カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

「ライトに照らされて動けない鹿」っぽいジェシー・アイゼンバーグ
主人公のボビー演じるジェシー・アイゼンバーグはウディ・アレン作品初登場の割には、早口で多くのセリフを熟すにはピッタリで良くハマっていたと思う。このボビーが2人のヴェロニカとラブロマンスを繰り広げる物語。

クリステン・スチュワートとブレイク・ライヴリーは2人ともメチャ綺麗に映っていたが、ブレイク・ライヴリーの方がやや素敵にも観えたし、彼女との物語が短く対比がし難いように思った。ラストでララランドにも似た余韻を残そうとしたシーンは、やや蛇足のような何が言いたいのか分り難い印象だった。

1930年代のアメリカを描いたレトロな映像とBGMの軽めのジャズは完璧な世界でちょっと感動したのだけど・・・・。
kuyuka

kuyukaの感想・評価

3.9
よかった
終わり方もちょうどいい

しかし宣伝のムービーはこの映画の良さを確実にだめにしているな。
なつみ

なつみの感想・評価

3.8
ウディ・アレン!!!
クワン

クワンの感想・評価

4.1
ウディ・アレン流ハリウッド風刺が効いていて、夢を追いかけるジェシー・アイゼンバーグと大物プロデューサー役のスティーブ・カレルもいいし、クリスティン・スチュワートとブレイク・ライヴリーも美しく、魅力が溢れてる。80歳の監督が作ったとは思えない、、もう、ウディ・アレンは何歳になっても、感受性に衰えなし!最高!
あ

あの感想・評価

-
切ないなー。
レトロな感じと雰囲気、音楽◎!
人は変わる。
わかる。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.3
ジェシーの演技が良い。
テンポも良くてお洒落♪
ラストがいい。さすがウディアレン。
ジェシーこそ役幅が広いですね
>|