午後8時の訪問者の作品情報・感想・評価

午後8時の訪問者2016年製作の映画)

La fille inconnue/The Unknown Girl

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

診療受付時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか?なぜ死んだのか?ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか? あふれかえる疑問の中、なくなる直前の少女の足取りを探るうちにジェニーは危険に巻き込まれて行く。彼女の名を知ろうと必死で少女のかけらを集…

診療受付時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか?なぜ死んだのか?ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか? あふれかえる疑問の中、なくなる直前の少女の足取りを探るうちにジェニーは危険に巻き込まれて行く。彼女の名を知ろうと必死で少女のかけらを集めるジェニーが見つけ出す意外な死の真相とは――。

「午後8時の訪問者」に投稿された感想・評価

女医として活躍するジェニーは、担当医が病気になったとある街の診療所の手伝いをしていた。診療時間を過ぎた午後8時、診療所で残務をしていたジェニーは鳴ったドアベルに応じなかった。翌日、ベルを押していた少女の遺体が発見される。警察から診療所の防犯カメラの映像提供を求められた彼女は、ベルに応じなかった後悔の念から犠牲者となった彼女の足取りを探り始めるのだが。。「サンドラの週末」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督によるヒューマンサスペンス。

つい先日感想文を書いた「わたしは、ダニエル・ブレイク」の監督ケン・ローチが、イギリスの低所得者階級を描くヒューマンドラマが多いのに対し、それのフランス版というか、フランス、ベルギーなどを舞台に同じような中層下層の人々のドラマを手がけることが多いのが、本作の監督であるダルデンヌ兄弟監督。2002年の「息子のまなざし」以来、結構な作品を見ていますが、彼らはケン・ローチと違って、社会派のテーマをダイレクトに扱うというよりは、ヒューマンドラマの要素を前面に出して、じっくりとドラマを積み上げることにポイントを置いています。前作「サンドラの週末」もそうでしたが、そうした小さな積み上げがより私たちの日常に近いという感覚を感じることができるのです。

本作は、ダルデンヌ兄弟監督としては珍しいサスペンス要素も盛り込んで入るものの、やはり中心として働くのはドラマの要素。特に、主人公であるジェニーがとことん自分の医者という仕事に対して、貪欲というか、実直までに尽くしていく様というのが観ていて凄くジワジワと感じる感動につながっていると思います。個人的にも医者を職業にしている人との関わりは深いのですが、彼ら彼女らの仕事ぶりでほんとうに頭が下がるなと思うのは、自分の生活を無視とは言わないまでも、かなりの部分を捧げながら、医者という仕事に人生を捧げている人が多いということ。本作のジェニーも、最初は手伝いという身でしかなかった診療所での仕事を、事件を機に自分の本職としてしまうところや、事件だけでなく、診療所を訪れる一人一人に対して顔が見えるケアを行ったり、医学生に対する育成指導にも身を粉にするなど、人として尊敬に値する以上の実直さを魅せてくれます。そんな彼女だからこそ、自らの不意であったベルに応えなかったという行為に対し、とことん後悔をするとともに、周りが引いてしまうほど事件にのめり込んでしまう行動も理解できてしまうのです。単純にワーカーホリックになっている女性という以上に、物語として納得させるまでに描く演出術に、ダルデンヌ兄弟監督の腕を感じれる作品になっていると思います。
Dye

Dyeの感想・評価

4.0
この作品もあまり真意が伝わっていないような気がするので意見しておきたいと思う。

この監督はいつも言葉では表現しにくい こそばゆいところを突くのが実にうまい。

皆がそれぞれうっすら罪悪感を抱き、しかもみんなその自分の感情に対して見て見ぬふりをしながら..

全体的な作品のメッセージとしては、移民にに対してみんな(フランス人)がなんとなくうっすらと持っている罪悪感とその自己弁明という、非常にデリケートな感情へのアプローチ。
mimu

mimuの感想・評価

3.2
う〜ん、ちょっと期待し過ぎたか。。
ある一つの事件を通して視えてくる様々な人間模様。人間の罪悪感とか、社会情勢とか随所に色々テーマはあったんだろうけど、メッセージ性はあまり響かなかった。
主演の女優さんは好みな感じで◎
静かに淡々と進んで行くところ、ザ・フランス映画でしたね。国はベルギーっぽいんですけど…シリアスなフランス映画はBGMがあまりない気がするんですけど、これはここまで無いのか、ってちょっとびっくりした。

ジェニーがタバコを吸うシーンが結構すき
きのこ

きのこの感想・評価

3.2
201823
静かな静かなサスペンス。観終わって考えて観ても、メッセージ性が分からず何を言いたかったのか受け取れなかった。
まきの

まきのの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

静かな物語。
わからなくもないけど、今一つ主人公の気持ち・行動に共感できず。
ただ、自分が同じような状況に置かれたらどうするのだろうと考えると複雑な気分になる。
nao42

nao42の感想・評価

3.3

自分がドアを開けなかったことで女性が亡くなったのかもしれない。

主人公は、その女性の死の真相を異常な程に探り始める。

なぜそこまでして真相を探るのかと思ってしまうほど主人公は、事件に介入していきます。

しかも途中、脅されたり、暴力を振るわれそうになったり、拒絶されたりと色々虐げられるにもかかわらず、主人公は事件の真相を追い続けます。

あの時自分がああしてればという後悔や罪悪感を埋めるには、忘れるか、行動して満たすしかありません。そのため主人公は、正義感からではなく、自分がドアを開けなかった罪悪感から逃れようとして事件の真相を見つけようとしたんだと思います。

主人公は非常に自己中心的で自己顕示欲が強い人間だと思います。それを表しているのが、研修医との関わりです。

主人公は、高圧的な態度で、研修医の欠点を指摘します。これは後に主人公が、自分の方が上の存在だと示したかったと言っています。

その後、彼が突然医者を辞め実家へ帰ってしまいます。主人公は、ものすごく心配し、彼のアパートへ出向いたり、実家にまで足を運び気遣ったりします。普通ここまで執拗にはなりません。

主人公にとって研修医の上にいる自分は、医者として理想の姿であり、彼が研修医を辞めるということは自分より下の人間が居なくなるということ、それを失うことが怖いから、彼を執拗に追いかけたという見方もできるのではないでしょうか。

主人公が、中盤に下した病院で仕事が出来るのに診療所を継ぐという決断は、医師としての自己顕示だけではなく、純粋に患者に寄り添っていたいという思いもあったんだと思います。

この物語は、一人の女医の心情を描いた物語だけではなく、劇中で病院に来た移民の男性や亡くなった被害者の名前が遺族と警察で違う様に、移民の人々の生きずらさや差別など、今のヨーロッパの移民問題の実情も描いた作品だったと思います。

監督ダルデンヌ兄弟の作品は、社会問題の取り入れ方が本当にうまい!
なな

ななの感想・評価

3.4
サスペンスとしてじゃなくてドラマとして見たほうがよかったな。
Chop

Chopの感想・評価

3.2
思ってたよりミステリー的な作品でなかったですね。
謎解きと言うよりは、「こいつ知ってそうやけど、都合悪いんか話しせんなー…。」
(都合が悪いと黙る…。まるで俺やないかい…。)を諦めずに詰めて行ったら的な。

これ見て「絶対悪いことしたらあかんわ!」と強く思えるほどのメッセージは受け取れなかった。(受取手の自分の問題かも。)

フランス映画らしく、淡々と進みます。

気の優しい主人公の女性と、乱暴で威圧する男性。が、描きたかったのか?
気の弱い男性と輩な女性ってのも世の中には存在しますよね。
でもそれじゃあストーリー的に面白くないか。

気になってたのが昇華できたんでスッキリ。
hidakamoto

hidakamotoの感想・評価

4.1
正義について考える時またに観たい
>|