カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

実は今日、この映画見に行く前に、スキマ時間で細々見てる同監督のDVDボックスの中のディスク5「アニーホール」を見たんですけど、この「カフェソサエティ」を見てて、あっ!なんか似てるって思う瞬間が多々ありました(*´ω`*)
この頃からこの監督の考えって一貫して変わってないんだなぁ~って感じました。もちろんストーリーは全く違うんですけど、伝わってくる感覚が似てるんです。

ちなみに「アニーホール」はうわべだけのうっすいレビューを以前書いちゃったんで今回は書きません。レビューって書き換えるとなんか変な風になっちゃいそうで怖くて さわれません(;´Д`)

さて「カフェ・ソサエティ」ですが、予告編の印象では主人公ジェシーアイゼンバーグが同時期に同じ名前の2人の女性と出会い、うまくバレないように二股するって感じのドタバタコメディかなって思ってました。

蓋を開けてみたら全く違いましたねぇ~。おしゃれな大人の恋愛模様。ララランドに似てるって意味も分かりましたね♪

で、ジェシーアイゼンバーグ。話し方や動作がウディ・アレンそのもの!特に娼婦とのやり取りはまんまでしたww

で、この映画はただの恋愛映画じゃないんです。

彼の家族巻き込んだコメディな展開が色々伏線となって絡んでくるんです。その辺りも面白かったです(´∀`)
マフィアの兄と絵に書いたようなユダヤ人のお母さん。この2人がツボでした(笑)

笑いがあったかと思えば、ロマンティックな展開にもなるし、誰この脚本書いた人!?

ウディ・アレンです(´▽`)

この映画を最後に引退しても一切 文句が言えないくらい私にとっては名作でした!

ハリウッドを毛嫌いし、ニューヨークにこだわる監督らしさも素敵でした(´∀`)

もう1回映画館行きたいわぁ~
DVDは絶対買います(`・ω・´)ゞ!!
pidorus

pidorusの感想・評価

4.5
ウッディアレンの映像はとっても綺麗✨
クリステンスチュワートとジェシーアイゼンバーグの相性も抜群
michinori

michinoriの感想・評価

3.5
ウッディアレンらしく、脚本、キャスト、ストーリー、どれも彼の作風で、安心して観れる作品。
こぎみよくテンポ良い展開、セリフ回し、安心感、恋愛、不倫、ゴージャスな美女達、お酒、そして監督が大好きなJAZZ…
今回もリラックスして観たい作風に安堵感を感じました…👌
えりみ

えりみの感想・評価

3.5
WOWOW録画。
ハリウッドの黄金期をクラシカルな雰囲気たっぷりに再現、って当時の事知らんけどいわゆるノスタルジーってヤツ?
タイトルは、ナイトクラブに夜な夜な繰り出す銀幕スターやスポーツ選手等の交流をこう呼んでいたんだとか。
相変わらずのユダヤ人いじりと「NY最高!」のネタ、マンネリっていうたらあかんのよね。持ち味って言わなあかんのよね。
相変わらずとか偉そうに云うたけどウディ・アレン作品みるの3本目やけど。このじいさんもセクハラとかロリDVとかネタに事欠かんな。

ブレイク・ライブリーを目当てにみたのに、完全に脇役やんか😞
素敵やったけど。
クリステン・スチュワートの方がメイン。いや彼女も好きやけど。
リアリストって感じの顔してるし。
ジェシー・アイゼンバーグとスティーブ・カレルどっちも狂わせるガール。
~時は過ぎ人生は進む。人も変わる。~
全体的にオレンジ色っぽいのが印象的。
小洒落た感じ満載デス、苦手なやつでようワカリマセン。
かの

かのの感想・評価

3.5
ブレイク・ライブリーに絶賛。
どの映画で見ても、素敵な女優さん。
最近、エリザベス・オルセンと同じくらい好きかもしれない。

映画は、お洒落な雰囲気で、なかなか。
でも、まぁ、ボビーいい奴やけど、結婚して子供できたんなら、、ねぇ。ってなる。
「検証せぬ人生に価値なし」とソクラテスは言ったけど「検証しても同じだかね」と義兄は言う。
すごく分かるような未だに分からないような。
カフェソサエティがもたらしたものは彼の人生にとって大きな糧であるし同時にどうやっても埋めきれないものを改めて浮かび上がらせた。
にしたってどうにかなるわけじゃなし、また新しい1年が始まるだけ。
時の移ろいは悲しい。美しい。おもしろい。
二人のヴェロニカも素晴らしい。クリステン・スチュワートの素の美しさは惚れ惚れします。ジェシー・アイゼンバーグの繊細さが好きです。
ビス缶

ビス缶の感想・評価

3.8
落ち着いたジャズミュージックとレトロなフィルムが非常に魅力的。
どんな未来が待ってるかなんてわからないからね、愛って難しい、、、ただ主人公あまりにも人生うまく行きすぎてるな、やっぱ生まれって大事なんだな、、、
HSATO

HSATOの感想・評価

3.7
なかなかブレイク・ライブリー出てこなかったから映画間違えたのかと思った。
サクサク観れる系恋愛ムービー

話は少々胸糞悪い部分もあるけど、主人公も成功するし、救いはあるかな。

個人的に主人公の兄ベンのキャラがめちゃ好きだった👍
なつ

なつの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

悪くはないけどめちゃくちゃ良くもない。幸せな人生の中の幸せな悩みやった。実際に結婚してる恋人と、心の中でお互い思い合ってる恋人の2人がいるのは良いんか悪いんかって考えさせられた。でも結局それはいい悪いじゃなくて、恋愛感情の運命的なもので仕方ない、てゆうのが結論、この映画の。
>|