梅村

午後8時の訪問者の梅村のレビュー・感想・評価

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)
4.1
不運な事件に関わる不運な人々の話。主人公の女性、正義感が強い。優しい。働きすぎ。理不尽な目に遭いすぎ。
ダルデンヌ監督の作品、やっぱりなんか好きだなと思った。暗いお話だからこそほんのりした希望の光が見えたとき、ものすごいありがたい。うまく言えないんだけど、かなり現実に近い希望の光って感じ。