わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
デビュー作以来イギリスの貧困を問う社会派ヒューマンドラマ映画を作ってきたケン・ローチ監督が、人を救うはずの福祉が貧困層を追い詰める現実を問う骨太なメッセージを込めた傑作社会派ヒューマンドラマ映画。
ダニエル・ブレイクは、大工仕事中に心臓発作を起こし、会社の掛かり付け医に仕事を止められたために支援手当を申請するが、何故か就労可能と認定されてしまう。求職手当を受けるために、勤めることが出来ないのに面接を受け、求職手当を受けようとするけど、福祉職員から面接を受けた証拠を持ってくるように要求されるなど理不尽な扱いを受け、ダニエルは人としての尊厳をすり減らす。シングルマザーのケイティも、福祉の支援を受けられず、万引きしたりエスコートサービスに身を落としてしまう。
何故福祉の支援を受けるべきダニエルやケイティが、福祉の支援からこぼれ落ちてしまったのか? それは、保守党が緊縮財政政策を行い、福祉、教育、医療と庶民の生活を支えるべき行政サービスの財政支出を大幅に削減したからである。失業保険受給者や生活保護受給者を更正するという名目で、福祉職員は福祉の支援を受ける受給者を懲罰的な扱いをするようになった。
実際にフードバンクを取材したりした中で、ケン・ローチ監督が聞き取りした事実を元に、映画を作成した。
この映画が公開した年の1月には、呼吸困難など複数の症状を抱えた男性が、失業保険事務所のアセスメントで就労可能と判定され、失業保険事務所の約束取りの帰りに心臓発作で亡くなるという事件が起きている。
緊縮財政と行政手続きの効率化のために、福祉制度の隙間からこぼれ落ちてしまった人を救うために何をしなければならないのかを観る人に問う骨太な社会派ヒューマンドラマの面もありますけど、ルールにうるさく実直なダニエルがシングルマザーのケイティと助け合いながら必死で希望を探す人情ドラマの面もあります。
クライマックスでの「わたしは、ダニエル・ブレイク。人間であって犬ではない。当たり前な人間の権利を要求しているだけだ」というダニエルの言葉が、胸に残る映画です。
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

3.8
最後の言葉が、この映画のメッセージを訴えている。
人の人生をサポートすべき立場の役所よりも、身近な人々の方が温かみを感じる演出がリアルだった。
birdy

birdyの感想・評価

3.7
「アメリカンハッスル」に続いて観たのでギャップがすごかった
ひとつひとつがとてもリアルで切ないです
お役所仕事の対応はエラーを繰り返し表示するパソコンみたいで絶望的です
自分の仕事ぶりはどうなんだと反省させられたり、しょうがないとこもあるよなと言い訳してみたくなったり複雑です
ここには判りやすい善人も悪人もでてこない
隣にいるフツーの人ばかりだ
痛いほどわかるこの怒りみたいなものは何処にぶつけたらいいんだろう
ネットは世界を変えたけどツールでしかない
人間の抱えるリアルな複雑なまさに今の悩みをツボを狙って投げつけてきます
痛かったです
civa4848

civa4848の感想・評価

4.0
2018年58号
eriok

eriokの感想・評価

3.1
社会派ヒューマンドラマ。格差社会となった日本も例外ではない。ドキュメンタリーなら現実を知りたいが、フィクションの映画では、人物が美化されるのでちょっとしんどい。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.9
悔しさと悲しさでいっぱいだった。でも本当にこれが社会の実情なんだろう。ただ、冷たい組織や人たちもいる分、何気ない日常の人の温かみに気づかされるシーンも多かった。

I, Daniel Blake. わたしは、ダニエル・ブレイク。私は私だ。私は人間であり、犬ではない。私は市民であり、それ以上でもそれ以下でもない…
yoko

yokoの感想・評価

4.0
ダニエル、強い。最後まで尊厳を持って生き抜く姿がかっこいい。
そして弱いものが救われない制度、手を差し伸べようとした人も救われない。ダニエルとケイティが戦う姿が痛々しくて、報われないのが辛くて泣ける。
なお

なおの感想・評価

4.2
最後のシーンがとても印象的だった
>|