わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「わたしは、ダニエル・ブレイク」
原題「I, Daniel Blake」
2017/3/18公開 イギリス・フランス・ベルギー作品 2017-145

イギリスを代表するケン・ローチ監督が引退を回避してまで、世の中に伝えたい物語として制作された作品です。現在のイギリス、そして世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々とそれに対する国の対策の矛盾を見事にえぐり出しています。
貧困にあえぎながら今日を懸命に生きようとする人たち、どんな困難にあっても尊厳を失わずそばにいる人達を思いやる、そんな生き様に感動です。

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で、「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる。
心臓病を患った男が国の制度に翻弄され、援助を受けられない中、あるシングルマザーと子供たちと出会う…。

シリアスだけどどこかちょっぴりユーモラス、だけどやっぱり切ない。

いい映画でした。
考えさせられる本当に。
♪引っこ抜かれて、あなただけについて行く。
今日も運ぶ、戦う、増える、そして食べられる。

先進国全体が黄昏を迎えている昨今。
かつて「福祉国家」と言われたイギリスも喘いでいるようですね。“寝室税”と揶揄されるような、低所得者を狙い撃ちにする政策は最たるものでしょう。

そして、本作の主人公《ダニエル》は。
国全体が足掻いている中、社会の濁流に飲み込まれてしまった老人。大工一筋で働き続け、税金を支払い、配偶者の介護に勤しみ、浮付くことなく生きてきたのに、些細な不幸から泥沼にハマってしまったのです。

それは、日本で言うところの生活保護申請。
しかし、コスト削減のための書類電子化や、虚偽申告防止のための手続きなど、複雑怪奇なシステムに翻弄されてしまうのです。確かに大局に立てば「多少の窮屈さは仕方がない」のでしょう。しかし、実直に働き続けた《ダニエル》が利用できない時点で間違っていると思うのです。

それを「仕方がない」と軽々しく言えるのは。
やはり、現場を見ていないから…なのですよ。
靴ひとつ、缶詰ひとつ、生理用品ひとつ。
生活必需品を手に取れない人たちの痛みを眼前にしたら、安易な気持ちで言及できない筈なのです。

だからこそ、彼は言いました。
「わたしはダニエル・ブレイク」と。
邦題はその叫び(原題)を直訳したものですが、もう少し煽る表現を選択するならば「ダニエル・ブレイク、此処に在り」となるでしょうか。

それは一個の人間として存在を示す宣言。
そう。僕たちは“ピクミン”ではありませんからね。働いて、働いて、働いて、用済みになったらポイッと捨てられる…そんな存在ではないのです(というか“ピクミン”の方が愛されていると言えるでしょう!)。

まあ、そんなわけで。
単純だけど奥深いタイトルの向こう側を見ましたからね。ガラにもなく社会派を気取りたくなる作品でした。もうね。節税に勤しむ富裕層には“ルドヴィコ療法”で本作を刷り込みたいと思いましたよ。

そして、本作の舞台はイギリスですが。
日本だって“対岸の火事”を気取れません。
いつ何時、自分が不幸に合うのかは判らないのですからね。「全ては自己責任」なんて某国の潮流に流されていると…いつかは痛い目に合う気がしますよ。
sachie

sachieの感想・評価

4.4
淡々とエグい作品
BGMは一切なし。

缶詰のシーンで崩れ落ちるお母さんを見るのはとても辛かった。
お役所仕事ってやっぱどこの国も同じなんだろうか
佐藤

佐藤の感想・評価

-
「警備を呼んでくるわ」のおばちゃん、巧すぎやしないかい。
HIRO

HIROの感想・評価

4.0
映像というものが何かを伝える為にあって
映画が誰かの為にあるものですればこの作品は素晴らしい
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
あぁ、最後にガツンと来ました・・・呆然とし、涙腺が緩みつつある中での、至極当然を語るあのスピーチは頷くしかないでしょう。
弱者の立場で作られたはずの制度が、国家の都合でいつの間にか弱者に全く優しくなってない現実・・・ケン・ローチ監督が直球勝負で見せる。
そう、施しを受けたい訳ではなく、当然の権利を行使したいだけ・・・それ以上でもそれ以下でもないのに。
いやぁ、つくづく融通の利かない人間にはなりたくないなぁと思った。
I、Daniel Blake・・・いいタイトルです。

このレビューはネタバレを含みます

役所の対応の悪さに疲弊していく市民達。

社会構造、システムの問題等に振り回される展開は「生きる」的な。

言いたい事はわかるし、良い映画なのだけれど、見て疲れた。
あまりにも不遇な展開。


あと、役所が全体的に悪く描かれ、市民は善人的に描かれ。
風俗業の斡旋、オーナー的な人も悪い人には見えず。

そこが極端だなって。

たまにはこんな映画も悪くない。
久々のケンローチ作品
ダニエルブレイクの状況になった事は無くても、VSお役所を経験した人には頷ける部分はあったと思う。
世の中は基本不平等で理想が平等である。法律も人間が決めた事であるけど、破ったり改正したり出来るのもまた人間で。
ケンローチの描く人間は、努力すれば挽回出来るって言う状況じゃない人達だ、どうにも立ち回れない人はいる。
ダニエルブレイクは、怒るしお節介だし面倒な人だ。
そして人を見捨てない人間だ。
J四郎

J四郎の感想・評価

4.3
ケン・ローチ監督による格差、貧困をテーマに描くドラマ。
最初、ダニエル・クレイグのドキュメンタリー?とか思ってしまった。いや、そんなふざけた勘違いも吹っ飛ぶ重い内容。
これはある意味イギリス社会のドキュメンタリーに近い。

主人公ダニエルさんは近所にも居そうな曲がった事が大嫌いな頑固オヤジ。
この人のつけるクレームは口は悪いがユーモアもあり、筋が通ってるので見ていて痛快だ。
メインで出て来るのは貧困層の人間ばかり。あまりの悲惨な境遇、制度の酷さ。日本の社会保障も問題はあれどまだマシだと思える。

劇中で繰り返し描かれるのは役所の(手続き優先の)非効率なシステム。本当にこんな感じかどうか俺には分からんが、ロボットを置いといても同じちゃうん?ってくらい融通が利かない。日本の役所も一昔前まで似たようなもんだったがな。
人の良い職員もいるが、システムには逆らえない。根が良くて正直な人たちほどホームレスになるって言葉が重い。

彼らはイヤというほど制度の茶番に振り回され、人間の尊厳すら踏みにじられる。それでも生きるため戦う。ダニエルがケイティにかけた励ましの言葉は同じ境遇の人々への応援歌なんだろうな。
彼が終盤に取った行動、そして残した文章。それはダニエルという個人ではなく、一市民としての怒りの声に聞こえた。

現実の厳しさを描いた作品なので気軽には観れないです。
映画自体は静かな雰囲気だが強烈な怒りのこめられた作品。
>|