カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

実は今日、この映画見に行く前に、スキマ時間で細々見てる同監督のDVDボックスの中のディスク5「アニーホール」を見たんですけど、この「カフェソサエティ」を見てて、あっ!なんか似てるって思う瞬間が多々ありました(*´ω`*)
この頃からこの監督の考えって一貫して変わってないんだなぁ~って感じました。もちろんストーリーは全く違うんですけど、伝わってくる感覚が似てるんです。

ちなみに「アニーホール」はうわべだけのうっすいレビューを以前書いちゃったんで今回は書きません。レビューって書き換えるとなんか変な風になっちゃいそうで怖くて さわれません(;´Д`)

さて「カフェ・ソサエティ」ですが、予告編の印象では主人公ジェシーアイゼンバーグが同時期に同じ名前の2人の女性と出会い、うまくバレないように二股するって感じのドタバタコメディかなって思ってました。

蓋を開けてみたら全く違いましたねぇ~。おしゃれな大人の恋愛模様。ララランドに似てるって意味も分かりましたね♪

で、ジェシーアイゼンバーグ。話し方や動作がウディ・アレンそのもの!特に娼婦とのやり取りはまんまでしたww

で、この映画はただの恋愛映画じゃないんです。

彼の家族巻き込んだコメディな展開が色々伏線となって絡んでくるんです。その辺りも面白かったです(´∀`)
マフィアの兄と絵に書いたようなユダヤ人のお母さん。この2人がツボでした(笑)

笑いがあったかと思えば、ロマンティックな展開にもなるし、誰この脚本書いた人!?

ウディ・アレンです(´▽`)

この映画を最後に引退しても一切 文句が言えないくらい私にとっては名作でした!

ハリウッドを毛嫌いし、ニューヨークにこだわる監督らしさも素敵でした(´∀`)

もう1回映画館行きたいわぁ~
DVDは絶対買います(`・ω・´)ゞ!!
あやめ

あやめの感想・評価

3.1
切ない恋の話。ヒロイン美しかった
YP子

YP子の感想・評価

2.5
いやいやいやいや。
すんごく面白くなかったんだけど!

5月のある日、吉祥寺で友人のライブを観た後暇になりレイトショーを探してちょうどよくやってたのがこの映画だった。
新宿の東宝シネマズまでいっそいで向かって。予告始まってるのにポップコーン買って楽しみに観賞したら...

すっごくつまらなかったぁー。
飲んだ後だったし、すっごい走った後だったからか、あの映画の雰囲気がなんかちょっと合わなかった(え、自分のせいだけどね 笑)

完全チョイスミス。

だけど、多分万全な状態で観たとしてもさほど面白くなかったな。
キャッチコピーに負けてた感が否めない。

あと、この映画を観てはっきり確信したんだけど、私はジェシー・アイゼンバーグが好きではない。
だから余計面白く感じれなかったなー。

クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーは大好きだからそこは良かった。


1930年代のハリウッドとニューヨーク、もっと別の世界観を想像しちゃってた。
ウディ・アレン映画、私にはちょっと難しいのかもしれない。
どい

どいの感想・評価

3.8
ウディアレンぽい、ライトで楽しいラブコメ。急に終わるけども。

リトルミス−のおじさんがイケイケダンディーなの面白い、いい声話し方。

このレビューはネタバレを含みます

ジェシー×クリステンの共演というだけで観に行き、オープニングで苦手なウディ・アレン映画だと知った。
自己反映というか、独りよがりというか、ナルシシズム的な映画が多いように感じて苦手なのだが、今回も苦手意識を持って見てしまったせいか、最後まで良いとは思えなかった。
いいレビューが多い中、あまりにも共感できなかったので感想を後伸ばしにしてきたが、何度考えてもやっぱり良さがわからない。
ヴォニーと一緒になるために奥さんと別れたフィル。
離婚させてまで一緒になったのに、ボビーのことを想うヴォニー。
ベロニカと結婚しながらも、ヴォニーのことが忘れられないボビー。
フィルは奥さんを、ヴォニーはフィルを、ボビーはベロニカを裏切っているというか。。誰しも他の誰かのことを想うことはあると思うが、それでもそれを映画で見せられるのは不快だった。
不安になっているベロニカを可哀想に思った。
えり

えりの感想・評価

-
華やかな時代、魅力的なファッションにおしゃれな会話。
好きなもの全部のせのはずなのになぜかノリきれず。
酒も入れてないのに睡魔に襲われ、合わない映画とはこのことかと悔しい思いをしました。
何が原因なのか追求してみたくなりました。
sai

saiの感想・評価

4.0
もう一度見たい。
Kohtaro

Kohtaroの感想・評価

-
ウディ・アレンの映画作品は今まで6作品を見たのですがどれも結末が最後まで読めなくて。そして、たくさんの教訓にあふれていて。これもそうでした。

一種ラ・ラ・ランドに近い雰囲気の中で繰り広げられる恋愛の数々が大人な世界すぎて。カフェ・ソサエティという題名がじわじわとしっくりきています。

ウディ・アレン作品群の俳優は毎回人が変わるのに毎回ベストな演技なの本当にすごいなぁと。
>|