愛を綴る女の作品情報・感想・評価

「愛を綴る女」に投稿された感想・評価

愛するって、耐える事なのねー。
kassi

kassiの感想・評価

3.4
ちょっと情緒不安定なガブリエルと寡黙で優しいジョゼ。

ラストはジョゼの優しさと愛が身に沁みます。

が、しかし年齢的にもキャラクター的にもマリオン・コティヤールはちょっとミスマッチのように感じました。
ike555

ike555の感想・評価

3.7
2017/10/23
テアトル梅田
MikiKato

MikiKatoの感想・評価

3.8
The end of the world で惚れたマリオンコティヤール見たさに鑑賞。美しさ健在。
愛に飢えて飢えて、でも、行き着いた先は本物だった…いや、そんな綺麗にはまとまらない。終盤の展開、beautiful mind 思い出した。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.0
マリオン・コティヤール演じる人妻のガブリエルと、ルイ・ガレル演じる将校のアンドレが、療養先で出会って恋に落ちるという物語。現在から過去を回想するという形で話が進むので、若い頃のガブリエルをアラフォーのマリオン・コティヤールが演じるのにちょっと無理があるとは感じたが、精神的に不安定な女性の演技はとても板に付いていた。『サンドラの週末』もそうだったが、美人なのにやつれた演技も上手いのにはいつも感心する。

運命の恋に憧れながらそれが手に入らず精神的に不安定だったガブリエルにとって、最後に見つけた運命の恋とは果たして何か、というのが本映画の主題。それを見つけたときの彼女の表情が、映画の中で最も素敵だった。
abkyk

abkykの感想・評価

3.7
するするーっと見れました。
旦那さんの愛がとても深く、
それに気づけたいい終わり方だった。

あとは中尉とのシーンが.....
愛おしさがダダ漏れ!
多幸感が溢れ出しててたまらない!

巻き戻してお代わりしました。
舟歌の使いどころも素敵で、
とても良い気分になりました。
PUFFIN

PUFFINの感想・評価

4.5
マリオン・コティヤールとルイ・ガレルが美しくてため息でる。
温泉保養地も大変美しい所で、あんなところで素敵な人に出会ったら、治っても家に帰りたくないよね。
自分としては衝撃的な展開だったので、最後の方では頭の中整理したい気分だったけど、ほんといい映画だったな〜。
>|