ケチャップリン

カフェ・ソサエティのケチャップリンのレビュー・感想・評価

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)
4.2
ウディアレン監督&ブレイクライヴリーが主演しているためずっと観たかった作品。


ウディアレン監督作品の雰囲気が好きすぎる。

会話を聞いているだけで楽しい。
人って面白いなとなる。
感情のすれ違い、状況が変わり揺れ動く心。心理描写が巧み。


宣伝だと"ふたりのヴェロニカ"って言っていたけれど、物語の殆どがクリステンスチュワートが演じた方のヴェロニカだったのには驚いた。でも魅力的な女性で凄く良かったし、透明感があった✨

ブレイクライヴリー演じるヴェロニカは、出演場面は少なめだったけれど、お花もらう場面とか可愛かった〜♡✨やっぱり笑顔が好き!


最後の余韻も良かったなぁ✨