わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
デビュー作以来イギリスの貧困を問う社会派ヒューマンドラマ映画を作ってきたケン・ローチ監督が、人を救うはずの福祉が貧困層を追い詰める現実を問う骨太なメッセージを込めた傑作社会派ヒューマンドラマ映画。
ダニエル・ブレイクは、大工仕事中に心臓発作を起こし、会社の掛かり付け医に仕事を止められたために支援手当を申請するが、何故か就労可能と認定されてしまう。求職手当を受けるために、勤めることが出来ないのに面接を受け、求職手当を受けようとするけど、福祉職員から面接を受けた証拠を持ってくるように要求されるなど理不尽な扱いを受け、ダニエルは人としての尊厳をすり減らす。シングルマザーのケイティも、福祉の支援を受けられず、万引きしたりエスコートサービスに身を落としてしまう。
何故福祉の支援を受けるべきダニエルやケイティが、福祉の支援からこぼれ落ちてしまったのか? それは、保守党が緊縮財政政策を行い、福祉、教育、医療と庶民の生活を支えるべき行政サービスの財政支出を大幅に削減したからである。失業保険受給者や生活保護受給者を更正するという名目で、福祉職員は福祉の支援を受ける受給者を懲罰的な扱いをするようになった。
実際にフードバンクを取材したりした中で、ケン・ローチ監督が聞き取りした事実を元に、映画を作成した。
この映画が公開した年の1月には、呼吸困難など複数の症状を抱えた男性が、失業保険事務所のアセスメントで就労可能と判定され、失業保険事務所の約束取りの帰りに心臓発作で亡くなるという事件が起きている。
緊縮財政と行政手続きの効率化のために、福祉制度の隙間からこぼれ落ちてしまった人を救うために何をしなければならないのかを観る人に問う骨太な社会派ヒューマンドラマの面もありますけど、ルールにうるさく実直なダニエルがシングルマザーのケイティと助け合いながら必死で希望を探す人情ドラマの面もあります。
クライマックスでの「わたしは、ダニエル・ブレイク。人間であって犬ではない。当たり前な人間の権利を要求しているだけだ」というダニエルの言葉が、胸に残る映画です。
jnk

jnkの感想・評価

3.7
悪気なく尊厳を奪うシステムの中で生きてること、そんな中で生きてる実感を持てる瞬間を見せてくれる。
クソなことをクソだと表現することで人を動かすシーンはとても良かった。
あれは観客の行動力に訴えかける名シーンだと思う。
政治がマジ腐りきってる日本を含めてどこの国でも無関係な話じゃないからある程度共感を呼ぶキャラクターなのもわかるけど、この話なら他のケンローチ作品に出てくる頭おかしい主人公でもよかったような。
BGMは劇中2度だけ。ドキュメンタリーと映画の違いを考えさせられるほどに静かで、派手な展開もない。なのになぜこんなにも重いのか。基本的人権が蔑ろにされることの本当の構造を描いていると思う。ただの隣人愛とかではなく、人間らしく尊厳を持って生きるということを考えさせられる。
dodo

dodoの感想・評価

4.0
切ない。
真面目に生きて、税金も納めてこの扱い。
悲しくて何度も泣いたが、心通わせる人が、数人ダニエルにいたことは、大きな財産だとおもう。
申請者がいったい何人いて、制度によってその何割を多く、速く救えるようになったんだろーなーと視聴
悪い面だけを見れば限りがないし、1つの融通が他に悪影響を与えることも多々ある
パソコンの下りは情報弱者が煽りをくらうのを改めて感じた

限られたお金だって税金が元手だしなぁ
官庁だって「助かりたい」を「助けたい」のだから双方想いを踏みにじり合ってるようにしか見えなくて複雑
映画の描写では、官庁側は助ける気なんて更々無いと描写されてるけど
助けたいと思うからそうゆう職場を選ぶものだし、描き方に悪意がありすぎて私にとっては微妙に感じた
けれど、ダニエルのような補助が受けられない人にとってはそのくらいに冷たく見えるんだろうなぁ

生活に困ってる人や家族を助けたい!という志のもと公務に行った先輩や友だちがたくさんいるので、私は官庁側も一生懸命やっていると信じたい
それでも、ひとりひとりを救うのはむずかしく、時に矛盾も生じる

あとイギリスってボランティア配給あるんだなーと素朴に思った
kenseeei

kenseeeiの感想・評価

3.8
I don't tug the forelock,but look my neighbor in the eye and help him if i can.
Yutaka

Yutakaの感想・評価

4.4
途中イライラして見るのやめようかと思うくらいのお役所の対応、国の制度😡😡😡
これ日本にも通じるよなぁ…。なんでも手続き!手順を踏まないとできない、応用がきかなくて本当に支援が必要な人が支援を受けられずにいる現状…。

見たら悲しくはなるけど。私も人間らしく生きたいなぁ。と思う映画でした。
なんとも言えん気分になる作品

ムカついて途中で観るのやめようかと思ったくらい
こんな感情にさせる監督はすごい!さすがパルムドール

この映画がきっかけでいい社会になったらいいなー
waruneco

warunecoの感想・評価

3.5
社会問題をしっかり見せてくれる。
基本的に音楽がないことが効果的で、空気感が伝わってくる。
こういうテーマだからこそ、ラストもよかった。
>|