ワンダーストラックの作品情報・感想・評価

ワンダーストラック2017年製作の映画)

Wonderstruck

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧…

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結びつけられ、ひとつになっていく――。

「ワンダーストラック」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.9
まず、撮り方が素敵でした。お洒落。

1927年の過去と1977年の現在
その違いを音楽や音、色だったりで表してて、その年代の雰囲気、当時の映画に合わせている感じ。好き。

過去の話で、会話や街の音が全く無いのが新鮮で、面白かった。

違う時代に家出をしてニューヨークに来た女の子と男の子の話。
ちょっとした冒険。友情だったり、家族だったり、重たすぎずニコニコしながら観られる内容。
最後はうるっとしました。

個人的に自然史博物館にこの前、旅行で行ったから出て来た時、なんか嬉しかった。笑
事故で聴覚障害者になった少年が手掛かりを頼りに父親を探す物語

音が聞こえることが当たり前過ぎて感じなかったけど、音が聞こえないことがここまで不安になるとは、、

泣き声も届かないのに、赤ちゃん育てられたことにも、聴覚障害者になってもハッキリ話せているのにも驚いた
パッケージが魅力的で鑑賞。

世界観すごかった。
勝手にライトなファンタジーSFかと思ってたけど、ちょいとシビアだった。

こんなにもセリフが少ないの初めてかも。
BGMはあるものの聴覚が不自由な状態を感じることができました。
(ちょっと長かったなー…。)

時系列を白黒とカラーで分けてるからか、
めちゃくちゃ色とか映像がキレイに見えた。
良き時代なのかね。

とにかくベンに幸せになってほしいと願いながら見ました。
繋がれてよかった!最高の出会いだね!

少し"オーロラの彼方へ"感があった。
こういう不思議な感じはテンション上がるよな~~
個人的にはジェイミーが好きでした!いいやつ!
ひじき

ひじきの感想・評価

5.0
この監督の作品はある映画のラスト観てから
二度と観ないと決めてて避けてたんだけど
予告観て、こんな映画も作れるんだと
完全疑心暗鬼で観たせいなのか
凄く満足した!

で、調べたら
トッド・ソロンズと間違ってたので
これからおさらいして観ますwww

ちなみに胸糞悪かったのが
『トッド・ソロンズの子犬物語』です。
そしてラストのみだけです。
くみ取れないし
その時期に観て心臓一時停止した
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
と違わないんだけど…全然違って
僕の中で全く意味の無いものだったので。

注)初期のはまだ観れてた。
かむ

かむの感想・評価

3.2
予告見て気になってた作品 🎬

色んな手法使ってるから、ストーリーより

映像に目がいってまう 👀 綺麗やったけど

集中力ないときには、ダメなやつ 🙅‍♀️
yuuki

yuukiの感想・評価

3.2
頭が冴えてるときに観たらもっと楽しめたんだろうな〜。
あんなに分からなかった読唇も手話も分かるようになっているところに、見えない歴史を感じられてよかった。
エンディングロールが素敵。
映像がとにかく美しくてそこは良かったです。
時代をしっかりと映している。

ストーリーは悪くはないんだけど、一番の盛り上がり部分が弱かったり、もうちょっとそこ詰めてほしいなってところが多かったりしてイマイチ乗り切れなかったのも事実です。

ただやっぱり映像がすごく良くて、画で見せる感情とか物語の動きは良かったです。
ローズとお兄ちゃんのくだりすごく好きです。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.6
耳が聞こえない世界を少し体感できた。
映画好きの耳が聞こえない少女が“サイレント”から“トーキー”になるのを知るところが可哀想だった。

慣れ親しんだものが変化するのを受け入れるのは難しい。
すぽ

すぽの感想・評価

3.2
無声白黒映画で綴られる1927年とサイケな1977年を舞台に綴られる少年と少女の物語。

それぞれの街並みの再現が素晴らしかった。
いろんなところが中途半端に思えたけど、<ツァラトゥストラはかく語りき>のアレンジがかっこよかった
bata

bataの感想・評価

3.4
雰囲気○
>|