カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

実は今日、この映画見に行く前に、スキマ時間で細々見てる同監督のDVDボックスの中のディスク5「アニーホール」を見たんですけど、この「カフェソサエティ」を見てて、あっ!なんか似てるって思う瞬間が多々ありました(*´ω`*)
この頃からこの監督の考えって一貫して変わってないんだなぁ~って感じました。もちろんストーリーは全く違うんですけど、伝わってくる感覚が似てるんです。

ちなみに「アニーホール」はうわべだけのうっすいレビューを以前書いちゃったんで今回は書きません。レビューって書き換えるとなんか変な風になっちゃいそうで怖くて さわれません(;´Д`)

さて「カフェ・ソサエティ」ですが、予告編の印象では主人公ジェシーアイゼンバーグが同時期に同じ名前の2人の女性と出会い、うまくバレないように二股するって感じのドタバタコメディかなって思ってました。

蓋を開けてみたら全く違いましたねぇ~。おしゃれな大人の恋愛模様。ララランドに似てるって意味も分かりましたね♪

で、ジェシーアイゼンバーグ。話し方や動作がウディ・アレンそのもの!特に娼婦とのやり取りはまんまでしたww

で、この映画はただの恋愛映画じゃないんです。

彼の家族巻き込んだコメディな展開が色々伏線となって絡んでくるんです。その辺りも面白かったです(´∀`)
マフィアの兄と絵に書いたようなユダヤ人のお母さん。この2人がツボでした(笑)

笑いがあったかと思えば、ロマンティックな展開にもなるし、誰この脚本書いた人!?

ウディ・アレンです(´▽`)

この映画を最後に引退しても一切 文句が言えないくらい私にとっては名作でした!

ハリウッドを毛嫌いし、ニューヨークにこだわる監督らしさも素敵でした(´∀`)

もう1回映画館行きたいわぁ~
DVDは絶対買います(`・ω・´)ゞ!!
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.0
クリステン・スチュアートってこんなに可愛いかったっけ?w
彼女が出てる作品結構観てるけどコレがダントツで可愛い✨
軽快なテンポで話が進むウッディ・アレン監督らしい人生劇で相変わらず面白かったです。
人生、時が経って変わるものとそうでないものを表現した作品。
yuna

yunaの感想・評価

3.5
ブレイクはいつでてくるんだ?と思いながら見てたので、やっとでてきてくれたブレイクに感情移入してしまった。
だから最後まで、愛してるとか、夢は夢だよっていう言葉は嘘でも簡単に言えるんだよな、悔しいなって視点で見てた。本当に最後の最後まではそう思ってたけど、それでも最後の2人は最高にロマンチックだと思ってしまう、そんなラストシーンだった。
こういう時代のファッションとかの雰囲気が好き
クリステン・スチュワートは本当に綺麗😍
minyamoom

minyamoomの感想・評価

3.3
久しぶりのウディアレン。
そしてまた、このごろハマってるジェシーアイゼンバーグ。
最近アレン本人が映画に出演しないことが多い気がするけど、このジェシーの冴えない早口な感じがアレン風で大好き。ユダヤ人役だし。この前見たエージェントウルトラもジェシーアイゼンバーグ×クリステンスチュワートの組み合わせだったけど、今回のヴォニー役のクリステンはややミスキャストな気がしたよ。髪型、カチューシャ、服が似合ってなくてせっかく美人なのにもったいない!やっぱクリステンスチュワートはややアバズレ?感ある方が似合ってるよね!かわいいワンピースより細身のジーパンに破れたTシャツ、とかのイメージだよ。さらにヴェロニカ役のブレイクライブリーも出演時間短くてだいぶ無駄遣い。もっと見たかった!!

しかしこのヴェロニカ、呼ばれた名前が元カノの名前なんでしょ?とか、花のプレゼントなんてなにかやましいことが?とか、浮気してないよね?なんてとっても勘のいい妻なんだけど、こういう穏やかな優しい奥さんといられると幸せだろうなぁ

一番かわいそうなのはフィルの妻のカレンね。

悪い奴はほぼ出てこず、淡々と平和に進む物語。目の前の自分を愛しているはずの恋人は、あるいは遠くの誰かを想っているかもしれない。


いつかどこかで別れた恋人と会うかもしれない時のために、いつまでも綺麗でいたいなぁと思える作品でした。


timing is everything in life.
ちゃこ

ちゃこの感想・評価

4.0
ジャズが心地いい。ジャズいいよねー 曲名も演奏者も全然詳しくないのだけど、ロマンチックでうっとりしてしまう。集中するときにもいい、お酒にも合う、夢を見るときにも。

スティーヴ・カレル、見るたびに雰囲気が違う

ブレイク・ライヴリー、思いのほかあまり出てこないんだな

ヴォニーのクリスティン・スチュワートのファッッッッションかっっっわいい〜スタイルいいなあ ヘアスタイルもステキ

箸使ってる〜

終わり方も好き。

っあー、おーでぃおこめんたりーが有れば聞いていた……

ドロドロしてる話なのに、そんな感じさせないタッチ。不倫だろうが三角関係だろうが、そういうもんだよねーと、さらりと流せてしまう。




とある人の横でとある映画を見ていて、その人は途中で寝てしまって結末も何も分からなかった。とてもいい作品だったから、心に残った綺麗な気持ちを共有されなくて良かった、と安堵した。

って、いうエピソードを思い出した。
Otun

Otunの感想・評価

4.2
初見。ウディアレン作『カフェソサエティ』。
いいなぁ。
ここ最近のウディアレン作で一番好きでした。

物語。ジェシーアイゼンバーグ演じる主人公が故郷であるNYを離れ、ハリウッドに住む大物エージェントの叔父を頼り仕事を紹介してもらうべくやってくる。
そして、そこで働く秘書の女性(クリスティンスチュワート)に恋をするー

この流れだと、最近のウディアレン作とそんなに大差がない。
が、ここからが違う。長い長い人生の物語になっていく。
そして、随所にナレーションが入り、それが神の目線となり、より俯瞰された群像劇に映っていく。
それこそ、一昔前の『ラジオデイズ』や『世界中がアイラブユー』の様に。
そして、群像劇としての印象が強くなることにより、登場人物達が悩んでいる問題や苦悩が、よりおかしく、楽しく、愛らしく見えてくる。

『人生は喜劇だ』。
アイゼンバーグが劇中に語るこの言葉こそ、この作品の肝であり、
また、人々が生きて行く上での希望の様に思えた。
ラスト。
夜明けのセントラルパーク(だよね?)でのシーンは、
観ている誰しもが日常の中で忘却していた、心の奥底に秘めている何かをふにふにと刺激されたりするのではないでしょうか。
私は、された。少なくとも。
Fuka

Fukaの感想・評価

-
ファッションと雰囲気、音楽が好き
監督のウッディ・アレンのNY愛ね
あの時こうしていれば、タイミングが少し違っていたら。
僕達は何気なく毎日を過ごしているようで、知らぬ間に選択をし、少しずつ可能性を削り捨てている。
ふとした時にそれに気付き、想いを馳せる。
オシャレ映画のようで、それだけでない深い、経験に裏打ちされた考察を感じます。
>|