午後8時の訪問者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

午後8時の訪問者2016年製作の映画)

La fille inconnue/The Unknown Girl

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

診療受付時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか?なぜ死んだのか?ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか? あふれかえる疑問の中、なくなる直前の少女の足取りを探るうちにジェニーは危険に巻き込まれて行く。彼女の名を知ろうと必死で少女のかけらを集…

診療受付時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか?なぜ死んだのか?ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか? あふれかえる疑問の中、なくなる直前の少女の足取りを探るうちにジェニーは危険に巻き込まれて行く。彼女の名を知ろうと必死で少女のかけらを集めるジェニーが見つけ出す意外な死の真相とは――。

「午後8時の訪問者」に投稿された感想・評価

基本1シーン1カットだし、話もドラマチックでもサスペンスでも無いし、淡々と進むのに、何故か全く飽きないダルデンヌ作品。
しかしサスペンスなところはしっかりドキドキするし、人の心情はしっかり伝わって来るし、基本脚本、演出が上手いんだなと思う。的確なので飽きない。
この映画はテーマ性は薄めだが、主人公を始めいろんな人がそれぞれの思いを抱えて生きているのが伝わって来て、いい映画だと思う。
もやし

もやしの感想・評価

3.4
うーん眠くなる…笑


診療時間を1時間以上過ぎた午後8時過ぎ、ドアのチャイムがなる。
診療所の医者である主人公はそれを無視したが、数日後、そのチャイムの主が死んだことを知る。

責任感なのか自責の念からなのか、彼女は独自に被害者のことを聞いて回る。


とりあえず彼女がとても人情深い人だということは色んなシーンで伝わってくる。
ほんと良い人だよね。
自分はこういう温かさは持ち合わせてないなあ…
憧れる。


次第に明らかになっていく真実。
最初の地味な印象からは考えられないほど、色んな人達の事情が絡んでることがわかる。
全体的な空気感は「セールスマン」に結構近い気がする。


しかし、とても気になったのは、彼女の近くには、親も、恋人も、友人も、知り合いすら、出てこないこと。
単に無駄なシーンだとして切ったのかもしれないけど、彼女の人間性が一番の注目ポイントなのにそこ描かないのかと思った。
これじゃあまりに孤独すぎる。
誰かに愚痴言わないと鬱病になっちゃうよ。
真面目そうな人だし。

そんな感想です。
sakachan

sakachanの感想・評価

4.6
サスペンスとしては度肝を抜かれるようなことはないですが、この監督の作品はとにかくリアリティがすごいです。
ドキュメンタリーのようなタッチで、そこから生まれる緊張感がヒリヒリします。音楽は一切流れないんですけど、日常の生活音が特徴的で、その場の空気を実際に感じ取れているような気さえしました。

一番好きな映画監督。
こじ

こじの感想・評価

4.0
ダルデンヌ兄弟らしい映画だった。

淡々としてるから

眠くなるけど

なぜか惹かれる映画です。
matsunikki

matsunikkiの感想・評価

3.0
淡々と進む感じ。ジェニーの罪悪感だけど患者思いのところは好き。罪悪感も分かるけど、行動が極端だなと思うところもある。転職も辞めちゃうし診療所に住み出すし。
最後の被害者についての昼ドラのような安っぽい三角関係のくだりはいらなかった。

ストーリーと関係ないけどフランスの診療所のシステムが面白い。受付や看護婦がいなかったり、医者に直接お金払ったり。72