カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

2017年6月5日月曜日
TOHOシネマズ新宿
mro334

mro334の感想・評価

-
ウディ・アレン的ラ・ラ・ランド
MNDIS

MNDISの感想・評価

2.0
クリステン・スチュワートじゃなかったら観てらんないかも
ライトに観れる映画。主人公のファッションがウッディアレンらしい、個人的な好きなファッションなので日常のアイデアの参考になりそう。内容自体は至って普通というか、そんなのあり得る?って話だけど、世界観と相まって没頭できた。
s

sの感想・評価

3.7
あの時こうしていれば...
あの日に戻れれば...
あの頃の僕にはもう戻れないよ...

人生は嫌でも進んでいく。
今作もウディ・アレンの人生観を時にはポップに時にはユーモアに体現しました。
30年代の世界観好きだな...。
クリステンスチュワートが綺麗すぎる。
狂わせガールってやつですな。
「人生は喜劇だ。」

20世紀女性と同時上映で早稲田松竹にて鑑賞して参りました。
最近のウディアレン映画は個人的に外れ多かった印象でしたが今回はとても面白かった印象でした。

まず名画座でこの映画を見れたことがとても幸せでした。

簡単に言っちゃえば、”LALALAND””ヘイルシーザー”をウディアレン風に仕上げたらといった映画でしたが。
いつも通りただブラックジョークをつなげるのだけではなく、わかりやすいジョークもふんだんに入れていたためバランスよく万人が見れる映画となっていました。

衣装にもこだわっていて、いろんな映画をイメージしてしまう。その中に入ってくるウディアレン監督の語りがとても心地よい。

もちろんいつものウディアレンの作風はそのまんま。
人生は喜劇だと言わんばかりに人の人生を滑稽に見せるブラックユーモアを全体を通しとても楽しみました。

それでは。
>|