午後8時の訪問者の作品情報・感想・評価

午後8時の訪問者2016年製作の映画)

La fille inconnue/The Unknown Girl

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:113分

3.5

あらすじ

診療受付時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか?なぜ死んだのか?ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか? あふれかえる疑問の中、なくなる直前の少女の足取りを探るうちにジェニーは危険に巻き込まれて行く。彼女の名を知ろうと必死で少女のかけらを集…

診療受付時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか?なぜ死んだのか?ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか? あふれかえる疑問の中、なくなる直前の少女の足取りを探るうちにジェニーは危険に巻き込まれて行く。彼女の名を知ろうと必死で少女のかけらを集めるジェニーが見つけ出す意外な死の真相とは――。

「午後8時の訪問者」に投稿された感想・評価

2017年7月3日月曜日
高田世界館
感想川柳「後悔は しないように 気付きたい」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。少女の死は事故なのか、事件なのか。そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する…というお話。

陰謀や邪悪な殺意が出てこないのに、なかなか見応えのあるサスペンスでした。(´▽`;)ゞ

アラブのことわざに「4つのものは、かえってこない。口から出た言葉、放たれた矢、過去の生活、そして失った機会。」とありますが、正に4番目のこと。(´Д`)それぞれの日常の積み重ねが物語を作るんだなと実感させられる作品です。(゜ρ゜)

それにしてもジェニーはしつこいというか頑固だな〜f(^_^;医者なのに刑事よりも靴底を減らしてる。良心の呵責にも程があるけど、実際こういう状況になったらこうなるのかな。あの人もこの人も苦しんだみたいだし。でもジェニーみたいな医者にかかりつけになって欲しいけども(*´ω`*)

この前のポーカーナイトじゃないけど、何らかの機会やチャンスに気付く眼を養わないとな〜。(´ 3`)
予告編を何気なく見て気になってた作品。結局劇場には間に合わなかったのでレンタルで視聴。


小さな診療所の代診ジェリーは研修医と2人で、研修医を指導しながら診療を行い、在宅診療も行うホームドクター。研修医ジュリアンはまだ若く、なかなか言う事を聞いてくれない。そんな中、診療所の閉院時間を1時間以上過ぎているのにブザーが鳴り、たまたま研修医とぶつかり、しかもその後新たな、好条件の勤め先の内定パーティがあった為に、その訪問者を無視した結果…と言うのが冒頭です。



非常にサスペンスフルな作品でした。しかもかなり上質。とても見事な人間成長譚にもなっています。


医師であるジェリーの、とても複雑な心情を、決して言葉では説明せず、淡々と、少しづつ、理解していくストーリィです。


ジェリーの動機はとても理解出来ますし、医師として必要な気質だと感じました。ここまで1人の患者に向き合おうとする性格は、医療従事者として向いていると感じます。


また自らの非を認める強さ、平行して、同じように自らの非を認め、研修医を指導する立場の職責を果たそうとする、戒めも理解出来ます。人として凄い。


最後に明らかになる事実、それと向き合う強さも、非を認め、努力し続けた結果、初めて手にした強さだと感じました。


医療現場の端っこの端っこにいるモノとして久しぶりにもっと真面目に取り組まねば、と思わせてくれた作品。


ジェリーの、何故あそこまで、と感じる人もいらっしゃるみたいですが、人がいなくなるとは、そういう事ですし、他者を助ける仕事を生業とするのであればなければいけない気質だと思います。


ラストのラストでの真相こそ、刑事ではないジェリーだからたどり着いた地平だと思います。


また、私は男なので、ブライアンの父の哀しさも感じます。もちろん決して褒められた行動ではないし、コントロールすべきリビドーです。ですが、そんなリビドーが存在し、歳を経ても、無くならない事に、哀しみを感じます。ホントに哀しい。
診療時間を過ぎて鳴ったベルに扉を開けなかった女医。ベルを鳴らした見覚えのない少女はその後遺体で発見される。扉を開けなかった罪悪感から、女医は少女の身元を探ろうとするが…

感情移入には多少の音楽が欲しいところ。淡々とストーリが進んで行き静かにエンディングを迎える。

普段あまり見慣れてないので、フランス映画ってこんな感じなのかなといった感想。
もうめ

もうめの感想・評価

2.5
ヨーロッパの移民問題に焦点を当てた作品だそう。移民が助けを求めてドアを叩いても、開けないヨーロッパ。見てるうちになるほどなぁと思った。まだあまり日本人にはピンと来ない問題かもしれないけど、他人事ではないので考えねば...
アデル・エネル演じる女医が象徴的に光っている。お世辞にも高級品には見えないウールのコートを毎日羽織っては往診し、いつも同じ様な格好で人々に対して分け隔てなく接し人の命に関わる仕事をしている。そこまで気にしなくても良いのにと感じる彼女の行動が、人々の無関心の為に放置されたあらゆる問題を抽出してしまうその姿は天使の様な純粋さを持ったエロテシズムさえ感じてしまう。この作品はアデル・エネルの物である。
海

海の感想・評価

-
正義感でも、罪悪感でも
どっちでも、やさしさって 私は言いたいな

おきている長い時間のことがこんなにたくさん
音も その楽しみも最低限で おなじ時間を追いかけているような気持ちになる

ラストシーンが心に残る
いつか救われるのだろうか それはいつだろうか

2017/10/15
穴に落とされても這い上がらない。オリヴィエグルメの裏拳は空振る。バールは脅しでしかない。聴診器はちゃんと返してくれる。この塩梅。
夜の窓辺でタバコ吸う姿はもう捜査官だ。
フランス映画ってこんなだっけ?
て言うか、ダルデンヌ兄弟特有なのかな〜?
音楽で邪魔されたくない感がすっごく出てて、気がついたら日常の音が音楽のようにリズムを刻んでました。

脅された時だけ表情変わったけど、あとは全くの無表情。言葉もたどたどしくて。

音も映像も出来る限りの物を削ぎ落として大事なとこだけ観て感じて!ってことなのかな〜?

炙りだされる心理描写とか嫌いじゃないんだけど、何か疲れたー_| ̄|○

ポップコーン片手には観れない映画だね😓
フランスでクリニックを開業している若い女医。
ある晩閉院後に入り口の呼び鈴を鳴らす音がしたが無視をした。
その夜呼び鈴の主が殺害される。
責任を感じた女医が事件の真相を探って行くのだが……

医師役の女優が何だかはっきりとした個性を表せないで終わっているのと、どうにも作品全体のテンポが悪くて引き込まれない。
サスペンスなのかそうではないのか?なんだか解らない作品になってしまっている。
>|