わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
デビュー作以来イギリスの貧困を問う社会派ヒューマンドラマ映画を作ってきたケン・ローチ監督が、人を救うはずの福祉が貧困層を追い詰める現実を問う骨太なメッセージを込めた傑作社会派ヒューマンドラマ映画。
ダニエル・ブレイクは、大工仕事中に心臓発作を起こし、会社の掛かり付け医に仕事を止められたために支援手当を申請するが、何故か就労可能と認定されてしまう。求職手当を受けるために、勤めることが出来ないのに面接を受け、求職手当を受けようとするけど、福祉職員から面接を受けた証拠を持ってくるように要求されるなど理不尽な扱いを受け、ダニエルは人としての尊厳をすり減らす。シングルマザーのケイティも、福祉の支援を受けられず、万引きしたりエスコートサービスに身を落としてしまう。
何故福祉の支援を受けるべきダニエルやケイティが、福祉の支援からこぼれ落ちてしまったのか? それは、保守党が緊縮財政政策を行い、福祉、教育、医療と庶民の生活を支えるべき行政サービスの財政支出を大幅に削減したからである。失業保険受給者や生活保護受給者を更正するという名目で、福祉職員は福祉の支援を受ける受給者を懲罰的な扱いをするようになった。
実際にフードバンクを取材したりした中で、ケン・ローチ監督が聞き取りした事実を元に、映画を作成した。
この映画が公開した年の1月には、呼吸困難など複数の症状を抱えた男性が、失業保険事務所のアセスメントで就労可能と判定され、失業保険事務所の約束取りの帰りに心臓発作で亡くなるという事件が起きている。
緊縮財政と行政手続きの効率化のために、福祉制度の隙間からこぼれ落ちてしまった人を救うために何をしなければならないのかを観る人に問う骨太な社会派ヒューマンドラマの面もありますけど、ルールにうるさく実直なダニエルがシングルマザーのケイティと助け合いながら必死で希望を探す人情ドラマの面もあります。
クライマックスでの「わたしは、ダニエル・ブレイク。人間であって犬ではない。当たり前な人間の権利を要求しているだけだ」というダニエルの言葉が、胸に残る映画です。
ミニシアターでやっていて、観ようか悩んだが、観ずにDVDにて鑑賞📺❇️

~あらすじ~
59歳の大工のダニエルは、心臓病を患い、医師から仕事を止められる。
国の援助を受けようとするが、手続きが複雑で、必要な援助を受けることが出来ない。
そんな中、シングルマザーのケイティ家族と知り合い、助け合い絆を深めていく。

お役所で融通が効かない役所の仕事ぶりに見ていて、イライラした。
パソコンが使えない人には、不便なことだらけ。

評価が高かったので、ちょっと期待しすぎてしまった感じは、正直ある。
日常的なストーリーなので、映画館で観なくてDVDで良かったな、と思った。
出来ればハッピーエンドで終わらせて欲しかった。
その分、ちょっと低いスコアになってしまった。
TSUTAYAにてレンタル

役所の人って書類に従い、融通がきかない!
人権ももはや関係ない、決まり決まったセリフを繰り返す。正当な理論で全てを片付けてしまう。

どんなにいい人でもそれは通用しない、その生活が厳しくあっても…

ひとりの男性は、役場に相談を持ちかけた妻子が受けている形式決まったセリフや書類、対応に見かねて今立ち上がった!
いや~すばらしい!

ひとりひとりが団結し人権や待遇を個々に考えてもらえ、より良い生活ができるよう変えて欲しかった…。

虚しさと悔しい気持ちだ…。

ため息ひとつ…そんな1本でした。

しかし引っ越しや出産で名前や住所の記入を人生最大の数書かされましたね~かるいうつ病なるっすよ…これだけネットが普及してるのに…嫌な事を思い出してしまった~やんか!!
ゆき

ゆきの感想・評価

4.1
怒りと諦めの先にあるもの。

心臓を患い働けなくなったダニエル・ブレイク。国の援助を受けるにも制度の壁は高い。同じく制度の穴にはまったシングルマザーを助けたことから生まれた交流により厳しい現実と向かい合う中で絆が育まれていく。

組織の中でルールに縛られる役所の人たちに不満をぶつけるのは違う。無力感に苛まれた感情を何にぶつけたらいいのだろうか。自分のことのようにただただもやっとする。この作品のメッセージをすっと受け取れたからこその感覚なのかもしれない。

とても静かな100分。きっちり「人間」を描く100分。
ひとりの市民としての権利と尊厳を追い、希望の光を導き出す苦悩を目の当たりにする一作。
金銭的な「貧しさ」を知ることなく過ごす人が観たときにどう感じるんだろうか。
BABY

BABYの感想・評価

3.9
”あんたらは仕事をしていない”

ダニエルブレイクが役所の職員に放った言葉だ。この映画に映し出されるのは、先進国イギリスの中で、辛い生活を強いられている人々だ。作業の効率化が強く求められて、あらゆる作業がシステマティックになった現代において、'となりの人'を助けるという感覚は人々の中から欠如しつつある。役所の人間は、上からの指示にただ従い、苦しむ人々の実情には目を向けない。ただ指示を苦しむ彼らに出すだけだ。ダニエルブレイクはそんな冷たい役人たちに異を唱える。一人一人、事情のことなった人間にそんな一辺倒の指示を出してどうなるのか。無駄な電話をして、無駄なセミナーに参加し、無駄な求職活動をする。誰が幸せになれる?最期にダニエルの口から直接語られなかった申し立てが心で何度も響く。

”尊厳を失ったらおしまいだ。”
なんで心優しい人が損をするのか
生きづらい世の中

この世の中には困っている人が沢山居て、その人を助ける事はとても良いことだけど、同時にそれを不公平だと言う人も沢山いる。偏見とルールに縛られ過ぎる世の中はとても息苦しくて窮屈だと思う。
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

5.0
涙がとまりませんでした。
国の複雑な制度のために、心臓病で働けないのに援助が受けられない大工と、貧困の中2人の子どもを育てるシングルマザーがお互いを助け合う中で直面する現実を描きます。
自分は人のために何ができるのだろうということと、1人の人間ができることの限界を知らされます。
また、人間の尊厳とはなんなのかを強く考えさせられる作品。
こうしてレビューを書く文章を考えるだけで目が潤んでしまいます。
R

Rの感想・評価

3.7
日本版ケン・ローチがいたらみたいものです
マソ

マソの感想・評価

-
明るい映画だと思ってみたら激凹みした
>|