カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

実は今日、この映画見に行く前に、スキマ時間で細々見てる同監督のDVDボックスの中のディスク5「アニーホール」を見たんですけど、この「カフェソサエティ」を見てて、あっ!なんか似てるって思う瞬間が多々ありました(*´ω`*)
この頃からこの監督の考えって一貫して変わってないんだなぁ~って感じました。もちろんストーリーは全く違うんですけど、伝わってくる感覚が似てるんです。

ちなみに「アニーホール」はうわべだけのうっすいレビューを以前書いちゃったんで今回は書きません。レビューって書き換えるとなんか変な風になっちゃいそうで怖くて さわれません(;´Д`)

さて「カフェ・ソサエティ」ですが、予告編の印象では主人公ジェシーアイゼンバーグが同時期に同じ名前の2人の女性と出会い、うまくバレないように二股するって感じのドタバタコメディかなって思ってました。

蓋を開けてみたら全く違いましたねぇ~。おしゃれな大人の恋愛模様。ララランドに似てるって意味も分かりましたね♪

で、ジェシーアイゼンバーグ。話し方や動作がウディ・アレンそのもの!特に娼婦とのやり取りはまんまでしたww

で、この映画はただの恋愛映画じゃないんです。

彼の家族巻き込んだコメディな展開が色々伏線となって絡んでくるんです。その辺りも面白かったです(´∀`)
マフィアの兄と絵に書いたようなユダヤ人のお母さん。この2人がツボでした(笑)

笑いがあったかと思えば、ロマンティックな展開にもなるし、誰この脚本書いた人!?

ウディ・アレンです(´▽`)

この映画を最後に引退しても一切 文句が言えないくらい私にとっては名作でした!

ハリウッドを毛嫌いし、ニューヨークにこだわる監督らしさも素敵でした(´∀`)

もう1回映画館行きたいわぁ~
DVDは絶対買います(`・ω・´)ゞ!!
なつ

なつの感想・評価

5.0
何かとララランドと比べられがちだけど、あちらに引けをとらない素晴らしい映画

ジェシーとクリステンのタッグは素敵
VIII

VIIIの感想・評価

4.4
フィルとボビーの会話が面白かった。
後にお互いヴォニーに惚れていることに気がついた時の(まさか、、、)みたいな表情とてもいい。

ラストの切なさがいい余韻を出してる。
美術と音楽が素晴らしい。

ウディアレンの作品の雰囲気が作品を見るごとにその良さがわかる。
見れば見るほど履きなれたジーパンみたいに味が出る監督だと思う。
yu

yuの感想・評価

3.9
お兄さんがツボ(笑)
雰囲気たっぷりで短い時間ながらどっぷりと
ytakeko

ytakekoの感想・評価

3.7
人生は喜劇だ。。と主人公が言ってた。。せつないま//音楽の流れ、さすが、ウディアレン
nami

namiの感想・評価

3.4
見終わった後、ジャズミュージックと共におしゃれで美しい夢の中にいたという感覚が残る。クリステンの美しさ無しには成り立たなかったと思う。
くすっと笑いながらウディ・アレンの世界に酔いしれるにはとてもいい作品。
KUMA

KUMAの感想・評価

3.5
ウディ・アレンらしい軽快なテンポに毒の効いたシナリオ。
淡い光とジャズのリズム。
オールドスクールな造りはノスタルジーを感じさせて、これぞ映画だと言わんばかりのイマジネーションに溢れてる。
その反面、尖った部分があまりないので、観賞後に唸るような映画ではない。
ただ、安定して面白いウディ・アレン御大。さすがです。
shiho

shihoの感想・評価

3.7
1930年代の雰囲気が良くてお洒落な映画♡作品の世界観も好きでした♡
終始、美しさに溢れた映画。

最後のシーンは、とても印象に残った。

ジャズと淡いあかりの中で、まるでボビーとヴォニーのように僕も夢を見ているのではないかと錯覚を促されるような、そんな不思議な余韻があった。

同監督の作品である「ミッドナイトインパリ」、そして僕が好きな「カイロと紫のバラ」を彷彿とさせる作品。

一言で、とても良かった。
>|