カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価・動画配信

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

miiman

miimanの感想・評価

3.9
淡々とウッディアレンやった
古き華やかな時代のハリウッド

テンポがとてもよくて小説を読んでるような映画でした
面子も豪華で最後の終わり方がまたウッディアレンやった(褒めてます)
Kimiko

Kimikoの感想・評価

3.0
意外に面白い
クリステンみたさ

何度目かの組み合わせ

羨ますぎるぞジェシー
体格?バランスなんだろうけど、頭から肩にかけての仕草とか傾げ方?立ち姿後ろ姿が独特の雰囲気あるって毎回思う俳優



華やかな衣装が目を惹く楽しみ方

古き良きアメリカにありがちなストーリー

ブレイク・ライヴリーと初めて会うシーンからが好き



ラスト
それぞれのやりとりのあと
なんだろうかあの切なさと愛おしいと思う2人のカット



何故だか松任谷由実(荒井由美)の歌にあった世界観を思い出し重ねてしまったせいか余計に感慨深い
テンポがすごくいい。王道で一級ロマンチックコメディ
Addamsnana

Addamsnanaの感想・評価

3.0
極悪非道なお兄さんが笑えた😂
最後、え〜!みたいな
良くも悪くも、う〜んウディアレン😂
いろは

いろはの感想・評価

3.6
舞台は1930年代のハリウッドとNY。
カフェ・ソサエティ(有名人セレブ達の社交場)で刺激を求めた青年の恋愛模様が描かれている。

今作が私にとって🙇‍♀️はじめまして🙇‍♀️のウディ・アレン監督作品。
映像、音楽、すべてお洒落だこと。

手に入らなかったもの、儚い思い出の方が美化されて、記憶に残るのは人間の悲しい性。
旦那が遠い目で昔の彼女を思い出してたら、嫁は「アホじゃん?🤷‍♀️」ってなるけどね。笑
ジェシー・アイゼンバーグは、やっぱりヘナヘナな青年役が似合う。
mii

miiの感想・評価

-
女は相手によって趣味嗜好や好みがガラッと変わると良く言うものだけど、男に染まるというよりはその相手の為の或いは相手への敬意と愛の表れなのかもしれない。
年齢や関係性などの固定概念を乗り越えた愛は素敵だけど、心はいつだって正直であり代わることはない。
深くも広くも大きな展開もない作品ではあるけど、主人公一族はタイプもバラバラでサイドストーリーとして面白い。
Takasigne

Takasigneの感想・評価

3.2
キャストはめっちゃ豪華。けどストーリーがめちゃくちゃ嫌いだった。子供2人もこさえてまだ元カノ忘れられないとか終わってますわ・・・
>|