カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.7
2018年18本目

ブレイク・ライヴリー目当てで鑑賞。

映画館で見たかった映画だが近くで上映されておらずDVDにて鑑賞。
面白かった。

主演は『ジャスティスリーグ』『エージェントウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ
ヒロインの2人がブレイク・ライヴリーと、『エージェントウルトラ』でもヒロインを演じたクリステン・スチュワート。

ジェシー・アイゼンバーグの知的でクセのある話し方と、クリステン・スチュワートの小悪魔的な雰囲気が見事にマッチしていて、そこにブレイク・ライヴリーの清楚感が安定感を出しており、1930年代のおしゃれやハリウッド映画界の雰囲気が3人に見事にマッチしていて面白かった。

こういう映画好きです。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

2.8
美女たち、ハイテンポな会話、美しい画面、と各パーツはとても良いのですが出来上がった製品としての映画全体を見てみるとなんとなくしっくりとせず、良品とは言えない感じのロマンチックコメディ映画でした。
vanilla

vanillaの感想・評価

4.0
ウディアレン初心者なんです
でもキャスト陣に惹かれみてみました
うん、すごい好きな感じだ!他もみたいな
私はここまで美しい世界に住んでないけどまるで自分のことみたいですごく共感できた。セリフも面白いなって思う。この年代の映画スターの名前知ってたらもっと面白いだろな。
時代が好きっ
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
愛って複雑ですね。相手のことは好きなのに忘れられない人がいたり時に運命は残酷にもなれば祝福だってしてくれて。結ばれるのが幸せなのか結ばれないからこそ幸せなのかゆっくり重なるふたりの顔、互いに何を想うんだろ。女は終わって男は終われてなさそうな気もする。
mengru

mengruの感想・評価

3.6
主人公とその恋の相手に特に共感できるところが見つからなかった。どうして結婚していながら、過去の恋人にこだわるのか不思議。
oji

ojiの感想・評価

3.5
洒落た映画
asaka

asakaの感想・評価

3.8
いつも通りのせつなさ。クールだけど体温のある、どこにでもあるようなどこにもない話。わしはこれが好きなんじゃ…そして主人公は映画とジャズが好きなんじゃ…最後の畳み掛けるように繰り返し台詞にされる夢と現実。
>|