ワンダーストラックの作品情報・感想・評価

ワンダーストラック2017年製作の映画)

Wonderstruck

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:117分

3.4

あらすじ

「ワンダーストラック」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.9
まず、撮り方が素敵でした。お洒落。

1927年の過去と1977年の現在
その違いを音楽や音、色だったりで表してて、その年代の雰囲気、当時の映画に合わせている感じ。好き。

過去の話で、会話や街の音が全く無いのが新鮮で、面白かった。

違う時代に家出をしてニューヨークに来た女の子と男の子の話。
ちょっとした冒険。友情だったり、家族だったり、重たすぎずニコニコしながら観られる内容。
最後はうるっとしました。

個人的に自然史博物館にこの前、旅行で行ったから出て来た時、なんか嬉しかった。笑
違う時代のローズとベンが博物館でシンクロするファンタジーかと思って観ていたら全然違っていて、最後そういうことかとようやくわかった。
二人とも耳が聞こえないため、特にローズの物語は周りが無音で音楽だけなのが効果的な演出だった。モノクロなのも雰囲気があってよかった。
ニューヨークのジオラマが素晴らしい。
切身

切身の感想・評価

3.4
ローズの物語が断然好き。
ミリセントシモンズは、クワイエットプレイスでも聾だったけど、本当なのね。そりゃ迫真だわ。真に迫るってかまさに真。

展開はおおむね読めるタイプたけど、なんかこう、小さい子が現状を打破しようとして旅に出るのはとても好感が持てる。
はじめてのおつかい、的な。
長すぎる…
なにが言いたいのかずっとみててもわからず…寝落ち。
最後までたどりつかなかった。
最後が面白いらしいけど。。
好みではない作品。
mrj

mrjの感想・評価

1.9
中身の薄い前置きが長過ぎて 最後まで耐えられなかった。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.7
映像や音楽、ジオラマなどなど素敵だった。この監督さんの作る映画の雰囲気好きだなぁ〜って思いました。

1920年代はモノクロで無声(本当に無声映画観てるようだった)。
1970年代になるとカラーで周囲の音が溢れてる世界。
交互に流れるから不思議な感じ。
20年代の映像を完全に無声にすることで上手に真実隠してたなぁ。

基本的に映画は深読みせず頭空っぽにして観るので、展開も読まずにラストでなるほど!ってなって気持ちよく観終わりました(笑)

地味な役のジュリアン・ムーアがまた良きでした。
新旧織り交ぜた演出だったり、博物館や美術館でのシーンが多かったりと、芸術的な要素がたくさんある映画でした。

父親を探すベン、憧れの女優に会いに行こうとするローズ。
2人の過ごす時代の対比が良かったです。

ローズ目線の1927年はモノクロで、ニューヨークは誰もがビシッと整った服を着ている美しい都会。
ベン目線の1977年はカラフルで、ヒッピースタイルってやつかな?
色んなところに落書きがあったりして、ニューヨークは若者の街という感じ。

モノクロの映像になるときは声が全部消えていて、ローズが聴覚障害を持っていることを表しています。
観終わったあとに、ローズ役を演じるミリセント・シモンズ自身も聴覚障害を持っていると知りました。
彼女のデビュー作なんですね。
表情が可愛らしく、素敵な演技をされています。

締めはなんとなく強引な気もしますが、違う時代を過ごした2人が繋がるところは「なるほどなあ」と声が出ました。
鑑賞記録
ミステリー仕立てって、好きだな。ただ導入が入り込めないと...なんだけど、この作品はヴィジュアルや音楽、装飾にミニチュアなど、凝った工夫も色々あって、とても楽しめた。
少しBL感あったのかな笑
ip

ipの感想・評価

3.5
期待していたほどではなかったかな。残念なことに。
二つの物語が繋がるところはずいぶん唐突だったなー。作品の構成上繋がるのはわかっていたし、伏線も早いうちからあったから。

にしても、耳が聞こえないのに会話が繋がっているし、演出はどうなんだろう。あえてそうしたのかもしれないが。

27年と77年を色使いで分けているのは非常に良い。分かりやすいし、対比が見事。
ローズ役の子役はクワイエット・プレイスにも出ていたのね。ろう者の俳優さんとして今後を見守りたい。
>|