わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

2017時4月19日水曜日
新宿武蔵野館
negiko

negikoの感想・評価

3.8
パッケージから、ほのぼの&幸せたっぷりな映画かと思って見たら……確かに心温まる場面も沢山あったけど、それ以上に現実が厳しくて辛かった。

お役所の人たちはこの映画を見てどう感じるんだろう?

うちの父親も、母と私達がいなかったらあぁなるだろうなと思うと(特にパソコン)他人事とは思えなかった。

日本ももっと弱者に優しい社会になっていかないとなと思った。
イギリスを代表する巨匠ケン・ローチ監督が引退を撤回して撮りあげた作品。59歳で大工として働き、心臓の病を患い医者から仕事を止められた男ダニエル・ブレイクの物語。

ケン・ローチ監督作品は恐らく初めて観たが凄く刺さる映画で感激してしまった。台詞やカメラワークや演出にも過不足が無いと言えばいいのだろうか・・・・淡々と綴られている。現代の格差や貧困問題にメスを入れ、鑑賞者に問題提起する作品である。観る側に委ねるのではなく、説得力のあるしっかりとしたメッセージを投げ掛けながらも問いかけられる感覚に痺れた。

淡々と綴られ続ける後半などは、内側から込み上げるものを必死に抑えて観ていたような気がする。傑作。
Kana

Kanaの感想・評価

4.0
特別なことは何もない、現実を描いただけの映画。でも、これ書こうとして他の人のレビュー読んでるだけで思い出して涙が出てくるような映画だった。
何をするのもうまくいかなくなるほど複雑な社会制度のせいで八方塞がりになって、希望が見えそうになっても次の厳しい現実が立ちはだかるし、人間として当たり前の扱いをされることもない。お金がないからなんとか働きたい、手当てを受けたいのに複雑な制度のせいでそれができないから生活がどんどん苦しくなるし、人としての尊厳も失われていく。
老人とかシングルマザーとか低収入者とかの社会的弱者がどんどん苦しめられていくその現実が本当につらくて、でも解決策がないからどうしようもなくて、本当にやるせなすぎて涙が止まらなかった。

タイトルがもう全てだし、制度ってなんのためにあるの?とか、私には到底どうにもできないことをモヤモヤ考えちゃう
ポスターのコピー
「人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで」

いやいやいや………
この映画にこのコピーは
違う違う違う💦と思うのは私だけか?

弱者を見捨て切り捨て追い詰める
社会のシステムの中で
隣人の不運に手を差し伸べ
助け合う事は本当に大切なこと!
でも見せてくれたのはそれだけじゃない

弱者が寄り添い助け合い
頑張って 頑張って支え合ってもなお……
国の制度からこぼれ落ち
名ばかりの福祉の網の目からこぼれ落ち
支え合ってもなお
生き抜く事が「不可能」な現実を
エモーショナルになり過ぎず
しっかりと見せてくれた

『私は ダニエル・ブレイク
一市民だ
それ以下でも それ以上でもない』

この 言葉にすべてが 有る
本当に観て良かった‼️

* 10/20 DVD鑑賞
mika

mikaの感想・評価

3.7
想像以上に切ない
ケイティがすごく良かった
人と人とが助け合う精神はどこの国でも一緒なんだな
人扱いをしない国の姿勢もどこの国でも一緒なんだな…
aya

ayaの感想・評価

-
現実 やるせない
ハッピーエンド好きな私には悲しすぎました。

頑固でだけど、情に厚いダニエルハッピーエンドに終わって欲しかった。

でも現実こうなのかもしれない。
Smith

Smithの感想・評価

3.7
序盤のダニエルがパソコンの扱い方を学ぶ場面など、ユーモラスがちりばめられていて笑えたが、見終わった今はこの映画が極めてリアルな労働問題を扱った真面目な作品であると分かった。
働きたいという意志があっても難しい人がいる。それを考えれば今の日本には人手不足の業界もあるし、生活保護だってある。恵まれた環境だ。だから例え自分が1つの仕事で上手くいかなかったとしても、いくらでもやり直せる。そのために常に情報収集はしておくべきだろう。
>|