ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

前作を観ないでの観賞‼
意味不明で長くてなんなんだと思わせながら眠くはならない面白さがあった。
機会があれば前作を見て理解したい!
ねしば

ねしばの感想・評価

3.5
とりあえず長かった。
ドゥニ・ヴィルヌーヴの作品と言うことで、映像美や音楽性は素晴らしく、寝落ちするのを何度か助けられた。
Kuni

Kuniの感想・評価

3.0
2017.11.4 109シネマズ二子玉川にて。 前作を見かえしておいてよかった。 展開がどう進んでるいくか、3時間の長さは気にならず。オリジナルのブレードランナーの雰囲気は出ていた。面白いかと聞かれると複雑。
映像の静かさと画面の暗さ、会話が少ない中の電子音が夢の世界へ誘い、ついつい眠りに‥
コンディションを整えて元気な時に見ることを強くオススメします。
結局二回見る羽目になったが、二回目はなかなか考えさせられたり、切なさもありました。
ALOHA

ALOHAの感想・評価

3.5
うーん、そこ拗らせなくても…
ドゥニさんらしいと言えばそれまでだけど…
でも、どうせ拗らすなら、もっと激しく拗らせて欲しかった。
最近、中途半端だよ、ドゥニさん
商業的な大人の事情かね…
1065

1065の感想・評価

3.5
孤独なKが希望を抱いて踏みにじられて更に孤独になる話

彼らの名はブレードランナー
イモムシとガーリック栽培
お前ら新型はクソな仕事に満足してる。奇跡を見たことがないからだ。
木に花が添えられその下にはボックス
基本ライン:どす黒い虚無が紡ぎ始めた。1つの大きな細胞内の部屋と部屋の連結、細胞内の連結した細胞組織。暗黒を背景に恐ろしく鮮明に白く高く戯れる噴水。
ジョイ早くも4変化。ホログラムだけど指で火を着けられる
青白い炎
エマネーターのプレゼント
屋上でいちゃいちゃ
腸骨にひび割れ
妊娠したレプリカント
生まれたものには魂があるかと。
あなたは魂が無くとも上手くやっているわ。
ウォレス社の水晶みたいなデータアーカイブ
彼女デッカードを惹こうとしてる。
羊の折り紙
彼は孤独を手に入れたから退任した
天使は贈り物を持たずに神の国に入るべきではない。嬰児が生まれたとは宣言できないのか?
己を知ることより早く命の喪失を恐れる。誕生おめでとう。
1本だけ弾けない鍵盤の裏から子供の靴下
枯れ木に6 10 21
少年Kは自分の馬のために闘った。
AとTとCとG。このアルファベットは人間を表す4つの文字。私は2つだけ、1と0。記号は半分だが君は2倍魅力的だ。
DNAが同じ男女の子供
女児はガラテア症候群
孤児院で30年間隠され続けた木彫りの馬
記憶創造者
誕生日ケーキの火を消す瞬間の楽しさ
基本ラインができない
娼婦の肉体と同期するジョイ
木馬からトリチウム
宝島:あんたもしかしてチーズを一切れでも持ってないか?幾晩も俺はチーズの夢を見たこんがりと焼けたやつの夢を
時には愛する者のためには他人でいた方がいい。
自社製品を踏み潰す
彼が守りたいのは娘の安全。彼から私の居場所がバレてはいけない。彼を殺して。
ラケル=レイチェルの頭蓋骨
娘に会いに行ってやれ

SummerWind_FrankSinatra
PeterAndTheWolf_SergeiProkofiev
Can'tHelpFallingInLove_ElvisPresley
OneForMyBaby(AndOneMoreForTheRoad)_FrankSinatra
Gen

Genの感想・評価

3.8
前回より複雑になってるけど
CGの技術が向上して
みていて面白かった。
これ前編見てない状態で2049みたら
サッパリだな…w
2049の続きが楽しみ
Akiward

Akiwardの感想・評価

4.7
書きたいことありすぎてめんどくさがってたら結局書くの忘れて今更思い出した映画。なにを書きたいのかも忘れた。

とりあえずめちゃめちゃ良くて感動した。映像と迫力がすごい。

映画の入りからすごいダークな感じが好きだった。どんでん返し的なのもあるし大好きな映画を見つけました。
『ブレードランナー』(1982年)の35年ぶりの続編。前作も映画館で観ている身としては、映画館に観に行きたかった度はかなり高かったが、日本での興行成績は良くなかったのでしょうか、気づいたら上映終了していました。
ということで、DVDをレンタルして鑑賞(Blu-rayも買ったのですが未開封のまま、自宅ではなかなか観られない・・・)。

先日『ブレードランナー』を観直しておいて良かった。世界観は変わらず、さらに暗鬱とした未来が提示される。

Ryan Goslingの無表情さがレプリカントらしくて良かった。

Robin Wrightが、KD6-3.7の自宅でお酒を飲みながらKを誘っているのに、すげなく断られた時の表情にグッと来た。

JoiとMarietteが「同期」した状態でのJoeとのラブシーンは、2Pなのに3Pという、なんとも言えない状態で先鋭的かつ刺激的でした。

Harrison Fordは昔から大好きだったけど、「若い時のキャラクターがそのまま年齢を重ねた」という役が続いていて(Han SoloとDeckard)、嬉しいような悲しいような。
『ブレードランナー』ではDeckardもレプリカントなのではないか、と思っていたけど、結局そこの結論は出ないまま。

Sean Youngは本当に久しぶりに映画で観た気がする。
iMDBによると、たぶん私が最後に観たのは『Ace Ventura』なので、かれこれ20年ぶり。最初は似ている別人かと思ったけど、本人と知って驚いた。

Denis Villeneuveは『Sicario / ボーダーライン』もとても良かったので、他の映画も観てみたいと思った。
#ストーリー分かって見直したら結構気に入ったので、再評価。ヴィルヌーブの静かな展開と映像美は素晴らしい。

ブレードランナーの未来は、いかにもリドリー・スコットらしい未来だった。つまり、暗くて汚い世界。そこにヴィルヌーヴの映像美が加わる。

比較的単調なストーリーを飽きさせずみせるのは、ヴィルヌーヴの手腕そのもの。

ストーリーは前作以上に宗教的。番人受けするエンタメではないかもね。

俺もバーチャル彼女欲しい。