ちひろ

午後8時の訪問者のちひろのレビュー・感想・評価

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)
3.5
とある女性の身元を特定していく物語。

BGM等も特になく、本当に人間の会話だけでストーリーが進んでいく。
女医が主人公で、研修医にきつく当たってしまっている最中、ブザーがなり、研修医が出ようとするが、それを主人公が阻止する。しかし、そのブザーを鳴らした女性が、午後8時の訪問者で、後に事件に巻き込まれてしまい、女医はそれを知り、彼女の身元特定をしようと試みるという物語。

予想とは裏腹に内容は浅かった。もうちょっと深いストーリーだったらとても良い映画になったと思うのになぁ。