わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「わたしは、ダニエル・ブレイク」
原題「I, Daniel Blake」
2017/3/18公開 イギリス・フランス・ベルギー作品 2017-145

イギリスを代表するケン・ローチ監督が引退を回避してまで、世の中に伝えたい物語として制作された作品です。現在のイギリス、そして世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々とそれに対する国の対策の矛盾を見事にえぐり出しています。
貧困にあえぎながら今日を懸命に生きようとする人たち、どんな困難にあっても尊厳を失わずそばにいる人達を思いやる、そんな生き様に感動です。

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で、「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる。

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
ダニエルブレイク。
彼は心臓発作で仕事が出来ず、国に支援手当を申請していた。しかし、彼は就労可能と政府専門の医療専門者に判定され、手当を貰えずにいた。医者から働かないようにと診断されているにも関わらず。
電話で問い合わせても、通知書が来る前に電話があるはずだと一点張り。通知書は既に手元にあり、それが不服だと伝えているにも関わらず。
ダニエルが手当をもらう方法は他に2つあると言われた。それは支援手当の再不服申立と就労手当。不服申立をした場合、審査と回答にまた時間ぎかかる為、次にダニエルは仕方なく就労手当を申請。
しかし、就労手当もまずはインターネットからの予約が必要だと言われ、門前払い。インターネットを使ったことがなく、大工一筋40年のダニエルにはとてと、難しいことであった。
同じように門前払いを食らっていたのはケイティという女性と2人の子供。彼女はロンドンから出てきたシングルマザーであった。
初めての土地で役所までの道に迷ってしまった為、時間に遅れたということで手当が貰えなかった。彼女と知り合ったダニエルは彼女を色々手助けしたり家の大工仕事を手伝ったり、子供の世話をしたりしていた。
また、ダニエルは手当の申請をする為、パソコンの入力方法を学んだりしていた。就労手当をもらう為には就職活動をしているという証拠が必要であり、場所をメモしていたが、証拠にならないと却下。
そう無駄に日にちが進んでいく度にお金が無くなっていった。結局最後は周りの家具をほとんど売ってしまった。
一方ケイティもお金が無く貧乏であった。
ある日、生理用品が買えなく、どうしても必要であった為、一分万引きする。
バレてしまったが、店長は今回のみ特別に許してくれた。そのお店の警備員に名刺を渡され、困ったことがあれば、連絡を記載されていた。
その警備員はなんと、ホテル嬢の勧誘をしていた。それを知ったダニエルはケイティの勤務しているホテルに顔を出す。
しかし、ダニエルを説得しても拉致して態度はかわらず、ホテルの外出るケイティにもう会わないと拒否するされる。
ダニエルは悲しみのあまり、一人でなにもない一部の部屋で過ごす。
寒さに耐えて食べる物も無く、辛い生活をしていると、ケイティの娘が来ました。
娘はダニエルを助け、ケイティ付き添いの元、話をきちんと聞いてくれる場所を紹介してくれました。
ダニエルは政府の専門家に話を聞いてもらえる場所を紹介してもらった。打合せ直言したのに、話を聞いてもらえなかった。
その後、いったんトイレに行ったダニエルは心臓発作で辿れていた。そのまま帰らなく人となった。

【感想】
各種見積もりはありますが、優先度、低いものをしていきます

ヨーロッパって保証制度が詳しくわからないあと日本の福祉制度どまったく違って、めっちゃ大変そうであった。誰しも感謝されるようなことやりたく、大卒っていうのを
ダニエルブレイクが孤独死していく様が見ていて辛かった。またラストの心臓発作で死ぬシーンがグロいとかはいないだろ。
日本に産まれて良かったと思った。
善良な“1人の市民” の話
ボディーブローのように
前 助けてくれた?
じゃ 助けさせて
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

3.8
ほんとね、ルールとか規律とかって時に間違ってるから柔軟な対応ってできないんかね。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.2
泣いたー
スペインでビザとんのこんな気分だったな笑笑
全然比べ物にならないな、
次の時代では「俺は犬じゃない。人間だ。だから当たり前の権利を認めてくれ」的なの
「私は食べ物じゃない。犬だ。だから当たり前の権利を認めてくれ」になってほしい。
勝手に期待。
イギリスの労働者階級の人が見たら、
「いいね!」がめちゃめちゃ入るんだろうな。

医者からは働いてはダメと言われるが、
役所の診断は「就労可」。
給付金の申請も役所がなかなか対応してくれず、手続きも不慣れなオンライン化が進む。
(仕事で手続きのオンラインサービス作ることあるので、この映画でユーザビリティしっかりあげなきゃと考えさせられました…)
役所のせいで嘘の就活もしなければならず…。
行政への怒りが沸々と湧いてきます。

実際にこの映画の一番のシーンと言っていいところで、
冒頭に述べたことと近しいことがあるが、
この映画がダニエル・ブレイクとなり、
労働者階級の人々を一丸とさせる。
観ている観客もダニエルたちの不遇に共感し、その輪の中に自然と入る。
首相でもなく、この映画が、ダニエルが社会を一丸とさせていく。
(それが社会への怒りからということが悲しいことでもありますが…)

社会問題を身近に感じさせ、
映画の中だけでは終わらない仕掛け。
アカデミー賞受賞作「スポットライト」も同じ役割を果たしていた。
カッコいい。
skichi

skichiの感想・評価

4.3
いい映画だった。
日本もイギリスも役所のシステムは同じか。
どこもかしこもオンライン、
電波番号もネットで調べろって。
そんくらい教えてくれてもいいじゃん。
契約社会である欧米はそこんとこ、
日本よりもシビアなのかもしれん。

母親がたまらず缶詰めを開けてしまうところ切なくて泣きそう…。
「いい人で正直な人がホームレスになる」
何て言葉だ。
イギリスの豊かでない人達を描いた映画は過去にもたくさんあって
イギリス映画人気の原動力にもなったけど、
それらはまだちょっと明るさがあったかなぁ。
そこから抜け出す、みたいな。
でもこの映画は現在の現実をリアルに
痛いほど突きつけてくるようでとても辛い。
なんか、身につまされる現実。
えりみ

えりみの感想・評価

4.9
WOWOW録画。
英国映画好きです、ケン・ローチ監督も好き…ん?これまでに3本しかみてないわ😅全部4.2にしてるし。
本作はケン・ローチ監督が引退宣言を撤回して作り上げた映画とか。
「天使の分け前」的なのが良かったのだが「この自由な世界で…」寄りの作品で、その上涙無しにはみられないバッドエンド😭
バッドエンドを予感させるクライマックスがもう切なすぎて「あぁぁやめてくれぇぇ」と思いながらみるの辛過ぎる😫😭😭
出てくるのは主に3者
・40年間真面目に税金を払い大工として生きてきた59歳のやもめダニエル
・中国に友達がいる(ネット社会)顔の広いアフリカ系移民の隣人
・2010年~2016年キャメロン政権の超緊縮財政政策のひとつである「寝室税」(寝室に税金がかかるという事ではなく、低所得者向けの住宅手当削減を意味するらしい)のせいでロンドンから引っ越してきた子供2人を抱えるシングルマザーのケイティ

劇中で描かれる「お役所仕事」。
税金で賄われる公共福祉だからこそ厳格に運用されるべきで、公務員個人が融通をきかせてしまえば規則が形骸化してシステムが崩壊する。
杓子定規な対応や頑なに例外を認めないのは、公平性を保ち少ない人数で運営する為には仕方のない事で万人に優しいシステムはコストがかかる👛。
頭ではわかっちゃぁいるが…😧

寝室税も、余分な部屋がある住宅をもっと恵まれない家族に譲ってほしいというのが政府の言い分らしい🙄
申請方法が煩雑であっても何種類も給付金制度があることは元々イギリスが福祉国家であったことの名残りだと思う。
ウェブでしか申請が行えないのはこれも緊縮財政政策による公務員の人員削減とベースアップ据え置きの弊害であろう。
一族郎党生まれてこのかた一度も働いた事が無い!と豪語するイギリス人家族の不正受給問題を取り上げたTV番組を見た事がある📺
シロートの下らない問診に「うんこビチビチやねん💩」て答えときゃぁ医者の診断書が無くても支給資格取れるんやからホンマ「正直者が馬鹿を見る」世界。
「情けは人の為ならず」を間違った解釈してる人❗この映画で本来の意味を知って下さい😤
移民にこれ以上我々の税金を使うのは嫌だとユーロを離脱した英国の公務員が納税者を助けず、隣人の移民が彼を気遣う皮肉。
自分の身の回りの40〜50代の先輩にもPCが使えない人がいるし、マウスをClickするだけの作業でも「まさかこの仕事でパソコン使うとは思わなかった」と辞めていった人を見たこともある。
正直、私が20ソコソコの頃「死ぬ迄Macなんか使わへんわっ!」と新入社員研修で嘯いてたので身につまされる😰(あの時叱り飛ばしてくれた先輩方有難うございます🙏)

ケイティがフードバンクで缶詰を貪り食う姿はその切迫さと母の愛情に号泣😭😭😭
身体売ってでも子供を養おうとする女の覚悟を、わざわざ客として訪れて止めさせようとするダニエルのKYには閉口😑この辺は世代というかなんちゅうか、矜持で飯は食えないって思っちゃう現実派の私。
たかが金のことで人としての尊厳を傷つけられるくらいなら、犯罪行為で稼いだ方がマシやと思ってしまう😛
まあこれは極個人的な意見で、左派のケンローチ監督は「この映画の目的はアジテートである」と仰っているので、壁の落書きシーンがこの映画の全てである。
決して犯罪や不正、万引きの見逃し、貧困ビジネス、工場横流しを推奨しているわけではない。

参考記事:財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5159_1.php
うーーんんん。わかるよ。すごーくオープンエンディング。感動はしなかった。
>|