カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

実は今日、この映画見に行く前に、スキマ時間で細々見てる同監督のDVDボックスの中のディスク5「アニーホール」を見たんですけど、この「カフェソサエティ」を見てて、あっ!なんか似てるって思う瞬間が多々ありました(*´ω`*)
この頃からこの監督の考えって一貫して変わってないんだなぁ~って感じました。もちろんストーリーは全く違うんですけど、伝わってくる感覚が似てるんです。

ちなみに「アニーホール」はうわべだけのうっすいレビューを以前書いちゃったんで今回は書きません。レビューって書き換えるとなんか変な風になっちゃいそうで怖くて さわれません(;´Д`)

さて「カフェ・ソサエティ」ですが、予告編の印象では主人公ジェシーアイゼンバーグが同時期に同じ名前の2人の女性と出会い、うまくバレないように二股するって感じのドタバタコメディかなって思ってました。

蓋を開けてみたら全く違いましたねぇ~。おしゃれな大人の恋愛模様。ララランドに似てるって意味も分かりましたね♪

で、ジェシーアイゼンバーグ。話し方や動作がウディ・アレンそのもの!特に娼婦とのやり取りはまんまでしたww

で、この映画はただの恋愛映画じゃないんです。

彼の家族巻き込んだコメディな展開が色々伏線となって絡んでくるんです。その辺りも面白かったです(´∀`)
マフィアの兄と絵に書いたようなユダヤ人のお母さん。この2人がツボでした(笑)

笑いがあったかと思えば、ロマンティックな展開にもなるし、誰この脚本書いた人!?

ウディ・アレンです(´▽`)

この映画を最後に引退しても一切 文句が言えないくらい私にとっては名作でした!

ハリウッドを毛嫌いし、ニューヨークにこだわる監督らしさも素敵でした(´∀`)

もう1回映画館行きたいわぁ~
DVDは絶対買います(`・ω・´)ゞ!!
Masayan

Masayanの感想・評価

3.5
【ハイブランドを意識したサクセスストーリー】

ウディアレン全開の作品でした。

物語はハリウッドに上京してきた冴えないボーイが恋に落ち、なんやかんやあってニューヨークに戻り成功して過去を思い出す。。

ララランドが参考にした作品との事ですが、まぁ確かにストーリー(主人公の生き方)はなんとなく似てるかな。

しかし、この作品って女性に響くのかなー。。要の恋愛は浮気と不倫だし、まぁ芸能の派手なセカイニにはお似合いといったらそうなんだけど、今ひとつダサい。

なんとなく過去に囚われた人達の物語という感じかな。それをラブストーリーだというなら、ちょっと歳をとったのかもしれない笑
mariko

marikoの感想・評価

-
くっ付きたいのにくっ付かない。
オトナの恋愛は複雑でほろ苦い。
R

Rの感想・評価

2.6
記録
tuntun

tuntunの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ボビーがピュアで素直すぎて素敵♡ほいでもって社交的すぎて親近感は意外と湧かない笑
でも浮気はあかんぞ!結婚した奥さんも可愛すぎて好きやったから個人的にすごい嫌やったなぁ笑
あと女の人も服装も街も映像が全体的に華やかで良かった。
ボビーを好きになる女性2人がなぜボビーを好きになるのか分からないってユーチューバーの人言ってたけど確かになぁ…人としていい人で可愛くて愛されキャラだとは思うけどそう簡単にあの美女2人がボビーを男性として好きになるのは今思えば違和感かも。観てるとき全然気にならなかったが٩( ᐛ )و
Toku

Tokuの感想・評価

3.0
気になった音楽たち
I Didn’t Know What Time It Was/Benny Goodman & His Orchestra
Pick Yourself Up/Vince Giordano and the Nighthawks
Too Marvelous For Words/Eddy Duchin and His Orchestra
The Lady Is A Tramp/Vince Giordano and the Nighthawks
I Only Have Eyes For You/Ben Selvin
It’s Been So Long/Benny Goodman and His Orchestra with Helen Ward
More Than You Know/Benny Goodman Trio
Street Scene (Sentimental Rhapsody)/Harry James and His Orchestra
Manhattan/Vince Giordano and the Nighthawks
This Can’t Be Love/Conal Fowkes
とってもしゃれおつな映画です。最後 胸がキューンとします。ウディアレンらしい1作
ウディ・アレンらしくオシャレでロマンチックな作品。映像は勿論、音楽や衣装、小物に至る隅々まで素敵。なのに甘ったるくなくコミカルなのも流石だなぁと思いました。ちょっとドキドキしながら心地よく楽しめました。
yuriko

yurikoの感想・評価

5.0
とてもよくわかる
>|