ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.6
最初のSONYクレジットでの音の厚みにドンっと押されて圧倒されてしまった。
ライアン・ゴズリングかっけぇ。

私にはやっぱりちょっと難しい世界観なんだけど、ラストシーンすごかったなぁ。
上映時間も含めてすごくお腹いっぱいになった。
Shown

Shownの感想・評価

5.0
難易度マックスレベルの続編なのでようやく決心して鑑賞。
トーンを抑えた世界観描写と演出を音楽がカバーして細かく盛り上げてくれて
これはこれでグッドです!!!
UHDBD買ってもっと楽しみます( ´ ▽ ` )
あばら

あばらの感想・評価

4.0
画面がどこを切り取っても独創的でカッコいい。ライアン・ゴズリングの哀愁漂う雰囲気に胸を掴まれます。
Reiji

Reijiの感想・評価

4.2
30年の時を経た続編。前回の世界観が蘇って大変嬉しい。
ただストーリーはハリソンフォードに縛られ過ぎてるように感じてしまったかな。それもそれで良いんですがね。
デデ

デデの感想・評価

3.8
前作のBladerunnerのデッカードとレイチェルの圧倒的なラブストーリー感から、主人公がレプリカントになることで己とは何かというもっと哲学的要素が加わった2049版。

Bladerunnerは、ソウルがあるかないか、が人間とレプリカントのボーダーみたいなことになっていたけど、今回もMadamが台詞としては言っているものの、なんだか生殖機能というmiracleや正しいことのために命を捧げることが人間らしさ、ということにすり替えられていて、少しテーマがブレてしまったのかな、と思いました。台詞の精査はもう少しして欲しかった。特にレプリカントの生殖機能については突き詰めたら難しい!愛の成せたワザ的なことで乗り切るのか、、それならそれだけで反乱軍立ち上げるのはなかなかの強引さなのでは、、?

前作よろしく、あえての未完なのでしょうが、Wallaceという悪に、奇跡の娘を先頭に立ち向かう反乱軍的なレプリカントたちのこれからの衝突を予感させるちょっとスターウォーズ的な引っ張り方wにモヤってしまった

でもそんな色んなツッコミはすべてさて置き、映像美、世界観、スケールのアップデートも満足でしたし、何より儚げな表情をさせたら世界一のライアン様はやっぱり素敵だった。あー期待してしまったのよね、可哀想、。記憶の埋め込みという設定は前作を踏襲してて、ストーリーとして面白かった

特に印象的だったのはJoeとJoiのラブシーン。なるほど!そうやって繋がるのね!と、切なくもとても綺麗でドキドキしました(もう少し観たかった)

この作品の続編に真剣に向き合うそのチャレンジ精神に素直に拍手したい

#劇場に観れなかったのが悔やまれる
yarny

yarnyの感想・評価

-
前作のダークで退廃的な世界観を尊重した上で、自分とは何か、何を求めるのかを独自の映像美で描いた芸術性高い力作です。
賛が多いけどあえて自分は否に1票です。確かに前作からテーマも引き継いで完全なる続編なんだけど。ハードボイルド感が足りない。
主人公は一匹狼がやっぱり良かった、
kさんの草食男子っぷりがどうも苦手。
レプリカントの存在の在りかたを全面に押し出しすぎて説教くさく長尺すぎ。
ハリソンとの殴り合いいるか?
今作はkが主人公だから脇役に徹して欲しかった。
人造人間に魂が宿るか、人間との違いは何なのかを探求する映画だなと感じた。

人造人間が、自分は人間によって製造されたものではなく、何らかの力によって人間のように、“生み出されたもの”だと考え、そこに喜びとか、自尊心を感じていたし、自分の損得ではなく、他のもののために身を投げ出していくような精神的な行動を見ると、映画を作った人は、人造人間にも魂が宿ると考えているのだなと思った。

そうかもしれない。宿ることもあるかもねと思った。

それと、 魂が宿ったものを、ロボット扱いして奴隷のように使役してもよいのかと問題提起されているようにも思えた。意外と本気で、このような未来がやってくると、考えているのだろうなと感じた。
『ブレードランナー』は、熱狂的じゃないにしても結構ファン。この映画に影響されて、フィリップKディックの『アンドロイドは、電気羊の夢を見るか?』や押井守の『攻殻機動隊 ゴーストインザシェル』にハマった。

つまり、機械化文明が進んだ先にある「人間らしいアンドロイド」と「高度に機械化された人間」の差異がゼロに近づいた先に「人間とは何か?」を突きつけてくる。

そういう意味では、この映画も「人間とは何か?人生の生きる意味はなんなのか?」をしっかり描いた非常に素晴らしい映画。

つまり「自分が由緒もなく、ほんの小さな、取り換え可能な存在で、大きな物語のほんのワンピースと気付いてしまったとき、私たちはどうするか?」ということ。

大河に流れ込むほんの一滴になるにしろ、くさらず、諦めず、一歩ずつ踏みしめて生きる。私たちは自分のミッションを見つめて、そこに向かって格闘してこそ、生きる意味を見つけられる。

つまり、それこそが「人生を生きる」ということであり、人間であろうが、機械であろうが、その姿勢を持つ者が「生きている」と言えるのではないか。

わたしは、そう感じました。
現代のサクッと見れて面白いよーなファストムービーとは真逆を行く作品。
以前の未来的、かつ荒廃した土地というブレードランナー的要素を含みつつ、ストーリーは目新しさが有り、前作より引き込まれる。すごく面白かった。
ただ、事前にファイナルカットを見ておかないと置いてけぼりを食らうことになる。