カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.7
2018年18本目

ブレイク・ライヴリー目当てで鑑賞。

映画館で見たかった映画だが近くで上映されておらずDVDにて鑑賞。
面白かった。

主演は『ジャスティスリーグ』『エージェントウルトラ』のジェシー・アイゼンバーグ
ヒロインの2人がブレイク・ライヴリーと、『エージェントウルトラ』でもヒロインを演じたクリステン・スチュワート。

ジェシー・アイゼンバーグの知的でクセのある話し方と、クリステン・スチュワートの小悪魔的な雰囲気が見事にマッチしていて、そこにブレイク・ライヴリーの清楚感が安定感を出しており、1930年代のおしゃれやハリウッド映画界の雰囲気が3人に見事にマッチしていて面白かった。

こういう映画好きです。
ジェシーこそ役幅が広いですね
maco

macoの感想・評価

3.2
オシャレで華やかで素敵だけど、虚構のなかを漂ってる感じで、虚しさとかままならなさの上に成り立ってる感じ
ブレイクライブリーは相変わらずキレイだったけど、もっとでてきてほしかったなぁ
harumi

harumiの感想・評価

-
人は変わってくってことね。
ブレイク様もっと出て欲しかったな〜笑

私も成功したいけど
悪い風には変わりたくないって思った
白の

白のの感想・評価

4.5
物語はテンポ良く(しかし淡々と)進み、「ローマでアモーレ」以降息を潜めていたコメディ色ある台詞とユーモアが楽しめる。特にギャング兄の暴走シーンの挿入は笑う。
冴えない青年は社会に出て女性を知り、社交や実力を蓄えるが、愛の喜びと酷さの天秤において予期せぬ過去の到来に苦悩し人生の虚無を悟る。情熱的だが理性的である主役たちの演技は大人であることの苦さを切なげに教えてくれる。
BGM選曲がかなり好み(my romance, the lady is a tramp等沢山)。音楽だけでなく色彩豊かな映像も気に入った。
次回作が楽しみ(ハイセンスな脚本を期待しながら)
atsuko112

atsuko112の感想・評価

3.5
雰囲気、
衣装、
家具とか演出
おしゃれで好きなんだけどさ、、、。


なんだろう、
この感じ。


ぽんぽんと進むし
その間にいろんなことが起きるから
どうなるんだろうって飽きずにみてられるけどか
その気持ちを持ったまま終わった。
kolo

koloの感想・評価

3.6
ジェシー・アイゼンバーグとウディ・アレンは抜群に合うと思ってました。相変わらずいちいちめんどくさくて、たまらなく愛しい人達の物語です。
>|