だからこそ、
その後に訪れる
あのドンデン返しには
ほんとうに胸が痛くなる。
哀しく、切ない。

ラストシーン。
雪の中での微笑みは
どう解釈すればよいのだろう。
いろんな人の意見を聞いてみたい。