わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

2017時4月19日水曜日
新宿武蔵野館

このレビューはネタバレを含みます

役所の対応の悪さに疲弊していく市民達。

社会構造、システムの問題等に振り回される展開は「生きる」的な。

言いたい事はわかるし、良い映画なのだけれど、見て疲れた。
あまりにも不遇な展開。


あと、役所が全体的に悪く描かれ、市民は善人的に描かれ。
風俗業の斡旋、オーナー的な人も悪い人には見えず。

そこが極端だなって。

たまにはこんな映画も悪くない。
久々のケンローチ作品
ダニエルブレイクの状況になった事は無くても、VSお役所を経験した人には頷ける部分はあったと思う。
世の中は基本不平等で理想が平等である。法律も人間が決めた事であるけど、破ったり改正したり出来るのもまた人間で。
ケンローチの描く人間は、努力すれば挽回出来るって言う状況じゃない人達だ、どうにも立ち回れない人はいる。
ダニエルブレイクは、怒るしお節介だし面倒な人だ。
そして人を見捨てない人間だ。
J四郎

J四郎の感想・評価

4.3
ケン・ローチ監督による格差、貧困をテーマに描くドラマ。
最初、ダニエル・クレイグのドキュメンタリー?とか思ってしまった。いや、そんなふざけた勘違いも吹っ飛ぶ重い内容。
これはある意味イギリス社会のドキュメンタリーに近い。

主人公ダニエルさんは近所にも居そうな曲がった事が大嫌いな頑固オヤジ。
この人のつけるクレームは口は悪いがユーモアもあり、筋が通ってるので見ていて痛快だ。
メインで出て来るのは貧困層の人間ばかり。あまりの悲惨な境遇、制度の酷さ。日本の社会保障も問題はあれどまだマシだと思える。

劇中で繰り返し描かれるのは役所の(手続き優先の)非効率なシステム。本当にこんな感じかどうか俺には分からんが、ロボットを置いといても同じちゃうん?ってくらい融通が利かない。日本の役所も一昔前まで似たようなもんだったがな。
人の良い職員もいるが、システムには逆らえない。根が良くて正直な人たちほどホームレスになるって言葉が重い。

彼らはイヤというほど制度の茶番に振り回され、人間の尊厳すら踏みにじられる。それでも生きるため戦う。ダニエルがケイティにかけた励ましの言葉は同じ境遇の人々への応援歌なんだろうな。
彼が終盤に取った行動、そして残した文章。それはダニエルという個人ではなく、一市民としての怒りの声に聞こえた。

現実の厳しさを描いた作品なので気軽には観れないです。
映画自体は静かな雰囲気だが強烈な怒りのこめられた作品。
sorahi

sorahiの感想・評価

3.5
「ただ、人には追い風が必要だ。そうだろ?」

重苦しくて、厳しい話でした。大勢の人に観て、そして考えてもらいたい。

「だが尊厳を失ったら終わりだ」
やす

やすの感想・評価

3.4
苦しいのう。BGM一度もなかったんじゃないか。こんな人が出てしまう世界なんなんだろう。
大工として働くダニエル・ブレイク。
心臓の病を患ったダニエルは、医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができないでいた。
シングルマザーのケイティと2人の子どもの家族を助けたことから、ケイティの家族と絆を深めていくダニエル。
しかしそんなダニエルとケイティたちは、厳しい現実によって追い詰められていく。


イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿がとてもリアルだった。
国の援助を受けられずに死んでいったも同然なダニエル。
葬儀で読まれた遺書に感動した。
国の援助制度を変えるべきだ。
ゆゆこ

ゆゆこの感想・評価

4.0
"私は市民だ。それ以上でも、それ以下でもない。"

ケン・ローチの手にかかれば心に響く作品にならないわけがない。今作品みて改めて確信。
とてつもない理不尽を突きつけられて、
なすすべのない状況にはただ胸が苦しい、
苦しいすぎる、、

イギリスに留学はしてたけど住んだことはないし、正直ほんとのことろの、こういう行政の状態は経験がないぶんなんとも分からないのだけれど、
これが全てほんとのところであれば、
それはほんとに、彼らがイギリス市民として生きることへの障壁極まりない。

個人的には、ニューカッスルのフードバンクのおばちゃんが、ロンドンから来たあのシングルマザーに「あなたの発音はどこの?」って聞いてたシーンが、なんともらしくて好きです。
ロンドンからきたっていうと地方民は「ほぅ、ポッシュな」ってかんじで逆にネタになったりするけど、
ニューカッスルの人たちはそんなの関係ないねレベルでみんな優しいふうに描かれてる。
スコットランドもそうでしたよ。

と余談はさておき、

次に印象にのこったのが、
やはりクライマックス。
クライマックスほどの皮肉に心が痛まないわけがない。
ネタバレになると嫌なので、とりあえずそこを少しコメントに残して終わります…

とりあえず、今作品も心に重い作品でした。
わたしの中では『Sweet Sixteen』の方がまだお気に入りレベルは上ですが、
とても興味深くて、みてよかったです。
コリ

コリの感想・評価

4.0
心臓に病を患い医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができない...。
イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる

書類の提出方法が分からず困っているのに、お役所の受付担当者は、融通の効かないマニュアル通りの対応に腹ただしい...。
受付窓口に電話したら延々と「暫くお待ちください」の保留トーキーが流れたり、受付窓口が違う、担当が違うと社内たらい回しされたりと冷酷な現実が...。

困ってる隣人を助けるダニエルの行動と、貧困な生活には胸が締めつけられます。
腹ただしくも悲しいですが、スプレーのシーンは心にグッときます。
>|