わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

2017時4月19日水曜日
新宿武蔵野館
イギリスの労働者階級の人が見たら、
「いいね!」がめちゃめちゃ入るんだろうな。

医者からは働いてはダメと言われるが、
役所の診断は「就労可」。
給付金の申請も役所がなかなか対応してくれず、手続きも不慣れなオンライン化が進む。
(仕事で手続きのオンラインサービス作ることあるので、この映画でユーザビリティしっかりあげなきゃと考えさせられました…)
役所のせいで嘘の就活もしなければならず…。
行政への怒りが沸々と湧いてきます。

実際にこの映画の一番のシーンと言っていいところで、
冒頭に述べたことと近しいことがあるが、
この映画がダニエル・ブレイクとなり、
労働者階級の人々を一丸とさせる。
観ている観客もダニエルたちの不遇に共感し、その輪の中に自然と入る。
首相でもなく、この映画が、ダニエルが社会を一丸とさせていく。
(それが社会への怒りからということが悲しいことでもありますが…)

社会問題を身近に感じさせ、
映画の中だけでは終わらない仕掛け。
アカデミー賞受賞作「スポットライト」も同じ役割を果たしていた。
カッコいい。
skichi

skichiの感想・評価

4.3
いい映画だった。
日本もイギリスも役所のシステムは同じか。
どこもかしこもオンライン、
電波番号もネットで調べろって。
そんくらい教えてくれてもいいじゃん。
契約社会である欧米はそこんとこ、
日本よりもシビアなのかもしれん。

母親がたまらず缶詰めを開けてしまうところ切なくて泣きそう…。
「いい人で正直な人がホームレスになる」
何て言葉だ。
イギリスの豊かでない人達を描いた映画は過去にもたくさんあって
イギリス映画人気の原動力にもなったけど、
それらはまだちょっと明るさがあったかなぁ。
そこから抜け出す、みたいな。
でもこの映画は現在の現実をリアルに
痛いほど突きつけてくるようでとても辛い。
なんか、身につまされる現実。
えりみ

えりみの感想・評価

4.9
WOWOW録画。
英国映画好きです、ケン・ローチ監督も好き…ん?これまでに3本しかみてないわ😅全部4.2にしてるし。
本作はケン・ローチ監督が引退宣言を撤回して作り上げた映画とか。
「天使の分け前」的なのが良かったのだが「この自由な世界で…」寄りの作品で、その上涙無しにはみられないバッドエンド😭
バッドエンドを予感させるクライマックスがもう切なすぎて「あぁぁやめてくれぇぇ」と思いながらみるの辛過ぎる😫😭😭
出てくるのは主に3者
・40年間真面目に税金を払い大工として生きてきた59歳のやもめダニエル
・中国に友達がいる(ネット社会)顔の広いアフリカ系移民の隣人
・2010年~2016年キャメロン政権の超緊縮財政政策のひとつである「寝室税」(寝室に税金がかかるという事ではなく、低所得者向けの住宅手当削減を意味するらしい)のせいでロンドンから引っ越してきた子供2人を抱えるシングルマザーのケイティ

劇中で描かれる「お役所仕事」。
税金で賄われる公共福祉だからこそ厳格に運用されるべきで、公務員個人が融通をきかせてしまえば規則が形骸化してシステムが崩壊する。
杓子定規な対応や頑なに例外を認めないのは、公平性を保ち少ない人数で運営する為には仕方のない事で万人に優しいシステムはコストがかかる👛。
頭ではわかっちゃぁいるが…😧

寝室税も、余分な部屋がある住宅をもっと恵まれない家族に譲ってほしいというのが政府の言い分らしい🙄
申請方法が煩雑であっても何種類も給付金制度があることは元々イギリスが福祉国家であったことの名残りだと思う。
ウェブでしか申請が行えないのはこれも緊縮財政政策による公務員の人員削減とベースアップ据え置きの弊害であろう。
一族郎党生まれてこのかた一度も働いた事が無い!と豪語するイギリス人家族の不正受給問題を取り上げたTV番組を見た事がある📺
シロートの下らない問診に「うんこビチビチやねん💩」て答えときゃぁ医者の診断書が無くても支給資格取れるんやからホンマ「正直者が馬鹿を見る」世界。
「情けは人の為ならず」を間違った解釈してる人❗この映画で本来の意味を知って下さい😤
移民にこれ以上我々の税金を使うのは嫌だとユーロを離脱した英国の公務員が納税者を助けず、隣人の移民が彼を気遣う皮肉。
自分の身の回りの40〜50代の先輩にもPCが使えない人がいるし、マウスをClickするだけの作業でも「まさかこの仕事でパソコン使うとは思わなかった」と辞めていった人を見たこともある。
正直、私が20ソコソコの頃「死ぬ迄Macなんか使わへんわっ!」と新入社員研修で嘯いてたので身につまされる😰(あの時叱り飛ばしてくれた先輩方有難うございます🙏)

ケイティがフードバンクで缶詰を貪り食う姿はその切迫さと母の愛情に号泣😭😭😭
身体売ってでも子供を養おうとする女の覚悟を、わざわざ客として訪れて止めさせようとするダニエルのKYには閉口😑この辺は世代というかなんちゅうか、矜持で飯は食えないって思っちゃう現実派の私。
たかが金のことで人としての尊厳を傷つけられるくらいなら、犯罪行為で稼いだ方がマシやと思ってしまう😛
まあこれは極個人的な意見で、左派のケンローチ監督は「この映画の目的はアジテートである」と仰っているので、壁の落書きシーンがこの映画の全てである。
決して犯罪や不正、万引きの見逃し、貧困ビジネス、工場横流しを推奨しているわけではない。

参考記事:財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5159_1.php
うーーんんん。わかるよ。すごーくオープンエンディング。感動はしなかった。
michinori

michinoriの感想・評価

4.0
いわゆる生活困窮者の悲しくて、リアルな人間ドラマ。
ストーリー、人物描写、どれもしっかりとしてます。
心臓病で仕事が出来なくなり、支援、手当てを申請するも、ガチガチの制度や法律、デジタル化も含めたシステムが立ちはばかり、主人公のアナログ的且つ、頑固な性格も災いしてか、上手く事が進みません…
主人公の人情というか、助け合う精神というか、上手く描かれており素晴らしい映画と思う。
日本でもこういった類の事象って、起きてるんだろうか〜と深く考えさせられました。
最後が衝撃的だけど、これも現実だ〜って思うと、辛く悲しいけど、頑張らなきゃ!とも思えた作品です。
おみず

おみずの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イギリスの社会問題をテーマにした話。

壁にスプレーで名前を書く所がとても印象的だった。

最後葬式のシーンで終わってしまうのが、この問題の解決の難しさを上手く伝えてくれた。ラストの『これからどうしよう…』感に見た後も色々考えさせられる。
nonzk

nonzkの感想・評価

3.5
人にお節介されるのって最高じゃないですか
干渉されないより干渉された方がうんと良いし
つっぱねるより受け入れる方がうんと幸せ

もちろん距離を測りながら近づいてくれたり
様子を伺いながら手を差し伸べてくれたり
何も言わなくても傍にいてくれる人は
きっとこの世界には沢山いる

でもお節介な人ってあんまいなくないですか
僕の周りはお節介してくれる人いないから
僕がお節介をする立場になってきてて

干渉しないように心がけていても
踏み込みすぎかな、立ち入りすぎかなって
また干渉しすぎてる気がして
こっちが頭抱えてたり

でも、そういうのって幸せじゃないですか
それが人間だし、それが僕だから

自分のことのように何にでも心を持って
尽くしてくれる人でありたいし
無関心な人にはなりたくない
何も感じないことに怯えていたい

マニュアル、ルール、法律、規則
そういうのの前に大前提として
人だという事、人の人生だという事
その次に規律があるということ

機械が発達しても、自分が感情を無くすことはない
手間が省けるという事は、薄くしていい訳ではない

生ゴミを家前に放置したり
犬のフンを住居アパートに放置するのを
注意するのは規律

マニュアルやルールに則って
人の話を聞きもしないのは
ただの正当性を主張した圧力

みんなそれ以上でもそれ以下でもない
存在するのは 人間 対 人間でしょう
>|