わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

2.9
丁寧に作られた政治的作品のような。

決して看過できない、日本でも起こりうる、いや実際はもう起きてしまっていそうな。

格差はひろがっちょる
haruharu

haruharuの感想・評価

3.6
タイトルには強いメッセージが込められていました。
普通の暮らしを続けられるように生きるってのは結構大変だし、それはみんな同じこと
親父、あと少しだったじゃん。

































死ぬなよ(;_;)
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.4

心が凄く温かくなった。
でも、やるせなく辛く切なくもなった。
こんなにも心をグッとさせるなんて、、、人の尊厳とはなんなんでしょう。

どんなに頑固な親父でも毒を吐きまくりでも、精一杯生きてるし誇りを持ってる。
人に優しく出来るなんて素晴らしいじゃない。
みんながみんな、誇りを持って生きていける世の中になれば良いと願う。


"わたしは、ダニエル・ブレイク
一人の市民だ。それ以上でもそれ以下でもない。"


私も彼の様に人に優しく出来る人間になりたいと思った。

みんなが本来持っているやさしさに気付かせてくれる映画。
生きているうちに、是非観て欲しいです。
他の人のスコアレビューで、小さな政府じゃなくて貧しい政府って言ってたんだけど、正にそうだと思った

それか、「頭が」小さな政府か「心が」小さな政府だな


I, Daniel Blakeのニュアンスが邦題だと出てない
ミニシアターでやっていて、観ようか悩んだが、観ずにDVDにて鑑賞📺❇️

~あらすじ~
59歳の大工のダニエルは、心臓病を患い、医師から仕事を止められる。
国の援助を受けようとするが、手続きが複雑で、必要な援助を受けることが出来ない。
そんな中、シングルマザーのケイティ家族と知り合い、助け合い絆を深めていく。

お役所で融通が効かない役所の仕事ぶりに見ていて、イライラした。
パソコンが使えない人には、不便なことだらけ。
ダニエルが欲しいのは、お金じゃなくて、人としての尊厳だった✨

評価が高かったので、ちょっと期待しすぎてしまった感じは、正直ある。
日常的なストーリーなので、映画館で観なくてDVDで良かったと思った。
出来ればハッピーエンドで終わらせて欲しかった。
その分、ちょっと低いスコアになってしまった。
TSUTAYAにてレンタル

役所の人って書類に従い、融通がきかない!
人権ももはや関係ない、決まり決まったセリフを繰り返す。正当な理論で全てを片付けてしまう。

どんなにいい人でもそれは通用しない、その生活が厳しくあっても…

ひとりの男性は、役場に相談を持ちかけた妻子が受けている形式決まったセリフや書類、対応に見かねて今立ち上がった!
いや~すばらしい!

ひとりひとりが団結し人権や待遇を個々に考えてもらえ、より良い生活ができるよう変えて欲しかった…。

虚しさと悔しい気持ちだ…。

ため息ひとつ…そんな1本でした。

しかし引っ越しや出産で名前や住所の記入を人生最大の数書かされましたね~かるいうつ病なるっすよ…これだけネットが普及してるのに…嫌な事を思い出してしまった~やんか!!
ゆき

ゆきの感想・評価

4.1
怒りと諦めの先にあるもの。

心臓を患い働けなくなったダニエル・ブレイク。国の援助を受けるにも制度の壁は高い。同じく制度の穴にはまったシングルマザーを助けたことから生まれた交流により厳しい現実と向かい合う中で絆が育まれていく。

組織の中でルールに縛られる役所の人たちに不満をぶつけるのは違う。無力感に苛まれた感情を何にぶつけたらいいのだろうか。自分のことのようにただただもやっとする。この作品のメッセージをすっと受け取れたからこその感覚なのかもしれない。

とても静かな100分。きっちり「人間」を描く100分。
ひとりの市民としての権利と尊厳を追い、希望の光を導き出す苦悩を目の当たりにする一作。
金銭的な「貧しさ」を知ることなく過ごす人が観たときにどう感じるんだろうか。
BABY

BABYの感想・評価

3.9
”あんたらは仕事をしていない”

ダニエルブレイクが役所の職員に放った言葉だ。この映画に映し出されるのは、先進国イギリスの中で、辛い生活を強いられている人々だ。作業の効率化が強く求められて、あらゆる作業がシステマティックになった現代において、'となりの人'を助けるという感覚は人々の中から欠如しつつある。役所の人間は、上からの指示にただ従い、苦しむ人々の実情には目を向けない。ただ指示を苦しむ彼らに出すだけだ。ダニエルブレイクはそんな冷たい役人たちに異を唱える。一人一人、事情のことなった人間にそんな一辺倒の指示を出してどうなるのか。無駄な電話をして、無駄なセミナーに参加し、無駄な求職活動をする。誰が幸せになれる?最期にダニエルの口から直接語られなかった申し立てが心で何度も響く。

”尊厳を失ったらおしまいだ。”
>|