わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
デビュー作以来イギリスの貧困を問う社会派ヒューマンドラマ映画を作ってきたケン・ローチ監督が、人を救うはずの福祉が貧困層を追い詰める現実を問う骨太なメッセージを込めた傑作社会派ヒューマンドラマ映画。
ダニエル・ブレイクは、大工仕事中に心臓発作を起こし、会社の掛かり付け医に仕事を止められたために支援手当を申請するが、何故か就労可能と認定されてしまう。求職手当を受けるために、勤めることが出来ないのに面接を受け、求職手当を受けようとするけど、福祉職員から面接を受けた証拠を持ってくるように要求されるなど理不尽な扱いを受け、ダニエルは人としての尊厳をすり減らす。シングルマザーのケイティも、福祉の支援を受けられず、万引きしたりエスコートサービスに身を落としてしまう。
何故福祉の支援を受けるべきダニエルやケイティが、福祉の支援からこぼれ落ちてしまったのか? それは、保守党が緊縮財政政策を行い、福祉、教育、医療と庶民の生活を支えるべき行政サービスの財政支出を大幅に削減したからである。失業保険受給者や生活保護受給者を更正するという名目で、福祉職員は福祉の支援を受ける受給者を懲罰的な扱いをするようになった。
実際にフードバンクを取材したりした中で、ケン・ローチ監督が聞き取りした事実を元に、映画を作成した。
この映画が公開した年の1月には、呼吸困難など複数の症状を抱えた男性が、失業保険事務所のアセスメントで就労可能と判定され、失業保険事務所の約束取りの帰りに心臓発作で亡くなるという事件が起きている。
緊縮財政と行政手続きの効率化のために、福祉制度の隙間からこぼれ落ちてしまった人を救うために何をしなければならないのかを観る人に問う骨太な社会派ヒューマンドラマの面もありますけど、ルールにうるさく実直なダニエルがシングルマザーのケイティと助け合いながら必死で希望を探す人情ドラマの面もあります。
クライマックスでの「わたしは、ダニエル・ブレイク。人間であって犬ではない。当たり前な人間の権利を要求しているだけだ」というダニエルの言葉が、胸に残る映画です。
みんと

みんとの感想・評価

3.9
切実で身につまされる物語だった。

国家の中にあって庶民とはなんと無力なものなのか思い知らされる。これは決してよその国の話ではない。

型にハマった政策もシステムにもなんの意味もない!二人として同じ境遇の人なんていないのだから…。

全ての人に尊厳がある。

日本で言う「お役所仕事」
全てがお役所仕事の世の中では決して思いやりの気持ちなんて生まれはしない。

勿論線引きは必要だし、なし崩しの規則では収拾不可能になる。
けれどもっと、どこか、何かが、どうにかならないものかと考え、堂々巡りの自分がいた。

この映画が沢山の人の目に触れ、こうしてそれぞれが考える事。きっとそれこそが第一歩なんだと思う。
Masa

Masaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

【第69回パルムドール受賞作】

原題: I, Daniel Blake
直訳: 私は、ダニエル・ブレイク

ー 人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。

※注意。ネタバレ中のネタバレです。
なかなかカチッとハマれなかったパルムドール受賞作。今作は本当に観てよかった。


最後の手紙に全てが詰まっていた。





『私は依頼人でも、顧客でも、ユーザでもない。
怠け者でも、たかり屋でも、
物乞いでも、泥棒でもない。
国民保険番号でもなく、エラー音でもない。
きちんと税金を払ってきた。
それを誇りに思ってる。
地位の高いものには媚びないが、
隣人には手を貸す。
施しはいらない。
私はダニエル・ブレイク。
人間だ。
犬ではない。
当たり前の権利を要求する。
敬意ある対応というものを。』
ibyt

ibytの感想・評価

4.4
市井の人々を見事に描いた素晴らしい映画。
人と人が助け合うことは素晴らしい
まだまだこの世の中捨てたものじゃない

だけど、それにも限界がある

だからこそ頼らなければならない最後の受け皿が存在する


最後でどん底でそれより下はないかもしれないけれど、人として生きているのだ
アノン

アノンの感想・評価

4.6
途中から気付いたらずっと泣いてた。
それはおそらく、ダニエルが隣人に愛されるとても素敵な人物だったから。
それはおそらく、ケイティが心から我が子を愛する素敵な母親だったから。

人生は辛く険しい。ということをリアルに描いてる。でもそこには愛がある。

政府が嫌い、融通が利かない、デジタル音痴な主人公のダニエル・ブレイク。
最初は、誰からも嫌われる頑固なじいさんなのかと思ってたけど全く違った。
仲間や隣人にはとても愛される人物。
「いつでも頼ってくれ。本当に。」と、ダニエルに声をかける男性の言葉でその事がよく分かる。

シングルマザーのケイティもとても立派な母親。
若いのに子供たちのことを1番に想い、身をすり減らしながら必死に頑張っていた。
缶詰のシーンは涙が止まらなかった。

ラストの手紙はダニエルそのもの。
隣人には手を差し伸べる。助け合って生きていく。
彼との出会いでケイティは救われただろう。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」
とても真っ直ぐなこの題名、この作品にピッタリだと思う。
この世の中の貧困や、格差、頭の硬いお役所のマニュアル仕事、今の日本にも当てはまる事ばかり。

最後は、涙なしには、観れませんでした。優しい、優しい、そして一本スジの通った生き方をした、ダニエルは素晴らしい!
あいか

あいかの感想・評価

4.3
最後で泣いてしまった
心にずっしりとくる
社会と映画の正しい距離
Russ

Russの感想・評価

3.5
心にずっしりくる
>|