わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
デビュー作以来イギリスの貧困を問う社会派ヒューマンドラマ映画を作ってきたケン・ローチ監督が、人を救うはずの福祉が貧困層を追い詰める現実を問う骨太なメッセージを込めた傑作社会派ヒューマンドラマ映画。
ダニエル・ブレイクは、大工仕事中に心臓発作を起こし、会社の掛かり付け医に仕事を止められたために支援手当を申請するが、何故か就労可能と認定されてしまう。求職手当を受けるために、勤めることが出来ないのに面接を受け、求職手当を受けようとするけど、福祉職員から面接を受けた証拠を持ってくるように要求されるなど理不尽な扱いを受け、ダニエルは人としての尊厳をすり減らす。シングルマザーのケイティも、福祉の支援を受けられず、万引きしたりエスコートサービスに身を落としてしまう。
何故福祉の支援を受けるべきダニエルやケイティが、福祉の支援からこぼれ落ちてしまったのか? それは、保守党が緊縮財政政策を行い、福祉、教育、医療と庶民の生活を支えるべき行政サービスの財政支出を大幅に削減したからである。失業保険受給者や生活保護受給者を更正するという名目で、福祉職員は福祉の支援を受ける受給者を懲罰的な扱いをするようになった。
実際にフードバンクを取材したりした中で、ケン・ローチ監督が聞き取りした事実を元に、映画を作成した。
この映画が公開した年の1月には、呼吸困難など複数の症状を抱えた男性が、失業保険事務所のアセスメントで就労可能と判定され、失業保険事務所の約束取りの帰りに心臓発作で亡くなるという事件が起きている。
緊縮財政と行政手続きの効率化のために、福祉制度の隙間からこぼれ落ちてしまった人を救うために何をしなければならないのかを観る人に問う骨太な社会派ヒューマンドラマの面もありますけど、ルールにうるさく実直なダニエルがシングルマザーのケイティと助け合いながら必死で希望を探す人情ドラマの面もあります。
クライマックスでの「わたしは、ダニエル・ブレイク。人間であって犬ではない。当たり前な人間の権利を要求しているだけだ」というダニエルの言葉が、胸に残る映画です。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.6
黒澤明の"生きる"を思い出した
悲しい現実、、、 重かった
Soh

Sohの感想・評価

3.0
悲しいけど公務員叩いても仕方ないよ
ok

okの感想・評価

-
2018/01/20
koya

koyaの感想・評価

5.0
単なる勧善懲悪の世界など現実にはない・・・
そんな厳しい現実をつきつけてみせる。
世の中にはこういう厳格な重みのある映画は必要だと思います。

階級社会であるイギリスでは、労働者階級だともう一生、労働者階級でしょう。
主人公のダニエル・ブレイクは59歳という年齢と心臓の病気・・・働けないけれど社会の制度で給付金も受けられない。
こっちでは働くな、と言われ、こっちでは就労可能な人だから給付金は出せない・・・型にはまったお役所仕事になんでもオンラインの現代。

40年間大工だったダニエル・ブレイクは、労働者階級かもしれないけれど、人間の尊厳は決して失っていない、この映画はそれだけを描いていると言ってもいいかもしれません。

ケン・ローチ監督を初めて観たのは『ケス』で、こんなに観客に媚びない映画撮るんだ、とびっくりしたのですが、その厳格さは何を描いてもその瞳の奥にあるような気がします。

綺麗ごとなんて描かない。
しかし、ケン・ローチ監督が描く人間の尊厳は美しい。
この映画は娯楽映画ではないから、退屈と感じる人がいるかもしれない。
ケン・ローチ監督は、観客や若い人、子供に媚びないからわからない映画と言われても動じない不動の人。

やはり巨匠と言われる映画監督は不動の人です。
ものすごく疲れる事だし、損な事もあるかもしれない、でも、それでも動じない姿勢は見習いたい、と思う。
またひとつ世界の現実現状を知った。

最後の手紙はグッときました。

私はダニエルブレイク。
素晴らしい人間でした!!!
あつ

あつの感想・評価

3.8
これが現実なんだ。ずっと、ほんわかした映画だと思い込んで観てたから、いつ復活するのか、幸せが来るのかと待っていたけど、途中からリアルなんだと、気づいてからは、辛かった。
貧乏だった子どもの頃を思い出す。親は大変だったろうな。でも、誰かが助けてくれてた。
最後の手紙にグッときました。
Saki

Sakiの感想・評価

4.2
社会システムのどうしようも無さがBGMの無い淡々とした映像で描かれていたのが良かった、市井の人たちの生活が主題なのでテンションが良い意味で低くて切実
>|