カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

2017年6月5日月曜日
TOHOシネマズ新宿
セリム

セリムの感想・評価

3.5
不倫、二股、殺人…と、とっっっても荒んだ内容のラブコメ(笑)
だけど、ウディ・アレンにかかれば、全てがお洒落でスタイリッシュな物に変わってしまう。



もうちょっと高い点つけたいんだけど、ブレイク・ライブリーの出番が少ないので少々減点😊
don

donの感想・評価

3.9
日曜の夕方に見るにはぴったり。
ウディアレンはいちいちおしゃれ。
あっこ

あっこの感想・評価

3.3
2018.7.22
WOWOW
びーる

びーるの感想・評価

3.8
ウディ・アレン監督作。

1930年代のハリウッド黄金期を舞台にしたロマンティックコメディ。

ボビーを演じるジェシー・アイゼンバーグのちょいオタ感がとてもタイプです。
彼の少し強引じゃないかという口説き方も見ていて面白かったです!

ゴージャスな衣装や粋なジャズなどとても華やかでウットリしましたね〜
夢のような世界にどっぷりと浸れるのもこの映画の素晴らしさです!
mossxo

mossxoの感想・評価

4.2
最高ですネ。音楽最高でしたネ。
ウディの形態模写みたいなジェシーアイゼンバーグ、最高にMAXウディでした。芝居力!!!
クリステンスチュアート、ヴァンパイアに恋してる役よりずっともっと魅力があり、こんなにも影のある女を演じられる女優もなかなか珍しく、とても引き込まれましたね。他の俳優陣、諸々素晴らしく。

ウディもね、いろいろミートゥーとかで大変だったり高齢だったりしますけど、ほんとに毎年毎年素晴らしい作品を見せてくれて、なんと感謝したらよいのかわかりませんよ。偉業なんですよね。この偉業ぶりをリアルタイムで観せていただいている有難さ。有難いんです、これほんと。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
30年代の華やかなな雰囲気と軽妙なジャズ。もっとドタバタやドロドロを連想したが思いの外シンプルかつちょっぴりのビターさ・・・もしもあの時って考えさせられる。
観終わった後、人生……うーーん……って色々考えてしまった。

2人のミューズが聞き分け良すぎな女キャラで、これは男の理想なのかなと。
あやの

あやのの感想・評価

3.5
うん、良き。ウディアレンやなぁ。人生って恋愛ってこうだよなあ。ちょっとストーリーがベタすぎたからもちょっと何か魅せてほしかったけど。「ひとりの男とふたりのヴェロニカ」であり、「ひとりの女とふたりの男」でもある。
>|