ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

前作観てない人が観ても1割ぐらいしか楽しめないのではないでしょうか…

とりあえず前作の靄が晴れてそれだけでも観る価値はありました!
流石に約3時間もあって丁寧に作り込まれてますね…ディストピア感も増して、これぞSFだなと改めて思いました!

ライアンゴズリングの演技もめっちゃ良かったなぁ。あとアナ・デ・アルマスとシルヴィア・フークスな…🙏(語彙力)
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

4.5
「サイバーパンク」

今となっては耳馴染みがなく、古びた言葉かも知れませんが、僕にとっては今でも一番好きなジャンルかも知れません。

「ブレードランナー」との出会いは約10年前に遡りまして、当時でも既に公開から30年以上経っていると言うから、毎度驚かされる。

3度に渡る世界大戦、環境破壊、そしてテクノロジーの進歩。文明の荒廃と発展が繰り返し重ねられたその世界観に釘付けになり、その中で生まれるアイデンティティの存在意義に悩まされ、また強く感銘を受けました。

愛する余り、大学ではアメリカ文学を専攻し、原作とされるフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を題材に、ポストコロニアルリズムに関しての卒論を提出しました。

そして待ち焦がれた今作は、「複製された男」「プリズナーズ」「ボーダーライン」「メッセージ」と数々のヒット作を世に送り出した、今最も勢いのあるドゥ二・ヴぃルニーヴがメガホンを取るというから、期待が高まる。

感想は言うまでもないです。

「自分は一体どこから生まれた何者なのか」、前作からテーマになっているアイデンティティを探す旅に主人公と共に、適度に大胆で絶妙に控えめな画に引き込まれながら追体験をする。

旅の終わりにあるものは何なのか。

是非この機会に劇場に足を運んで下さい。
Aki

Akiの感想・評価

3.8
前作と新作どちらが好きかというと、やはり前作かな。まぁでも死んだ魚みたいな目したゴズリングも良かったと思う。リアルを感じられない空虚さが表情や佇まいでよく表現されてた。ラストは前作のロイの最期の、あの美しくて悲しいセリフを思い出さずにいられなかった。
zhaori

zhaoriの感想・評価

-
かっこよ、、
どうやったらこんなの作れるんだろ
どんな風に思いついてどんな段取りで取り組めばこんな映画が作れるのか、、

クレジットで日本人何人か見つけて
誇らしさと羨ましさがあった
楽しそ。
まさ

まさの感想・評価

4.5
いや最高だった。

音楽からブレードランナーの世界観、この配役はライアン・ゴズリングがよく似合う😭

最初から最後まですごく楽しめた!
和田孫

和田孫の感想・評価

4.0
さすがに観ておかなきゃと思って遅くなりましたがIMAX3Dで鑑賞。観てよかった。長かったけど。トゥモローワールド感あった。レプリはヒトやないのに感情移入しちゃったわ。画がとにかく綺麗で、光の使い方が悔しくなるほど美しかった。奥さんが可愛かった。
三ツ矢

三ツ矢の感想・評価

4.0
長い、のと、展開的にん?となってしまう部分がある
主題となるテーマと全体的な埃っぽい雰囲気、それといくつかの場面が好みだったので良かった
でも長い、その上まったりしてるので3時間超に感じた
ちなみ

ちなみの感想・評価

3.8
前作をおさらいしてから観るべし(๑>◡<๑)
これはもうど直球のSF。

35年の時を経て作られた続編、どうなることかと思いましたが、もう最高の世界観です。前作から30年の時が流れたサイバーパンクなビジュアルが、全編、ブレードランナーたらしめてます。

特にこれまたハンス・ジマーの音楽が場面場面を盛り上げる。
もうこの壮大な映画を壮大にするには、ハンス・ジマーしかないっしょ!ってなくらいジマーしてますw

こないだダンケルク見たばっかりってのもありますが、まぁ重厚感がハンパない。
むちゃくちゃ合いますね。

ただ難点が。。

展開が淡々としてる上にこの音楽、僕はとてつもなく心地良いみたいで、眠くなっちゃうんですよ毎回!
ハンス・ジマーは睡眠に持ってこいの波長のようですw
だから辛い。瞼を必死に開けておりましたw

デッカードが出るというので、前作をちゃんと予習して行ったのですが、いやホント、観ておいて良かったです。
ていうか、ハッキリ言って前作観ていないとお話について行けないので、本作を鑑賞する前は必ず観てください。
ファイナルカットで(僕はこれしか観てないです)。

とにかく丁寧に話が綴られます。
上映時間164分は伊達じゃない。
ちょっち長いですが、そこまで長さを感じず没入できます。
SF好きには堪らないです。
続編を作ってくれて、本当にありがとうございます。

ホログラフィックの女性は、むちゃくちゃ流行りそう。
こんなんできたら、生身の女性はいらないなって思う時代になるかもしれない。特に今の日本社会を観てると、夢想の話ではないなって感じがする。

そのうちいつかきっと人類は、アンドロイドと人口の比重が変わる時がくるかもしれない。

それくらい、人間かアンドロイドかなんていう視点はなかった。

人類に問いかける生命の物語。
人によって時代によって捉え方は変わってくるであろうSF史上に残る大傑作。
スター

スターの感想・評価

4.0
評価が分かれてるようですが、個人的には満足でした。前半良かったけど、後半はやや冗長に感じた💦
舞台は未来のロサンゼルス。ロサンゼルス警察に所属する捜査官を、ライアン・ゴズリングが演じています。この捜査官の任務は、逃亡したレプリカントと呼ばれる人造人間を逮捕すること。
彼の慰めは、立体映像で作られた『理想の女性』だったが・・・。