ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

NAMI

NAMIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作ではレプリカントってなんだか得体が知れない存在にしか捉えられなかったけど、今回はKに完全に感情移入しちゃった。車から命がけで救出した後に、デッカードからWho am I to you?って言われた時どんな気持ちだったんだろう…って考えるととても切ない。

ロボットが感情を得ることなんてあり得ないと思ってたけど、もしレプリカントみたいに記憶の植え付けができるなら確かにそれは可能だよね。とても納得のいくあり得そうな理論。

でも、それが実現しちゃうと、ますますアイデンティティが希薄になっていく気がしてならない。データさえ残っていれば複製可能、しかも本人は複製されたのに気づかずに本人かのように振る舞う。大切な人を失くさずにすむって聞こえはいいけど、実際はどうなんだろう…

ストーリー以外だと、映像が綺麗でよかった。砂漠化した街とか、博士のもつ機械が作り出した森とか、どこか闇を感じるシティ(東京?前ほどアジア感押し出してなかった)とか、非現実的な世界を描いているからこそ、そこに力入れてくれるのは嬉しい。こんなに世界が荒廃しても雪はちゃんと降ってくれるんだね。

まとまらないけど、とにかく気に入った!レプリカント対人間編も楽しみだなぁ
柿

柿の感想・評価

3.9
ストーリーに感情移入しやすく、鑑賞者私達人間とレプリカントであるKが重なれば重なるほど儚く無常な世界だと感じました。そんな世界でKがどれほどショックを受けても現実を受け止め生きている様が、人間の強さなのかレプリカントという自覚からくる無情なのかとても曖昧で繊細なキャラクターで良かったです。
やはり前作を観てから鑑賞する事をおすすめします。レプリカントの境遇を理解しストーリーが断然分かりやすいです。

世界観の完成度的に2049の方が自分は好きでした。
勉強不足すぎて分からないところが多々あったけど
父はすごいと言ってた
にわかすぎました。もっと前作観ます。
Y

Yの感想・評価

4.8
壮大な世界観とそれを壊さずかつ負けないレベルにクオリティが高いストーリーが最高。ゴズリングもカッコ良い。
切ない。切なすぎる。これが切ないと感じない奴はブレードランナー見てないでしょ。
あきじ

あきじの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

特別な生まれかと思ったけどそうでもなかったみたいなプロット最近流行ってんのか知らないけど、現代的だなあと思う

バーチャル彼女が可愛すぎてストーリーへの集中力がそがれるおそれあり
Emiri

Emiriの感想・評価

2.8
前作と同じ独特な世界観なのは良かったけど、深すぎて3回くらい見ないと理解できなさそう。哲学の授業でオリジナルの解説聞いたけど、その先生にこれも解説して欲しい。
せがわ

せがわの感想・評価

4.5
終始、切ない悲しい寂しい…

ヒロインのAIが可愛かった

前作みてないと絶対これわからないだろって思った
1回目観たときは帰省してて親父が借りてきてたのを観たけど(SF好きは父親の影響)疲れで途中で寝てしまい…今回ちゃんと観たけど映像的な新しさとか革新的デザインみたいなのは今の時代において頭打ち感は否めないけど、それを解ってたのかアクションも少なめで内面や心理や感情や哲学を観せていた、イノセンスに近い感じ。
今にも言えるけど、その時代時代で変化する価値観の潮流にいるようで痛々しかった。
BAC

BACの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・「嘘でも何でもいいじゃないか、ジョイさんさえ居れば」
こんなことを思いつつ映画を観てた。

・ブレードランナーの続編を作るという難題を
頑張ってクリアしてる。
とはいえ、上記のような邪な思いに囚われたのは
脚本が弱く、演出の方向性のため
観てるこちらも霞み掛かった気持ちになったからだと思う。

・先が見通せない世界を表したにせよ
話自体は結構具体的なわけで、これなら物憂げな雰囲気を
ここまで強調することはなかったと思う。

・種をつなぐ、揺らぐ現実、人間性とは、
と、色々面白そうなテーマが出てくるけど
もう一つ大きな流れに結実しなかった感じ。

・揺らぐ現実ということでは
ジョイさんの同期ラブシーンが良かった。
実のところ、これが一番印象に残ってる。

・翌朝、イラッとした感じで売春婦を追い出すジョイさん
こちらのハートを掴みまくり。

・「人間、旧型・新型レプリカント、データの違いだけじゃない?」とかっぱするジョイさん。
「K、しっかりしてくれよ」という気分になる。
もうジョイさん主役で映画を観たい。

・広告のジョイさんは別人、というところで
Kのやるせなさと、こちらの気持ちがシンクロする。
ほんと、ラヴはジョイさんを殺したことで大悪党になった。

・新型レプリカントの誕生シーン。
肉々しい感じが、もろフランシス・ベーコン。

・愛してるが故に距離を置く、という
デッカードの姿勢にはグッときた。
ハードボイルドの感覚があったね。

・ハリソン・フォード、歩きはヨレヨレなのに
パンチを繰り出すところは力強さがあって
不思議に歳を感じさせない。

・ラスト、あれでいいのかな?という気がする。
娘とバレかねないし、あの場所から出られないんだから。