カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.7
2018年18本目

ブレイク・ライヴリー目当てで鑑賞。

映画館で見たかった映画だが近くで上映されておらずDVDにて鑑賞。
面白かった。

主演は『ジャスティスリーグ』『エージェントウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ
ヒロインの2人がブレイク・ライヴリーと、『エージェントウルトラ』でもヒロインを演じたクリステン・スチュワート。

ジェシー・アイゼンバーグの知的でクセのある話し方と、クリステン・スチュワートの小悪魔的な雰囲気が見事にマッチしていて、そこにブレイク・ライヴリーの清楚感が安定感を出しており、1930年代のおしゃれやハリウッド映画界の雰囲気が3人に見事にマッチしていて面白かった。

こういう映画好きです。
n

nの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

選ばなかった方の人生。
叶わない愛もある。
ERIPIYO

ERIPIYOの感想・評価

3.8
ただただクリステン・スチュワートが綺麗すぎて惹き込まれた。
本来はブレイク・ライブリー目当てで観たが、
びっくりするぐらい登場場面少なめ(笑)
お洒落なファッションに音楽、レトロな風景を観るだけでも十分に楽しめた。
のーり

のーりの感想・評価

4.2
ストーリーのよさと、流れるジャズがすごく光った作品でした。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.6
ブレイクが1時間ぐらい登場しないなんて…出番少なすぎる😂
色合いや音楽は素敵で目の保養映画だったけど、主人公は未練がましいネチネチ男で魅力的には見えなかった。
”Life is a comedy.” "Dreams are dreams."
台詞遊びがうまいなあ。見れば見るほどいろんな発見がある映画だと思う。
「カフェ・ソサエティ」、どこかで聞いたことがあって、映画館で見損ねたけれど、なんとなく眠れなくて深夜にネトフリで鑑賞。
写真でしか見たことがなかったクリステン・スチュアートの美貌に圧巻。華美な衣装に負けないなあ。浮いて見えたものもあったけれど、綺麗だった。
冒頭と最後の雰囲気、だいぶ違う。前半のいかにもレトロな感じ、かわいかったなあ。クリステンの服装がかわいい。主人公絵にかいたようなだささ笑 レディプレイヤーワンを見た後だからか、その主人公にすごく重なった。
忘れられない恋、ドラマのようにわかりやすくドロドロしない三角関係。レトロな雰囲気やおしゃれさだけじゃなくて、なにか後に残るような映画。登場人物みんながめちゃくちゃ話すから物語を追うのに必死だったけれど、ストーリーを理解した上でもう一回見たい。最後に浮気がばれて殺されたりするのかと思ったけど、そんな簡単で単純なストーリーじゃなくて、逆に印象的だった。「ウディアレン版ララランド」と言われるのもわかる。
ニューヨークとハリウッド、アメリカは大きい。夢に溢れている。もう一度見たい。
《女性の涙の意味するところは…》
終演間際のウディ・アレン監督の新作『カフェ・ソサエティ』と『美女と野獣』(再見)を東宝二条シネマで梯子鑑賞。

1930年代のニューヨーク、ラスベガスのショービジネス界を舞台に実らぬ恋をロマンチックに描いたW・アレンの意欲作。全編流れるjazz音楽も最高で、当時の時代背景も忠実に再現され、ノスタルジーにひたるとてもいい映画でした。

2017/06/15
毎日を最期の日だと思って。
ウディアレン監督&ブレイクライヴリーが主演しているためずっと観たかった作品。


ウディアレン監督作品の雰囲気が好きすぎる。さらり〜と観ながらオシャレ感を味わえる。

会話を聞いているだけで楽しい。
人って面白いなとなる。
感情のすれ違い、状況が変わり揺れ動く心。心理描写が巧み。


宣伝だと"ふたりのヴェロニカ"って言っていたけれど、物語の殆どがクリステンスチュワートが演じた方のヴェロニカだったのには驚いた。でも魅力的な女性で凄く良かったし、透明感があった✨

ブレイクライヴリー演じるヴェロニカは、出演場面は少なめだったけれど、お花もらう場面とか可愛かった〜♡✨やっぱり笑顔が好き!


最後の余韻も良かったなぁ✨
>|